見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
写真コミュニティフォトパスTOP > 昆虫の写真投稿ページ >

昆虫写真ブログ 熱帯の森

熱帯の森


Vol.12 命をつなぐということ

2010年03月26日 11:00

自然は私達に色々なことを教えてくれています。

森の中を歩いていると大きな木の上で、ひな鳥の声がするので、見上げると親鳥が子鳥に口移しで餌を与えていました。親は子を育てるために一生懸命餌を穫ってくるのでしょう。


メラネルペス・プチェラニ(キツツキの仲間)
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

蝶を補食するズグロミツドリのオス
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

葉の上で翅を休めている一匹の蝶を見つけました。その時何か気配を感じたのでふと振り向くと、蝶をじっと狙っている鳥がいました。その視線を感じたと思った瞬間にそのくちばしに蝶をくわえてしまいました。

これが生き物達の宿命なのです。生き物は避けることの出来ない生と死というつながりによって、次の命へとつながっていきます。



体を持ち上げて前進するシャクトリムシ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

落葉の中から芽生える若木
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

森は日ごとに変化していきます。鳥が運んできた小さな種が土の上に落とされ、そこから新しい命が芽吹き、育った植物たちの葉や実を、昆虫や小動物や鳥たちが食べます。落ち葉や枯れ枝などは土の中の微生物によって分解され、再び植物の養分として土に戻っていきます。それぞれの役割を果たしながら共存して生きています。

人間も地球の生態系の一生命なのです。広い宇宙の中でたったひとつの地球。そこには、多種多様な生命が絶妙なバランスで互いの命をつないでいる世界が広がっているのです。


木にぶら下がっているミツユビナマケモノ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


求愛中のアナルティア・ファティマ。左がメス。右が口説こうとするオス。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

朽木に生えるキノコ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

夜が明け、陽射しが森の木々を照らし始めました。
また森の新しい一日が始まろうとしています。



Vol.11 幻の鳥ケツァール

2010年03月19日 11:00


旅の最終日にモンテベルデ近くの熱帯雲霧林自然保護区を訪れました。

なんとそこで、この季節にはこの森にいないはずの熱帯でもっとも美しいといわれる鳥ケツァールに出会うことができたのです。


コナラの木だろうか、この森にもう何年生きているのだろうか?
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

地上から20mぐらい離れている木の高いところの葉の茂みの向こうにかろうじて見えました。
そこで望遠レンズにテレコンバータをつけ、ファインダーを覗くと鮮やかな胸の赤が目に入りました。

他の鳥と喋っているのでしょうか?しばらく鳴きながら首を振っていましたがすぐに別の木へと飛び去っていきました。

つかの間の美しい光景でした。

ケツァールが幻の鳥と呼ばれる所以は、密猟や森林の伐採や農地の開発などにより、数がかなり減少していることがあげられます。
生態系が崩れることによって、ほんとうに幻の鳥にならないようにしなければなりません。そのためコスタリカでは保護活動が熱心に行われています。


ハナナガコウモリ。川沿いの樹木の幹に並んで昼間休んでいる。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


カメムシ。熱帯を感じさせる色彩をしている。E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

宿舎への帰り道で、空を見上げると雲がひとつもない星空に月が出ていました。暗闇の中から虫たちの声が聞こえてきました。

もうすっかり暗くなった森も月明かりに照らされて、樹々の姿がうっすらとシルエットに浮かび上がっていました。

次回は、大切な命についての話です。



ノギハラバシリスク。短距離であれば水面を走ることができる。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

ヘリコニアの花の蜜を吸うセセリチョウ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD



Vol.06 Hummingbird=ハチドリ

2010年02月12日 11:00


アレナル火山。活火山で頻繁に小規模な噴火が起こっている。E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
動物たちにはそれぞれの活動の時間があります。
多くの鳥たちは早起きです。
夜が明ける頃から鳥たちのさえずりが聞こえてきたのでその姿を見ようと外に出てみました。声は聞こえるけれど、どこにいるのかそう簡単に見つけられません。枝からさっと飛び立ったかと思うと、またすぐに梢の中に隠れたりします。

そこで目をつぶって音に集中してみました。鳥のリズミカルな鳴き声と飛んでいる時の羽音が聴こえてきました。
ゆっくりと目を開け、その方向を見ると花が咲いている木の茂みの中をせわしく飛び交う小さな鳥に気付きました。よく見るとハチドリです。

その動きはとてもすばしっこく、一瞬のうちに目の前に現れたり消えたりします。ファインダーを覗きながらでは追いかけられません。だからこの自分の眼で追いかけ、観察することにしました。


メガリンクス・ピタングア(タイランチョウ科)
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


枝に止まり休憩中のアオボウシモリハチドリ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

エメラルドハチドリの雌。尾羽を広げて日光浴?
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

ソウロウベア・ギルギという着生植物(マルクグラウィアの仲間)
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ハチドリは枝に止まらず花のあるほうに向かって飛んで来ました。花びらと向き合って蜂のようにブーンブーンと羽音をたてながら、空中に静止しているではありませんか。羽ばたきのスピードはなんと一秒間に50回以上と言われています。

ハチドリがストローのようなくちばしから舌を出して花の蜜を吸いはじめたその瞬時に無心でシャッターを切り始めていました。


蜜を吸うハイバラエメラルドハチドリ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

次回は、コスタリカの食事の話です。