写真コミュニティフォトパスTOP > ナビゲーターズ写真ブログ > 斎藤 巧一郎の写真ブログ 料理をキレイに撮る18のレシピ

写真家 斎藤巧一郎の料理をキレイに撮る18のレシピ


3、フラッシュ無しで雰囲気を

2008年06月06日 11:00 テーマ [ ]

フラッシュの発光モードを[オート発光]に設定していると、暗い時には、カメラが自動でフラッシュを発光させて、ちゃんと撮れるようにしてくれますが、料理をアップで撮ろうとしている時に、近い距離でフラッシュが発光すると、フラッシュが強すぎて、雰囲気は台無し。

そんな時には、フラッシュを[発光禁止]にします。
発光禁止にしてぶれてしまう時には、ISO感度を400、800と大きい数値に上げて行きます。
また、手振れ補正機能が付いているカメラの場合には、それを使うとよいでしょう。
せっかくのその場の雰囲気は伝えられると良いし、強すぎるフラッシュで明るすぎると立体感が伝わらないので、フラッシュ無しで雰囲気を伝えましょう。

■作例

「フラッシュ有り」 


「フラッシュ無し」

  

「フラッシュ有り」
「フラッシュ無し」


■今週の「食」レポート

080606e.jpg
長崎でちゃんぽんを食べて来ました。みんな食べるより写真が先で。
μ1030SWのパノラマ機能で、円卓のみんなが撮れました。
料理を撮る最適なコンパクトカメラは?

コメント(2)

Photo Festa の講座(名古屋)、とっても勉強になりました。
話がウマイ!(もちろん写真も)
「どこかで時間をつぶす」はずの妻も最後まで聞き入っていました(笑)

>イトイトさま
フォトフェスタご来場ありがとうございました。
奥様もありがとうございます。誰でも食事はしますし、どこにでも
写真の題材はありますよってなお話で。  さいとう

コメント投稿受付は終了いたしました
ページトップへ戻る