写真コミュニティフォトパスTOP > ナビゲーターズ写真ブログ > 斎藤 巧一郎の写真ブログ 料理をキレイに撮る18のレシピ

写真家 斎藤巧一郎の料理をキレイに撮る18のレシピ


10、冷たくキレイに撮ろう!

2008年07月25日 11:00 テーマ [ ]

今回は冷たさを表現してみましょう。
写真で温度を伝えることは、とても難しいものです。

冷たい飲み物を撮影するときは、すぐに写真を撮らずに少し待つことが大切です。
冷たい水や氷をコップに入れてしばらく待つと、コップのまわりに滴が付いてきます。

「少し待って撮影」
「滴が付くまで待って撮影」

滴が付くことにより、一層冷たそうな感じを演出することができます。

ビールもグラスに注いでから、少し待って撮影しましょう。
そして撮る直前に、少しビールを注いで泡を足しふんわり感を出すと、よりおいしそうに見えます。

「注いだ直後」
「少し待って撮影」

素麺も、つゆ鉢に滴が付いて、冷たそうですね。


「素麺のつゆ鉢」

コップやビンに、霧吹きで水をかけても冷たい感じが出ます。
その際に注意することは、コップに水が入っているところだけ、霧を吹きかけることです。
コップに水が触れていない部分に滴が付いていたら、不自然に見えてしまうからです。


さらに、カメラのWB(ホワイトバランス)を変えて撮影してみましょう。
ホワイトバランスの話は、ブログの一回目にしていますので、参考にして下さい。
ホワイトバランスを「電球」や「蛍光灯2」に設定します。

「WB オート」
「WB 電球」
 
「WB オート」
「WB 蛍光灯2」

ホワイトバランスを「電球」に設定すると、かなり青みがかった写真になります。
「蛍光灯2」に設定すると、少しだけ青みがかった写真になります。
「電球」に設定し、青すぎると思った時には、「蛍光灯2」で撮るとちょうど良い青さになります。
青みがかった写真は、涼しげで冷たさが増して見えますね。

このように、冷たさを写真に表現するには、ちょっとした演出を加えます。
見ている人がそそられるような撮り方、これがシズル感などと言われたりする雰囲気を伝える撮り方です。

どうぞ、お試し下さい。
料理を撮る最適なコンパクトカメラは?


■今週の「食」レポート

愛知県豊浜の鯛祭りに行きました。
大漁を願い、15メートルもある鯛が海を街を練り歩きます。
鯛が可愛いんですよ。
ということで、鯛のお刺身をいただいてまいりました。

080725l.jpg


コメント(0)

コメント投稿受付は終了いたしました
ページトップへ戻る