写真コミュニティフォトパスTOP > ナビゲーターズ写真ブログ > 斎藤 巧一郎の写真ブログ 料理をキレイに撮る18のレシピ

写真家 斎藤巧一郎の料理をキレイに撮る18のレシピ


14、ライティングでキレイに撮ろう!(2)

2008年08月29日 11:00 テーマ [ ]

今回も、ライトを使ってキレイに写真を撮る方法を紹介します。
みなさんは、夏のギフトカタログなどで、飲みものやゼリーなどを、透かして撮っている写真を見たことはありませんか?

こんな感じの写真です。

このように透明感がありフワ〜っと見える撮影方法は、撮影前のセッティングにマル秘テクニックがあります。
今回の作例では、小さなテーブルをひっくりかえし、その脚に乳白色のアクリルの板をのせて、被写体を置き、下からライトで照らしています。

アクリル板がない時は、額縁から外したガラスや、小さな窓を外して、その上にトレーシングペーパーを敷いても、同じ効果が得られます。
ライトは、前回のライトの使い方と同じ「逆光」で設置し、さらにレフ板を使い、手前にできる被写体の影を消すことがポイントです。


キレイなグラスなら、より美しく写りますね。
ゼリーのコマーシャルによくあるような写真も、同じような方法で撮影されています。

ビー玉、おはじきなどのガラス製品もキレイに写ります。
ガラスの器に盛られたソーメンなんて、いい感じに撮れそうですね。
さわやかな明るい写真が撮れるので、ぜひ試してみてください。

料理を撮る最適なコンパクトカメラは?


■今週の「食」レポート

梅干し好きなんです。
今回は写真に撮るので、一粒150円もする梅干し(写真左)を買ってみました。

「南高梅」
デパートで購入。大きくて上品でした。
右は世田谷の農家からいただいたもの、左は母の漬けたもの。
やっぱり昔ながらの、しょっぱくって酸っぱいのがいいです。


ごはんにのせていただきました。
またもや逆光ですね。湯気も写っているのがわかりますか?

コメント(0)

コメント投稿受付は終了いたしました
ページトップへ戻る