写真コミュニティフォトパスTOP > ナビゲーターズ写真ブログ > 斎藤 巧一郎の写真ブログ 料理をキレイに撮る18のレシピ

写真家 斎藤巧一郎の料理をキレイに撮る18のレシピ


15、ちょっとした裏技でキレイに

2008年09月05日 11:00 テーマ [ ]

光をうまく使って料理をキレイに撮る方法を2回にわたってご紹介しました。
今回は、このブログで写真撮影に使用している、μ1030SWの機能を使った裏技をご紹介します。
μ1030SWには、「ワンタッチライト機能」と呼ばれるLEDのライトが点灯する機能があります。
ワンタッチライトは、MENU内にある「設定」のワンタッチライトの項目を[ON]に設定している時に、DISPボタンを長押しすると点灯します。


「ワンタッチライト機能」


この「ワンタッチライト機能」は、フラッシュほど強い光ではありませんが、逆光でできた被写体の陰を明るくするとき、効果を発揮します。

「ライト無し」
「フラッシュ有り」
フラッシュの強い光だと不自然な感じがする。


「ワンタッチライト有り」
レフ板を当てるくらいの補助的な明るさになる。


フラッシュも、ちょっとした裏技で、自然な光として撮影に利用することができます。

「フラッシュ無し」
「フラッシュ有り」

撮影方法は、まず、フラッシュを強制発光にします。
そのままでは光が強すぎるので、トレーシングペーパーなどでフラッシュを覆って光を弱めます。
その際、トレーシングペーパーは、フラッシュの発光部から少し離しておくと、影がより柔らかくなります。
一眼レフカメラでは、短冊状に切ったトレーシングペーパーを、写真のように少し間をあけて付けるとよいでしょう。

「コンパクトカメラの場合」
「一眼レフカメラの場合」

光を味方につけると、おいしそうに撮れますよ。
料理を撮る最適なコンパクトカメラは?
080905l.jpg



■今週の「食」レポート

オリンパスの教室の帰りに名古屋に寄りました。
名古屋にもおいしいお料理がありますね。

「味噌煮込みうどん」
八丁味噌の濃い味でごはんに合うので定食で!
「天むす」
調子に乗ってついつい食べ過ぎます。


お食事がすんだら、名古屋なら喫茶店へ。


有名喫茶店の名物「シロノワール」

あったかいデニッシュにソフトクリームが乗っています。最初はびっくりしましたが、いまはこれを食べなくては!と。
今週末も名古屋に参ります。名古屋のみなさん宜しくお願いしま〜す。

コメント(0)

コメント投稿受付は終了いたしました
ページトップへ戻る