MENU

カメラアイコンPhoto Recipe(フォトレシピ)

人生にもっと写真を ~第二回/写真の選び方~

萩原 史郎

撮影・解説 : 写真家 萩原 史郎

2022年10月公開

カメラアイコン記事内で使用した
レンズをご紹介

第一回では、よりアクティブな姿勢で写真に取り組むことによって、人生をもっと豊かにしていくことをお勧めし、その最初の手がかりとしてテーマを持つことが大切であることをお伝えしました。

第二回では、テーマに則って撮影した写真をどのようにして選んでいくのか、選ぶ基準は何か、などについて話を進めていきます。第一回に目をお通しではない場合、ぜひご一読ののち、本稿をお読みいただくと、より内容が掴みやすくなると思います。

さて、写真コンテストに挑戦する、フォトブックを制作する、写真展に挑戦する、そのためにテーマを念頭において撮影を続けているとします。では「写真を選ぶ」というセレクトの作業は、どのタイミングで行えばよいのでしょうか。

私はセレクトには大きくわけて2つの段階があると思っています。1回目は粗選り、2回目はいわゆるセレクトです。粗選りとは、本格的なセレクトの前に行う大ざっぱに選び出す作業です。簡単により分けておいて、今現在、どの段階まで撮影できているかを確認したり、自分の表現にはどんなクセがあるのかなどを見極めて、テーマを達成するためには何が足りないのかを把握するための段階です。その作業を定期的に繰り返し、最終段階として目前に迫った目標のための厳密なセレクトを行う、そんな流れです。

これはあくまでも1つの考え方ですし、もっと言えば、ここでお話をしているのは、初めて目標を持って写真に取り組む方へ向けた内容なので、取り組みやすさも考慮しています。とは言え、しっかりした結果を出すためには必要な考え方でもあるので、真摯に向き合っていただければ、セレクトはできるようになります。

さて、2つの段階の1つ目をもう少し詳しくお話しします。1回目の粗選りですが、これはある程度撮影が進んだところで行えばよいと思います。撮影の度に毎回毎回行えれば、それはそれでよいかもしれませんが、ハードルが高くなってしまいかねません。毎回の作業に飽きてしまったり、ハードルの高さを感じてしまうことは避けたいものです。

例えば目標を1年後にフォトブックを制作する、と過程した場合の話としてみましょう。その場合、週末ごとに撮影をしたとしたら、粗選りはひと月に1回のペースでよいでしょう。風景写真の場合はひと月ごとに季節感が変化するので、それを区切りとするイメージです。

例を上げましょう。昨年撮影した裏磐梯檜原湖の朝景は、明け方から撮影を開始し、別の場所へ移動するまでに約170カットの撮影をしていますが、粗選りした結果、14カットへと絞り込みました。12カットにつき1カット程度の絞り込みですが、最初の段階ではこの程度でよいと思います。むしろ厳密にセレクトしないことをお勧めします。フォトブックの場合は、見開きを作るとき、相性のよい写真同士を並べることになりますが、その際に選択の範囲が広いほうが、作業がしやすいからです。

一部を表示

粗選りした画像だけを表示

「OM Workspace」で作業をしています。粗選りした画像には「カラーマーク」を使ってしるしを付け、わかりやすく表示をさせることにしています。「レーティング」機能を使うことも可能ですが、この段階ではあまり絞り込まなくてもよいと思います。その日その日の気持ちの変化によって順位付けも変わりますし、具体的な作業の前に絞り込んでしまうと、あとからの対応がしづらくなることもあります。ある程度の順位付けをしておくことは問題ありませんが、候補から削ってしまうことはやめておきましょう。

写真家萩原史郎がM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROで撮影した風湖と山の風景写真

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
24mm相当
Aモード F8.0 1/60秒 ISO 200 +1.0EV

写真家萩原史郎がM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROで撮影した風湖と山の風景写真2

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
34mm相当
Aモード F8.0 1/80秒 ISO 200 +1.3EV

この2枚は、かなり印象が似ているので、類似カットと考えて良いと思いますが、雲の色づき具合、画面左の森のあるなしなど異なる点も多々あります。どちらも気に入っているなら、この段階では残すという判断は正しいと思います。

それでは2回目のセレクトのことをお話しします。ここは写真を確定する段階ですから、それまでに全体の粗選りを終えておきます。

フォトコンテストを目指す

応募要項には応募できる枚数が記されているので、それに則って選びます。余裕があれば限度枚数を選びましょう。入選の確率が上がります。では、「この一枚」はどう選ぶのか?まずは自分が気に入っている写真がそれです。そうでない写真を選んで落選すると後悔しますから。次にコンテストの傾向や審査員の好みなどを研究し、それに相応しい写真を選びます。またコンテストの場合、仮に10枚を応募すると決めたとしたら、類似の写真は外すことも、無駄を省く意味で大事な選び方です。

仮に10枚の応募を考え、粗選りした作品の中から厳選した場合、このようなセレクトは避けましょう。枠で示した2枚の写真が類似しているため、必ずどちらか1枚は無駄になってしまうからです。他の写真と競合しないものを選ぶ、これがフォトコンテストへ応募する際の心得の1つです。

写真家萩原史郎がM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROで撮影した木のシルエットと暗雲に挟まれた太陽の風景写真

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
76mm相当
Aモード F8.0 1/20秒 ISO 200 -0.3EV

写真家萩原史郎がM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROで撮影した木のシルエットと暗雲に挟まれた太陽の風景写真2

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
46mm相当
Aモード F8.0 1/25秒 ISO 200 +0.3EV

では、この2枚ならどちらを選んだらよいでしょうか。とても迷う絵柄だと思いますが、私なら【左の写真】を選びます。その理由は左右の木のシルエットと暗雲に挟まれた太陽の存在感が強いことです。太陽の輪郭も見て取れるため、ひと目で太陽の強さが感じられます。一方の【右の写真】は全体の風景としては、手前の笹、木々の並び、太陽の位置、暗雲の量などバランスはよいものの、それぞれが均等の存在感を持ってしまったため、インパクトが弱い印象を受けます。これらの理由から、どちらかを選ぶなら【左の写真】という判断になります。

フォトブックを目指す

フォトブックを作りたい場合は、テーマに沿って粗選りした写真をL判程度でよいのでプリントします。もしも100枚ほど粗選りしたなら、100枚プリントすることが理想です。風景写真の代表的な並べ方の一例として、四季を追って順番に並べる方法がありますが、仮にフォトブックをそのように作ると決めた場合、そのプリントを春夏秋冬別にわけます。そして起承転結を意識しながら、扉となる最初の1枚を決めます。これはテーマを一言で表すような写真がよいでしょう。その次からは見開きごとに並べていきますが、このとき、左右に並ぶ写真は相性のよいものを選びます。強い印象の写真ばかりではなく、強弱をつけたり、抑揚を意識するように並べるようにすると比較的進めやすいかもしれません。

見開きの例1

写真家萩原史郎がM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROで撮影した闇夜に浮かぶ桜の風景写真

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
40mm相当
Aモード F4.0 1秒 ISO 1600 -1.3EV

写真家萩原史郎がM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROで撮影した白い空を背景にした桜の風景写真

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
150mm相当
Aモード F5.6 1/125秒 ISO 640 +2.0EV

桜の作品を使いインパクトの強い見開きを作ることを想定してみます。【左の写真】には闇夜に浮かぶ桜、【右の写真】には白い空を背景にした桜。【左の写真】は黒バックに桜を小さく見せ、【右の写真】は白バック全体に桜を配しています。左右がまったく異なるイメージを持つことで、印象的なページになっています。強い印象を与えるためのセレクトと言えるでしょう。

見開きの例2

写真家萩原史郎がM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROで撮影した桜の陰に隠れて目立たない花に心を寄せて表現した風景写真1

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当
Aモード F2.8 1/320秒 ISO 250 +1.0EV

写真家萩原史郎がM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROで撮影した桜の陰に隠れて目立たない花に心を寄せて表現した風景写真2

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
170mm相当
Aモード F5.6 1/160秒 ISO 1600 ±0.0EV

同じく桜を使った見開きのページですが、この2作品は桜が脇役に回っています。桜の陰に隠れて目立たない花に心を寄せて表現した作品同志を並べたわけですが、この見開きの前後に桜が主役のページがある場合、抑揚が生まれ、見る人を飽きさせない効果が出てきます。こういった写真も、フォトブックの展開を考えたときは重要な意味を持つことがあるので、セレクトの対象として考えておきましょう。この見開きは上の<見開きの例1>とは対照的に、やさしい印象を持つセレクトといえます。

写真展を目指す

写真展は一方通行で見ていくことを前提に写真を選ぶので、フォトブックと考え方は近いものがあります。フォトブックの基本は見開き構成にあるのに対して、写真展は全体の流れがあり、加えて1枚1枚の力を必要とし、さらに前後の関係を意識することが必要です。とは言え、写真展を考えるときも、粗選りした写真をプリントすることをお勧めするのは同じ。そのうえでフォトブックと同じように四季を意識して並べるなら、季節と季節がうまく繋がることを考えなくてはなりません。むしろ季節のピークを並べているときよりも、季節のはざまを展開していくときの方が、時間がかかるでしょう。

これは、私が2020年に開催した写真展「志賀高原 -Whisper of the Scenery」の一部を抜粋したもので、現在のOM SYSTEM ギャラリーの正面に展示した14点です。上左から夏のパートがあり、上右から下左は夏から秋をつなぐパート、そして下右は秋のパートという流れです。
①から③で夏らしい演出をし、⑥⑦で季節感を省略、⑧で夏から秋への色変わりを提示し、⑨から初秋へ入り、⑪から錦秋へ。この時の写真展は四季の流れに重きを置いた内容としたため、とくにつなぎのパートのセレクトは大事に考えました。②と⑩は大きなサイズのプリントにし、サイズの大小によって抑揚をつけるということも考えています。

写真家萩原史郎がM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROで撮影した夏から秋への変化を感じる風景写真

⑧のカットについて

なぜこの写真を夏から秋へのつなぎとしてセレクトしたかについてお話します。夏から秋へ変わるということは、夏色の緑が秋色の赤系統に変化するということ。そんな一枚を探しているとき、色を変え損なったような葉を撮影したカットが目にとまりました。単純に美しく色変わりを果たしたものより、どこか憎めない哀愁を感じたので、この写真につなぎの役目を与えたわけです。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
200mm相当※
Aモード F5.6 1/100秒 ISO 800 -0.7EV

今回は、写真を選ぶことについてお話しました。完全な形でお話しすることはスペースの関係もあるので、なかなか難しいことなので、ざっくりと全体像がつかめるような内容としています。実際に自分で取り組む場合は、この話をベースにしてトライをし、あれこれ経験し、つまずきながらも一歩一歩進んで行けば、必ず目標は達成できると思います。

大事なのは、トライしてみることです。

※35mm判換算焦点距離

萩原 史郎

萩原 史郎(はぎはら しろう)

1959年山梨県甲府市生まれ。写真誌「風景写真」の創刊時メンバー。現在は写真誌寄稿、コンテスト審査員、写真教室講師、講演会講師、写真クラブ例会指導など幅広く行う。著書多数。最新刊は「風景写真まるわかり教室」(玄光社)。写真集「色 X 旬」(風景写真出版)。写真展は2015年「色 X 情」、2019年「色 X 旬」、2020年「志賀高原 -Whisper of the Scenery-」。
日本風景写真家協会副会長、日本風景写真協会指導会員、日本学生写真部連盟指導会員、石の湯ロッジ萩原史郎写真教室講師など。

カメラアイコン記事内で使用した
レンズをご紹介

カメラアイコン合わせて読みたい:
フォトレシピ・インタビュー