カメラアイコンUser Interview(ユーザーインタビュー)

夜景とセルフィ―撮影の楽しさを
教えてくれたOM SYSTEM

KANEKO

KANEKO
フォトグラファー

宮﨑あおいさんがきっかけでOLYMPUS PENを購入したKANEKOさん。SNSに投稿したセルフィー写真を友人に褒められてから、セルフィー写真にはまり、広角レンズで撮るセルフィー写真が好きだという。そんなKANEKOさんに、OM SYSTEMで撮るセルフィー写真の魅力を聞いた。

2022年6月公開

宮﨑あおいさんが可愛くて・・

KANEKOさんがOM SYSTEMと出会ったきっかけは?

【KANEKO】 私がカメラを買ったきっかけは宮﨑あおいさんでした。
家電量販店に行った際、オリンパスのパンフレットにOLYMPUS PENを持つ宮﨑あおいさんが載っていて、それがとても可愛くて。
私も宮﨑あおいさんみたいになりたいなぁと思い購入しました(笑)。

可愛く、軽く、ポートレート撮影にぴったり

PENを使ってみた感想は?

【KANEKO】 私が初めて買ったオリンパスのカメラはOLYMPUS PEN Lite E-PL5 です。
実際に使ってみて、ミラーレスカメラ特有の軽さや持ち運びのしやすさ、レンズの小ささなどがとても良かったんです。
見た目の可愛さもオリンパスユーザーに女性が多い理由だなと思いました。
それから、ポートレート写真を中心に撮ることが楽しくなり、たくさんの写真を撮りに行きました。

可愛いデザインとカメラの性能を求めて

PENからOM-Dに買い替えたきっかけは?

【KANEKO】 カメラをE-PL5からE-PL8に買い替え、より綺麗になった写真を見て感動しました。
その頃から撮影に行く頻度が多くなって、ポートレート以外の分野を撮る機会も増えてきて、夜景撮影に行った時に、もっと綺麗に撮れるカメラが欲しくなりました。
私はカメラの性能などはあまり詳しくないので、決めては「可愛いデザイン」と「夜景撮影に強いこと」。それが、わたしがOM-D E-M5 Mark IIを選んだ理由です。

手ぶれ補正の凄さと夜景撮影の描写力に感動!

OM-Dはいかがでしたか?

【KANEKO】 OM-Dを購入してから、夜景撮影に行った時、モニターに映る美しさに感動し、もっと夜景写真を撮りたいと思いました。
手持ちで夜景を撮ることが多かったのですが、その時にオリンパスの手ぶれ補正の凄さに気づき、「オリンパスはすごいなぁ」と感動したのを覚えています。
手軽に夜景を撮ることができるOM-Dは、私に夜景撮影の楽しさを教えてくれました。

SNSの写真を友人から褒められて

セルフィーを始めたきっかけは?

【KANEKO】 夜景だけでは何か物足りなさを感じてきたので、「人物を入れて撮影をしてみよう!」と思いつきました。
ただその時は1人で撮影をしていたので、試しに自分が映ってみることにしました。
その写真をSNSに投稿すると、友人が褒めてくれて(笑)。
単純すぎて笑われちゃうかもしれませんが、これがセルフィーを本格的に始めることになったきっかけです。

自分が風景全体の一部として馴染むこと

セルフィー撮影で気を付けていることは?

【KANEKO】 気をつけていることは、その風景全体の雰囲気も伝えられるように撮ることです。
せっかく自分の写真を残すなら行った場所、季節や天気など、その時どきの思い出を残せるようにしたいなと思っています。
例えば、望遠レンズで撮影すると、風景写真というよりポートレートの印象が強くなってしまうので、セルフィーでよく使うレンズは広角レンズのM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROが多いです。
広角レンズは風景全体を撮影することができる上に、自分が風景の一部に馴染みながら撮ることができるので、とてもお気に入りのレンズです。

世界中を旅して、素晴らしい景色をセルフィーで紹介したい

今後撮っていきたいものは?

【KANEKO】 今後も、引き続きセルフィーは続けていく予定です。
日本にはまだまだ行きたい場所があって、世界中の行ってみたい場所は溢れています。
これからも趣味の旅行で色々なところに出かけて、撮影を続けていきたいです。

作品の解説

東京タワーを目立たせるために、夕暮れの時間に撮影を開始。
窓による額縁構図を作り、東京タワーに注目するよう撮影しました。
夕暮れに撮影することで、ライトアップによる都会のイメージを幻想的な雰囲気に撮影しました。
また人物(自分)が光の位置に座ることで、シルエットになり、東京タワーをより目立たせるように工夫しています。

カメラ: OM-D E-M5 Mark III
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
F9.0, 1/4, ISO 200

カーテンの迫力を出すために広角レンズM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROを用いて撮影。
階段上から撮影することで、カーテンの迫力をより際立たせるように工夫しました。
また人物をカーテンの中心部に配置することで、視線を人物の方向へ誘導するようにしました。
人物は棒立ちになると雰囲気が固くなってしまうので、回るようにし、写真の雰囲気を柔らかくなるように工夫しています。

カメラ: OM-D E-M5 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
F2.8, 1/80, ISO 200, -1.3EV

スカイツリーのライティングは通常のライティング時ではなく、試験点灯による特別ライティングを狙い、撮影しました。
構図としてはスカイツリーを桜で囲み、額縁構図を作りました。
またスカイツリーの真下に立つことで、スカイツリーと人物の対比をし、スカイツリーの大きさが際立つように工夫しています。

カメラ: OM-D E-M5 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
F8.0, 4秒, ISO 200

ありがとうございました。

KANEKO

KANEKO
フォトグラファー

オリンパス愛好家。使用機種はOM-D E-M5 Mark II。
趣味の旅行を楽しみながら、全国各地の特徴的な建物や風景写真を中心に撮影している。
また全国各地の美味しいものを食べ回ることも趣味で、好きな食べ物はお寿司とキウイ。

OM SYSTEMアンバサダー
instagram: @kaneko.sat

カメラアイコンKANEKOさん使用の
カメラとレンズをご紹介

インタビューアイコン合わせて読みたい記事

記事一覧

ページトップへ戻る