カメラアイコンUser Interview(ユーザーインタビュー)

強力な手ぶれ補正のおかげで
表現の幅が広がるOM SYSTEM

momoco

momoco
フォトグラファー

全国各地の写真を目にする機会が増え、訪れてみたい土地が増えすぎて困っているというmomocoさんに、OM SYSTEMを使う理由を聞いてみた。

2022年6月公開

軽くてコンパクトなカメラを求めて

momocoさんがOM SYSTEMと出会ったきっかけは?

【momoco】 高校生時代、携帯電話のカメラでは満足できず、コンパクトカメラを買ったことが、写真好きになったルーツです。その後テーマパークにハマり、望遠レンズが必要だ!と言う安易な考えで一眼レフを購入し、大荷物でテーマパークに通っていました。カメラを持つ日は大荷物になるので、気合を入れて出かけなければならず、カメラを持ち歩く頻度が減ってしまいました。そんな中、軽くてコンパクトなカメラを求めてOLYMPUS PEN Lite E-PL5を購入したのが約10年前、OM SYSTEMとの出会いでした。E-PL5は小さなカバンにも入るので日常のお出かけにも、旅行にも持ち運びが億劫にならないので、たくさん思い出を残すことができました。

強力な手ぶれ補正にはいつも助けられています

OM SYSTEMを使ってみた感想は?

【momoco】 E-PL5からOM-D E-M1 Mark IIに変えて、カメラのサイズは大きくなりましたが、一眼レフに比べるとボディもレンズも小型軽量なのが何よりも魅力だと思います。「重たいからこのレンズは置いていこう」と言う制限がないので、広角から望遠域まで全てのレンズを持って出かけています。また、撮影の際は公共交通機関で移動することが多いので、リュックに収まって、女性でも背負って歩けるのは重要なポイントだと思います。
何より強力な手ぶれ補正にはいつも助けられていますね。三脚が使えない場所でもOM SYSTEMの手ぶれ補正のおかげで、シャッタースピードを遅くしてもブレていないのです。私の体幹が強いのかと勘違いしていました(笑)

趣味が合う友人を作りたい

写真にハマったきっかけは?

【momoco】 3年前に、趣味が合う友人を作りたいと思い、都内の社会人カメラサークルに参加しました。以降、他のカメラマンの「作品」を目にするようになり、自分が表現したい写真に対するこだわりが出て、設定や構図を考えながら撮影するようになりました。Mモードを使いこなせるようになったのもこの頃からでした。

風景写真にポツンと被写体を入れること

良く撮影するものは?

【momoco】 ・都市夜景
平日の夜に活動するカメラサークルに参加していたため、初めの頃は長時間露光で撮影できるレーザーなどの夜景を撮ることが多かったです。人間の目では見ることができない光跡を写真では撮影することでき、面白いとハマりました。

・都内の風景写真
SNS上では「東京都内の風景は撮り尽くされている」と言われることが多いのですが、実はまだまだ面白い風景があるのでは?と言う探究心から「新しい構図」探しに奮闘する日々です。

・建築
広角レンズで美しい建築物を撮影するのが好きです。シンメトリーが美しい建築を撮影する際はゆがみが出ないよう、特に構図作りには気を遣っています。

・絶景とポツン被写体
風景写真にポツンと被写体を入れることで、写真を見た人がそれぞれ物語を想像できるのが面白いなと思っています。基本的には一緒に出かけている友人に被写体になってもらっていますが、友人がいないときは、私が風景の中に入っています(笑)セルフタイマー(12秒)で走っても間に合わない距離の時は、奥の手、インターバル撮影で撮影しています。

訪れてみたい土地がどんどん増えてしまい困っています。

今後撮っていきたいものはなんですか?

【momoco】 全国各地の写真を目にする機会が増えたので、旅行の計画の立て方が変わりました。以前は観光雑誌を見て、旅行の計画を立てることが多かったですが、今は絶景写真集やSNSの投稿からヒントを得て旅行先を決めることが多いです。訪れてみたい土地がどんどん増えてしまい、Google Mapの行きたい場所リストの件数が増えすぎて困っています。せっかく軽量な機材を持っているので、今後は登山が必要な景色の撮影にも挑戦してみたいです。

作品の解説

東京都内の風景は撮り尽くされていると言われることが多く「既視感がない写真を撮りたい」という思いで探し出したスポットです。日中にロケハンを行い、タワーマンションに挟まれるスカイツリーがバッチリ撮影できることを確認し、後日撮影しました。日中も合成感が強く面白いスポットでしたが、夜になるとマンションの明かりとスカイツリーのライティングで更に面白い風景が撮れ、小躍りした記憶があります。風が強く、足場も悪いため、軽い望遠レンズと手ブレ補正に完全に助けられました。SNSへの投稿後の反響が大きく、定番スポットになりつつあるようです。

カメラ: OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL 75-300mm F4.8-6.7 II
F5.3, 2秒, ISO 200

ホームの奥にソメイヨシノの土手が広がっていて、とても素敵な駅舎でした。
これから旅に出かけるのか、それとも新生活が始まるのか、見る人によって写真の先の物語を想像できるような写真を撮ることができ、とても気に入っています。

カメラ: OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
F9.0, 1/160秒, ISO 250

早朝に到着すると、霧がかかっており撮影を諦めていましたが、日が昇ると霧が晴れて沼の青さと紅葉の赤のコントラストがはっきり出てとても美しかったです。もちろん風景のみでも良かったのですが、被写体を配置することで締まりが出たと思います。

カメラ: OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
F2.8, 1/640秒, ISO 200, -0.3EV

ありがとうございました。

momoco

momoco
フォトグラファー

趣味はヨガ、ハンドドリップコーヒーを淹れること、カフェ巡り、旅行。一人でも海外旅行に行けるフットワークが軽いカメラマンです。Instagramを中心に作品を投稿しています。今後挑戦してみたいことは山登りと風景写真です。

OM SYSTEMアンバサダー
instagram: @mohpns_photo

カメラアイコンmomocoさん使用の
カメラとレンズをご紹介

インタビューアイコン合わせて読みたい記事

記事一覧

ページトップへ戻る