オリンパス 世界遺産フォトコンテスト 結果発表

オリンパス 世界遺産フォトコンテスト受賞作品が決定いたしました。
今回の世界遺産というテーマは、難易度が高いテーマです。誰もが知っている被写体なので、ポストカード的な作品になりがち。まるで行った証のようでは、つまらない写真になってしまいます。その中でどう自分らしさを表現するのかが撮影者の腕の見せ所です。
たくさんのご応募ありがとうございました!

審査員:小貝 哲夫

日本部門

最優秀賞賞品:JTB旅行券 5万円分

窓の外の世界遺産

「窓の外の世界遺産」

ニックネーム:takataro

講評:ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでも紹介された五箇山ですが、有名な場所だけに個性を出すのが難しい被写体です。合掌造りの内側から撮影するアイデアがユニークで、窓が額縁効果を生み出し、ひと味違った五箇山の風景を演出しています。宿泊して窓を開け放ったようなワクワク感がこみ上げてきて、そこに居るような気持ちにさせてくれます。

優秀賞賞品:カメラバックパック CBG-12

新春を迎えて

「新春を迎えて」

ニックネーム:ぼぶっち

講評:連なった鳥居のトンネルが印象的な京都の伏見稲荷は、フォトジェニックな被写体として人気のスポットです。画一的な作品になりがちですが、フィッシュアイを使うことで鳥居が作り出す不思議な空間を巧みに表現しています。おみくじでも見ているのでしょうか(?)、楽しそうに会話する和服姿の女性が彩りを添え、特別な一枚に仕上げています。

世界部門

最優秀賞賞品:JTB旅行券 5万円分

パリ時間

「パリ時間」

ニックネーム:ほまし

講評:パリのランドマークとして、観光客は必ずカメラを向けるエッフェル塔。難易度の高い被写体に、果敢に挑んでいます。往々にして主人公にしがちなエッフェル塔をオフセットすることで、カップルを主人公にしてパリの日常を表現しています。細部までディテールを際立たせるなど、作品としても丁寧な作り込みでエッフェル塔の魅力を最大限に引き出しています。

優秀賞賞品:カメラバックパック CBG-12

ヴェネツィア 橋での出会い

「ヴェネツィア 橋での出会い」

ニックネーム:グロリオーサ

講評:運河が縦横に走る水の都ヴェネツィアは、多くの観光客で賑わう観光地です。日が暮れ街路灯に灯がともる頃、喧噪を避けて裏道を散策したのでしょう。石造りの上で出逢った恋人同士は、どんな話をしているのでしょう。コメントにもあるように、まるで映画のワンシーンのようです。瞬間を逃さない感受性が際立ち、旅情をかき立ててくれる作品です。

ページトップへ戻る