Inca Terns Rule

JackOLantern

特別写真展

2019年10月07日 〜 2019年11月04日

Inca Terns Rule

ごあいさつ

上野動物園を訪れる人は、大抵、パンダがお目当てのようですが、インカアジサシ、最高です (“Inca terns rule”)。
 インカアジサシをはじめて見たのは、2017年、上野動物園内で子供動物園が移転し、「子ども動物園すてっぷ」として再開したときのことです。白い髭のような羽を黄色い口元から生やし、真っ赤な唐辛子のような嘴をした黒い鳥は、スペインの超現実主義の芸術家サルバドール・ダリを彷彿とさせました。飛翔能力が特に優れた鳥であると解説にあるとおり、決して広くはないケージの中で、旋回したり、ホバリングをしたり、また水中に蒔かれたキビナゴやオキアミなどの餌を頭から飛び込んで獲ったりして、見る者を楽しませてくれます。一日中写真を撮っていても、決して飽きることのない被写体です。
 この写真展を通じて、インカアジサシの魅力を少しでも伝えることができたらと願っています。

JackOLantern

写真展を見る

WB写真展開催おめでとうございます。迫力あるアジサシの表情をきっちり捉えられてて編集と構成の妙で圧巻の展示会です。Daiveの後ろから飛び込んでる所が特に好きです。

telchan

こんにちは。インカアジサシの鮮やかで少しユーモラスな風貌から、繰り広げられる躍動感ある飛翔は、見事で、目を奪われます。舞台も古代の洞窟のような雰囲気ですね。JackOLanternさんにしか、作れないアルバムと思いました。

テクテクみゆき

記帳ノート