TG-6で撮影する新たな世界
オリンパスTGシリーズを水中撮影に使用されている方、TGシリーズではマクロ撮影が
簡単に撮影出来ました。
水中では ウミウシやダンゴウオ等を撮影されていましたがTG-6 では
水中顕微鏡モードを搭載した事により、より小さい被写体が撮影可能となりました。
が・・TG-6にはさらに素晴らしいオプション品が発売されました。
コンパクトカメラで簡単!水中魚眼(超広角)の世界
TG-6にコンバーターレンズを装着すれば超ワイド撮影も可能
FCON-TO2を使用すれば、コンパクトでありながら8㎜(35㎜換算)全周魚眼から
16㎜(35㎜換算)対角魚眼の世界迄を簡単に体験する事が出来ます。
水中の風景や魚への最接近した状態での撮影、マンタ・ジンベイ等大型の魚も近距離で
撮影が可能になる他、ホワイトスノー等の映り込みを減らすことが可能になります。
※水中プロテクターを装着しない状態での撮影になりますので、水深15m迄の撮影
 となります。水深にはご注意ください。
※使用時にはアクセサリーモードFCON-T02にセットをして使用してください。(TG-6のみ)
 (各種補正が設定されておりより美しく撮影が可能となります。))
MC-20
サンゴからサンゴの周辺までしっかり撮影が可能となります。
MC-20
サンゴに接近して撮影する事により、今までの作風より迫力のある撮影が可能になります。
晴天下・FCON-TO2装着・水深15mディフューザーと内蔵ストロボを使用

超ワイドを楽しむ他に今までコンパクトカメラでは難しかった半水面撮影も、一眼同様に
簡単に撮影が可能になります。

MC-20
フロートハンドストラップCHS-09の使用をお勧めいたします。
水中ではグローブ等をしているケースが多いのでカメラを落としてしまう事故も時々起きています。
安全を確保する為にフロートハンドストラップCHS-09の使用をお勧めいたします。
併せてCSCH-121の使用も便利です。
お試しください。
MC-20
TGシリーズではこの他にも(TG-4以降)星の軌跡などが街の灯と共に撮影が出来る、
ライブコンポジット機能(明るさの変わった部分のみを複数枚の画像を合成する機能)
が搭載されており、ミラーレスカメラに搭載されているライブコンポジット機能も
搭載されているので星空の軌跡撮影も簡単に出来ます。

MC-20

MC-20
狩野 芳彰
1963年生まれ
撮影フィールド:水中撮影 撮影領域:国内から海外迄 天体も撮影します。
PADI ダイブマスター


※このページの作例写真は緊急事態宣言発令前に撮影したものです。