圧倒的な小型軽量、防塵・防滴、高画質の 「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III 12-45mm F4.0 PROキット」を発売
メインビジュアル
小型軽量ボディーにプロフェッショナルモデルに匹敵する高性能を凝縮した
「OM-D E-M5 Mark III」と、究極の小型軽量化を実現した高解像・標準ズームレンズ
「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO」を組み合わせた魅力的なキットが登場しました。
防塵・防滴性能を備え、重さはボディーとレンズを合わせてわずか約668g(※)を実現。
あらゆるシーンにおいて軽快に本格的な撮影が行えます。

(※)ボディー約414g(電池、メモリーカード含む)+レンズ254g
(レンズキャップ、レンズリアキャップ、レンズフードを除く)
MC-20
通常、ズームレンズの最大撮影倍率は焦点距離によって変化するものですが、
「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO」は、ズーム全域で
最大撮影倍率0.5倍(35mm判換算)という画期的な設計。
撮影に夢中になっていて、「もっと大きく撮りたい」と思って被写体に近づいて
行ったとき、最短撮影距離を超えてピントが合わないとストレスを感じますが、
このレンズは広角端でも望遠端でも0.5倍(35mm判換算)まで撮れることで快適に
撮影することができます。
下の写真は、小さなスイートアリッサムを広角端と望遠端の最短撮影距離で撮影
したもの。
ピントが合っている花がほぼ同じ大きさで写っていますが、背景の写り方が違います。

MC-20

田中 博
1963年生まれ。
ライフワークはトンボ撮影。写真展は「東京トンボ日記」(2017年)他多数。
公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。

メインビジュアル
メインビジュアル
MC-20