新製品 M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO 開発者インタビュー!

メインビジュアル
twitter facebook


究極の超望遠性能を追求して開発したハイスペックなPROレンズ、「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」がついに2021年1月22日(金)発売予定!
今回は当社社員が、レンズ開発者である村山さんに直撃インタビューを行いました。
開発者だからこそ分かる「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」のこだわりポイントや凄さについてご紹介いたします!


M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO 仮予約はこちら


写真 この度、小型軽量で手持ち撮影できるレンズの中でも、高解像な描写力性能、さらに被写体を大きく写すことができる1000mm相当※1の性能を兼ね備えた「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」が新たに発表となりました。

写真今までになかった新次元のレンズですね。この新レンズについてもっと教えてください!

写真わかりました。それでは詳しくご紹介いたします。
まず機動性についてです。どんな撮影シーンにおいても、撮影チャンスを多くするには、「躊躇なく持ち出せる・手持ちで撮影できるサイズ・重量」が重要と考えています。
このレンズは大口径超望遠ズームレンズながらE-M1Xと組み合わせたときの重量はシステムで約3kgとフルサイズの半分となっていますので、持ち運びや手持ち撮影で負担とならず快適な撮影ができると思います。

写真 半分の重量ってすごいです…。せっかく良い機材を持っていても持ち出さなければ意味がないですもんね。
これならむしろ積極的に撮影に出かけたくなります!
ということで本日は実機を用意していただきました。村山さん、持ってみても良いですか?

写真ぜひ持ってみてください。

写真
写真 うわ軽い!見た目以上に軽いです!
三脚座込みで1,875gと聞きましたが本当に軽いですね。

写真ここはかなりこだわりましたからね。
このレンズは開発当初からE-M1Xとの組み合わせで3kgを下回ることを目標としてきました。

写真 たしか三脚座込みで2㎏は超えるだろうという話を聞いていました。相当苦労されたんじゃないですか?

写真部品重量を常に管理して減らすことや、剛性、強度が高く比重の軽い材料を使ったり、さらに前の方にある径の大きいレンズを極力後ろに下げて小さく軽くするなどの積み重ねで、レンズ単体で2㎏以下の重量を達成しました。

写真 スイッチがすごくたくさんついていますね。

写真フォーカスリミットの切り替えや手ぶれ補正ON・OFFなどの操作ができます。右側には内蔵テレコンの切り替えレバーが付いてますよ。
切り換え直後からすぐに撮影状態に移れるように切り換え中のブラックアウトはなくピントは切り替え前の位置に合うようになっていますので被写体を見失うことがありません。切り替え後は撮影前に再度ピント合わせをしてください。

写真 これならファインダーで被写体を確認しながらスムーズに切り替えができます!

写真他にも三脚座を手で支えた状態でのズームリングも滑りにくく快適に操作できることが分かると思います。
手持ちで撮影するときは指2本で回すことも多いため、『滑りにくさ』にとにかくこだわりました。
操作性とデザイン性を両立させるために、施作の途中で何度もゴムの形状を変更するなど試行錯誤した結果、最後は納得できるものに仕上がりました。
レンズを持っている状態でフォーカスリング、ズームリング、L-Fnボタンの操作をしてみていただけますか?
指が自然に届くことが分かると思います。
小さい手を基準にして位置を決めていますので、どなたでも快適に操作できると思います。

写真 レンズの持ち方や操作部の位置にも開発者の意志が込められてるんですね。とても勉強になりました。
望遠性能について教えていただけますか?

写真35mm判換算で300~1000mm相当の幅広い望遠域をカバーできるため、遠くにいる被写体を大きく写せるだけではなく、撮影意図にあわせて焦点距離を調整し、狙った構図で撮ることができます。

写真

写真 300mm相当※1だとカワセミが小さいですが、1000mm相当※1まで望遠にするとかなり大きくなってきましたね。

写真また2倍テレコンバーターMC-20を組み合わせることで最大2000mm相当※1の超望遠撮影を手持ちで楽しむことができます。

写真 さすが2000mm相当※1!カワセミが画面からはみ出しそうなくらいアップになりましたよ!夢のようなレンズですね。

写真かつてない望遠性能により、今まであきらめていた遠くの鳥も撮影被写体になります。さらに最短撮影距離も1.3mと短いので撮影の幅を広げることができると考えています。

写真 こんなに超望遠のレンズだと撮影時の「ぶれ」が心配ですよね?

写真オリンパスの特長の一つ、強力な手ぶれ補正をこのレンズにも採用しております。小型軽量で手持ち撮影が可能なレンズでも、ぶれてしまっては意味がありません。

写真 オリンパスの手ぶれ補正はみなさんにもかなり好評いただいてますよね。

写真今回も強力な5軸シンクロ手ぶれ補正により、最大で8段補正という超望遠レンズとして世界最強の補正能力となっています。皆様の高画質な写真撮影に役立つと考えております。

写真 超望遠レンズなのに最大8段補正、こんなレンズ他にないんじゃないですか!?

写真我々もこの手ぶれ補正性能は唯一無二だと自負しております。
こちらはレンズ構成とMTF曲線です。
4枚のスーパーEDレンズを含む18群28枚のレンズ構成により、ズーム全域で色にじみやフレアを抑えた優れた解像力を実現しています。
右側にあるのがMTF曲線ですが、左側の画面中心から右側の周面まで解像性能がほとんど下がっていないことが分かるかと思います。

写真

写真 300mm PROにもひけを取らない高解像レンズなのがわかりますね!

写真このレンズは超望遠でありながら最短撮影距離がズーム全域で1.3m、最大撮影倍率が0.57倍なんです。こちらの蝶のような小さな被写体でも大きく写すことが出来ます。

写真

写真 最短撮影距離が短いと、野鳥や昆虫など被写体が自分のところに寄って来たときもそのまま撮影ができて便利ですね!

写真防塵・防滴・-10℃耐低温性能も備えております。

写真 防塵防滴もオリンパスの特長の1つですよね。オリンパスの防塵防滴性能は撮影するときの安心感が違います。

写真さらに炎天下でもレンズの温度上昇を抑えて、安定した光学性能を発揮する白色の遮熱塗装を新規に採用しています。
また最前面のレンズにはフッ素コーティングを新たに採用し、汚れをふき取りやすくするなど耐環境性能を引き上げています。

写真 メンテナンスもしやすいですね!

写真

写真 本日は発表されたばかりの150-400mmPROのお話を聞けて非常に楽しかったです。
オリンパスのレンズは超望遠なのに小型軽量で、手ぶれ補正もすごくて、防塵防滴で、様々な撮影シーンにも対応できそうですね!

写真写りも、もちろん最高ですよ。
我々はこれからも様々なレンズを開発・発表していきます。ぜひ楽しみにしていてください。

写真 これからも楽しみですね。本日はレンズ開発の村山さんにお越しいただきました。村山さんありがとうございました。

写真ありがとうございました。

※1:35mm判換算


★製品の概要についてはこちらから
「レンズ開発者に聞く!野鳥撮影にお勧めしたいM.ZUIKOレンズ」の動画も公開中!


150-400mm 仮予約ページ

【仮予約に関する注意事項】

※この商品は入荷数が少なく、長期間に渡りご予約を受けられる件数が限られるため、プレミア会員様を優先してご予約を承ります。

※「プレミア会員限定 優先仮予約」は2020年12月20日までの受付を予定しておりますが、予告無く仮予約受付を終了する場合があります。また、多数の仮予約申込みがあった場合、プレミア会員優先期間終了後もバックオーダーが解消されるまで、長期間に渡りご予約が受付できなくなる可能性があります。 あらかじめご了承ください。

※2021年1月以降フォトパスサイトの終了に伴いフォトパスポイントサービスも終了となります。ただし、この商品を優先予約で申し込まれたプレミア会員様は、2020年12月末時点の所有ポイントから最大18%分をご利用した場合と同等の価格で購入いただけます。優先予約以外のご予約は2021年1月以降の予約承りとなりますので、優先予約以外でご予約いただいたお客様はポイントをご利用した場合と同等の価格での購入はご利用になれません。



▼その他現在実施中のキャンペーンはこちら!

100-400mmレビュー

OM-D & PROレンズ 機動力キャンペーン