5月24日(金)~5月29日(水) OM-D E-M1X ハイレゾショット作品展

5月24日(金)~5月29日(水) OM-D E-M1X ハイレゾショット作品展

オリンパスの撮影機能「ハイレゾショット」では、8回撮影した画像をもとに50M相当の高解像写真を生成することが可能です。
このたび新たに登場したプロフェッショナルモデル「OM-D E-M1X」では、従来の「三脚ハイレゾショット」に加え、待望の「手持ちハイレゾショット」も搭載されました。
今回はプロ写真家の清水哲朗氏、萩原史郎氏がハイレゾショットを使って撮影した大型作品を展示いたします。撮影領域を広げるOM-Dシステムの魅力をご体感ください。

■写真家プロフィール ※五十音順
清水 哲朗(しみず てつろう)
1975年、横浜市生まれ。独自の視点で自然風景からスナップ、ドキュメントまで幅広く撮影。写真集「CHANGE」「New Type」、フォトエッセー「うまたび~モンゴルを20年間取材した写真家の記録~」がある。個展開催多数。第1回名取洋之助写真賞、2014日本写真協会賞新人賞、2016年フォトシティさがみはら写真新人奨励賞受賞。公益社団法人日本写真家協会会員。

萩原 史郎(はぎはら しろう)
1959年山梨県甲府市生まれ。日本大学卒業後、株式会社新日本企画で「季刊(※現在は隔月刊) 風景写真」の創刊に携わり、編集長・発行人を経験。退社後はフリーの風景写真家に転向。現在自然風景を中心に撮影、執筆活動中。著書に「四季の風景撮影」シリーズ8冊(日本カメラ社)、「構図決定へのアプローチ法」「RAWから仕上げる風景写真テクニック」「自然風景撮影 上達の鉄則60」「基本からわかる光・形・色の活かし方」「風景写真の便利帳」(玄光社)他多数。オリンパス・デジタルカレッジ講師。カメラグランプリ選考委員。日本風景写真家協会(JSPA)副会長。日本風景写真協会(JNP)指導会員。

■会場:オリンパスプラザ東京 地下1階ショールーム クリエイティブウォール

■会期:2019年5月24日(金)~5月29日(水) 11:00~19:00

【5月25日(土) トークショーのご案内】
清水氏、萩原氏が作品の解説やOM-Dシステムの魅力を語ります。
詳細はこちらから
(出演者の都合により、出演日時が変更となりました)

オリンパスプラザ東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿 1-24-1 エステック情報ビル 地下1階
アクセス・地図

ブックマークレット