【オリンパスギャラリー東京】9月27日~10月2日 安島 太佳由 写真展

【オリンパスギャラリー東京】9月27日~10月2日 安島 太佳由 写真展

安島 太佳由 写真展
「昭南島・シンガポール」
オリンパスギャラリー大阪 期間:2019年8月2日(金)~ 8月9日(金)
午前10:00 〜午後6:00 最終日 午後3:00 日曜・祝日休館 入場無料
オリンパスギャラリー東京 期間:2019年9月27日(金)~ 10月2日(水)
午前11:00 〜午後7:00 木曜休館 入場無料

【写真展案内】
1819 年、イギリス東インド会社のラッフルズが、マレー半島南端の無人島に上陸し、開拓の礎を築いてから今年で200年の節目を迎えます。
ジャングルが生い茂る未開の小さな島だったシンガポールは、今現在は金融・経済・貿易の中心地として、また観光立国として目覚ましい発展を遂げているのは周知の事実です。
昨年6月の米朝首脳会談のホスト国として歴史的会談を成功させて世界の注目をあびたことは記憶に新しいことです。
日本をもしのぐ豊かな国となり「シンガポールの奇跡」とまで言われた都市国家シンガポールとはどのような国なのでしょうか。
世界一安全、緑豊かで美しい国シンガポールには、多くの日本人が観光に訪れますが、日本との関係やその歴史についてはあまり知られていないのが現状のようです。
今回の写真展では、シンガポールの街や人々の様子を、そしてかつて「昭南島」と呼ばれた日本との戦争の歴史が伺い知れる戦跡などを紹介します。
一般的に知られているシンガポールだけではなく、歴史の中に埋没してしまい、あまり語られていない側面を多くの皆さまに知ってほしいと願います。
1982年、私が23歳の時に初めての海外渡航として訪れたシンガポール。
7ヶ月の在住時に撮った当時のシンガポールの人々や街のモノクロ写真も併せて紹介しますので、この機会に変貌著しいシンガポールの様子を感じていただければ幸いです。

出展作品数:カラー・モノクロ 約40点

【作者略歴】
安島 太佳由 (やすじま たかよし)
1959年 福岡県生まれ。
1981年 大阪芸術大学 写真学科卒。
    大日本印刷株式会社写真部、広告制作会社などを経て、
1993年 安島写真事務所を設立。 フリーランスとして活動開始。
1995年「日本の戦争」をテーマに戦跡取材を開始。
2010年『若い世代に語り継ぐ戦争の記憶』プロジェクトを開始。
平成6年度文化庁芸術インターンシップ研修員。
現在、東京都練馬区に在住。

写真集
1999年『東京痕跡』 安島写真事務所
2002年『日本戦跡』 窓社
2004年『特攻漂流』 窓社
2008年『要塞列島』 窓社
2010年『消滅する戦跡~太平洋戦争激戦の島々』 窓社
2013年『若い世代に語り継ぐ戦争遺産』 安島写真事務所
2014年『戦争の記憶~中国 ・ 韓国 ・ 台湾を訪ねて』 安島写真事務所
2015年『平和を考える 戦争遺産図鑑』 岩崎書店
2017年『インドネシア戦跡巡礼』 安島写真事務所
2018年『昭南島・シンガポール』 安島写真事務所

著書
2002年『日本戦跡を歩く』 窓社
2003年『日本の戦跡を見る』 岩波ジュニア新書
2009年『訪ねて見よう!日本の戦争遺産』 角川SSC 新書
2010年『歩いて見た太平洋戦争の島々』 岩波ジュニア新書
2010 年 ブックレット『上原良司と特攻隊』 安島写真事務所

受賞
2002 年 第8 回 平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞

オリンパスギャラリー大阪
〒550-0011 大阪市西区阿波座1丁目6番地1号 MID西本町ビル
TEL 06-6535-7911 FAX 06-6535-7274
アクセス・地図

オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0191 FAX 03-5909-0217
アクセス・地図

ブックマークレット