※開催延期※【オリンパスギャラリー東京】2020年3月20日~3月25日 関谷 智彦 写真展

※開催延期※【オリンパスギャラリー東京】2020年3月20日~3月25日 関谷 智彦 写真展

【臨時休館のお知らせ:3月17日更新】
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、臨時休館中のオリンパスプラザ東京・大阪は、3月19日(木)以降も当面の間、臨時休館期間を延長させていただくことになりました。
臨時休館に関する詳細はこちらをご覧ください。

関谷 智彦 写真展 「光と風」−雪の立山・室堂平−
(開催期間中のギャラリーイベント中止のお知らせ)
期間:2020 年3 月20 日(金)~ 3 月25 日(水)
   午前11:00 ~ 午後7:00 木曜休館 入場無料
会場:オリンパスギャラリー東京

【写真展案内】
日本列島の脊稜を形成する日本アルプス。その最北部に位置するのが立山連峰です。厳冬期の立山連峰は、大陸で発達した高気圧から吹き込まれる寒冷な北西の季節風が、大量の雪をもたらし幾日も幾日も烈しい風雪と降雪にあけくれる屈指の豪雪地帯です。
 その立山連峰の麓に広がる標高2,450m の室堂平では、平均積雪量が数メートルにおよびます。冬は日本海からの烈しい北西風の影響を受けて同じ景観を顕わすことがありません。
 強風によって舞い上がる雪煙、風のとおり道にできる風紋や岩氷、そして光り輝く氷の斜面、また時としてみせる穏やかな表情など、刻々と変化する自然現象や光と影が織りなす一期一会の幻想的な造形美などなど、雪山が創り出す神秘的な光景を異次元であるモノクロームの世界で表現しました。

出展作品数:モノクロ 35 点

【出展者略歴】
関谷 智彦(せきや ともひこ) 1947 年 岐阜県生まれ。1970 年 日本大学経済学部卒業。日本大学文理学部写真研究会で写真の表現技法を学び、1970 年頃から山と自然の美に魅せられ自然を対象に本格的に撮影を始める。のちに写真家土岐三雄氏と出会い師事、表現法の影響を受ける。公益社団法人 日本写真協会会員・全日本山岳写真協会会員、全日本写真連盟会員。

写真展
1999 年「雪山」光と影のシンフォニー
2011 年「Landscape SNOWLINE」
2013 年「高尾の森から」
2014 年「山の刻」−光そして風−
2015 年「雲表の光景」
2016 年「多摩川・河口散歩」
2017 年「自然のかたち」
2019 年「河・光・景」−多摩川−

写真集
1999 年「雪山」光と影のシンフォニー

受賞
第41 回2016 JPS 展 銅賞
日経ナショナルジオグラフィック写真賞2016 優秀賞
【新型コロナウィルスの影響によるギャラリートーク開催中止のお知らせ】
新型コロナウィルスへの有効な対処法の先行きが見通せない中、来場者および出演者様の健康と安全面などを第一に考慮しました結果、DMハガキに掲載されておりましたギャラリートークは開催を中止させていただくことといたしました。

【開催中止】のギャラリートーク
2020年3月21日(土)・22日(日)午後2時~3時

本イベントを楽しみにしてくださっていたお客様には、謹んでお詫び申し上げます。



オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0191 FAX 03-5909-0217
アクセス・地図

ブックマークレット