※開催延期※【オリンパスギャラリー東京】2020年6月1日~6月3日 島村恵美 写真展

※開催延期※【オリンパスギャラリー東京】2020年6月1日~6月3日 島村恵美 写真展

【臨時休館のお知らせ】
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、臨時休館中のオリンパスプラザ東京・大阪は、当面の間、臨時休館期間を延長させていただくことになりました。
本写真展の開催日程はプラザ休館期間の変動に伴い、予告なく変更となる可能性がございます。
ご理解のほどお願い申し上げます。臨時休館に関する詳細はこちらをご覧ください。

※新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、本写真展は再度延期となりました。

   島村 恵美 写真展「ねこがいる」
期間:2020年6月1日(月)~ 6月3日(水)
   午前10:00 ~ 午後6:00 木曜休館
会場:オリンパスギャラリー東京 入場無料




【写真展案内】
猫が好き、歩くことが好き、カメラが好きで辿りついた先が猫写真撮影でした。日々撮影をしていると、様々な場所で猫に関わっている方々に出会い、多くの猫が地域猫として守られていることを知りました。と同時に、外で暮らす猫たちの地域問題や環境問題などにぶつかり、人と外で暮らす猫との共存について考えるようになりました。

私の撮る猫写真は風景写真、スナップ写真の類のものが多く、通常、風景写真などでは避けるべく 物もそのまま写し込んでいます。例えば電線やごみなど避けて撮れば、すっきりとした綺麗な写真になります。でも、それでは日常感や生活感が消えてしまいます。人と猫が同じ世界で共存していることを表現する方法として、悩み迷いながら、あえて何も省かずありのままの世界を写し込んでいます。

自治体や地域猫活動をしている方々の力で、外で暮らす猫の数は減り、守られてきているとは言え、まだまだ数えきれないほど人間の生活圏内に、多くの「ねこがいる」のです。今日より明日、明日よりあさってが1ミリずつでも双方にとって、よりよい世界になることを願いながら撮影をしている私がいます。

風景や町の中の一部と化している猫を探す楽しみもある展示を楽しんでいただけたら嬉しいです。

出展作品数:カラー 約50点

【出展者略歴】
島村 恵美(しまむら えみ)
横須賀生まれ、横浜在住。
2009年まで大学勤務。その後、アクセサリーブランドスタッフとし、日本全国の百貨店で期間限定ショップを展開。
2011年、自社製品のカタログを作るためポートフォリオ講座を受講したことをきっかけに写真に深くかかわるようになる。以降、さまざまなスクールやワークショップに通いながら、猫のみを撮り続け現在に至る。

【個展】
2019年 「長閑な理想を掲げて」72 ギャラリー

【主な受賞歴】
2014年 キャノンフォトコンテスト入賞
2015年 デジタル岩合「第二回アニマルフォトコンテスト」岩合光昭賞
2016年 デジタル岩合「第三回アニマルフォトコンテスト」準グランプリ
2018年 エプソンmeet up! Selection 佳作


オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0191 FAX 03-5909-0217
アクセス・地図

ブックマークレット