2020年9月1日(火)~9月30日(水) 西松宏写真展「看板ねこたび」

2020年9月1日(火)~9月30日(水) 西松宏写真展「看板ねこたび」

新型コロナウイルスへの取り組みとご来場時のお願い
オリンパス福岡サービスステーションでは、お客様の安全を考慮し、混雑時は来店を制限させていただくことがございます。新型コロナウイルス感染予防・拡大防止対策についてはこちらをご覧ください。


看板ねこたちには、人(お客さんや飼い主さん)を笑顔にし、元気づける力があると思います。僕はこれまで全国各地のさまざまな業種の店や施設などで活躍する看板ねこの取材を80件以上してきました。今回の展示では、今まで撮影させていただいた中から計20点(すべて初公開写真)を出展いたします。当たり前だった日常が当たり前ではなくなり、気ままに旅をすることもままならない時ではありますが、各地の看板ねこたちの"勤務”ぶりや人々とふれあう姿に、少しでもほっこりとしてもらえたら嬉しいです。


■開催場所:
 オリンパス福岡サービスステーション クリエイティブウォール

■開催期間:
 2020年9月1日(火)~9月30日(水)
 9:00-17:00 (最終日は15:00終了)土・日・祝日休館
 入場は無料です。

■出展作品  計20点

■作者略歴
西松 宏(にしまつ ひろし)

写真家、フリーランスライター、児童書作家。1966年生まれ。
関西大学社会学部卒業。米国で英語留学後、1995年阪神淡路大震災を機にライターとなる。週刊誌やスポーツ紙、WEBなどで日々のニュースやまちの話題など幅広いジャンルを取材する一方、「人と動物の絆を伝える」をライフワークテーマの一つとして、現在は福岡と兵庫を拠点に活動中。

主な著書(児童書ノンフィクション)は「猫のたま駅長 ローカル線を救った町の物語」(ハート出版)、「こまり顔の看板猫!ハチの物語」(集英社)、「備中松山城 猫城主さんじゅーろー」(ハート出版)など。
現在、関西の新聞社やテレビ局、出版社が合同で立ち上げたニュースサイト「まいどなニュース」で、「うちの福招きねこ〜西日本編〜」を連載中。



福岡サービスステーション
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通3-6-11 福岡フコク生命ビル 6F
TEL 092-761-4469 FAX 092-737-2120
アクセス・地図

ブックマークレット