2021年3月11日~3月15日 田中 和義 写真展「 3.11 」-月下の記憶-

2021年3月11日~3月15日 田中 和義 写真展「 3.11 」-月下の記憶-

▶新型コロナウイルスへの取り組みとご来場時のお願い


田中 和義 写真展「 3.11 」-月下の記憶-
オリンパスギャラリー東京 期間:2021年3月11日(木)~3月15日(月)
11:00 〜 16:00(緊急事態宣言中につき時短営業)
 火曜・水曜休館 入場無料

【写真展案内】
2011年3月11日 14時46分 東北地方太平洋を震源とするM9.0の地震が発生。
それ以来、避難所の硬い床に身をまるめる被災者にもそして、
その苦難が我が身に起こったかもしれないと考える人々にも、
あの日までは目が覚めれば普通の日常があった。
しかし
家族や友人が家がそして思い出までもが津波にさらわれた。
あるいはそんな映像を見続けた誰もが
醒めない悪夢の淵に落ちてしまった気がする。
夢なのか現なのか、判然としない世界・・・。
あれから10年
苦難を乗り越え、日常を取り戻すべく
復興へ進む被災地
変わってゆく故郷
変わらない故郷への想い
とりわけ福島県浜通りは原発事故の
収束も見えないまま、時が過ぎてゆく
月だけが見ていた”あの日”の光景
月は満ち欠けを繰り返し
変貌を遂げた街や
未だ、あの時のままの場所にも
思い出したくない でも忘れてはならない。

作品数 37点


【出展者略歴】

田中 和義 (たなか かずよし)
1958年 東京生まれ
     株式会社新潮社 写真部勤務
1981年 「FOCUS」に参加
2001年 「週刊新潮」に移り、一貫して雑誌カメラマンとして活動

写真展
2013年 「鉄路望景」Canon GALLERY銀座・名古屋・梅田
2015年 「高野山-祈りとともに1200年-」OLYMPUS GALLERY東京・大阪
2016年 「月下清影」Canon GALLERY銀座・福岡・梅田
2019年 「佳景礼讃」Canon GALLERY銀座・梅田。


オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0190

アクセス・地図

ブックマークレット