2021年4月15日~4月26日 安田 菜津紀 写真展 「照らす 生きた証を遺すこと」

2021年4月15日~4月26日 安田 菜津紀 写真展 「照らす 生きた証を遺すこと」

▶新型コロナウイルスへの取り組みとご来場時のお願い


安田 菜津紀 写真展「照らす 生きた証を遺すこと」
期間:2021年4月15日(木)~4月26日(月)
10:00 〜 18:00 入場無料
※最終日15:00まで 休館日:4月20日(火)、21日(水) 


オンライン(OLYMPUS Live)限定の「作品解説」を配信致します

【写真展案内】

東日本大震災から10年。亡くなった方々の生前の姿を伝えてくれたのは、その方が日常の中で使っていた品々や、身近な方による追憶の言葉でした。足跡をしるす何かに触れる度、その人は何を大切に暮らし、どんな生き方をしてきたのか、私自身も思いを巡らせてきました。この写真展のタイトルは、亡くなった息子さんのことを語ってくれた方の「生き方が表れていないと、死が照らし出せない」という言葉から考えたものです。展示では、東北をはじめ日本国内の取材で出会った方々の、身近な方が遺したものを写真で照らし、改めて生きた証を刻みたいと思っています。

●点数:約35点

【オンライン作品解説】

安田 菜津紀 写真展 「照らす 生きた証を遺すこと」の作品解説を以下の日時にYoutube OLYMPUS Live チャンネルにて配信いたします。

※事前のお申込みなどは不要です。
■安田 菜津紀 写真展 「照らす 生きた証を遺すこと」作品解説
 4月17日(土)18:30~
 ゲスト:南部広美氏(フリーアナウンサー)

配信先はこちらをクリック→Youtube OLYMPUS Live チャンネル

<ゲストプロフィール>
南部広美
1970年 岩手県花巻市出身 フリーアナウンサー
92年日本短波放送入社、株式市況、経済ニュースを担当後 99年〜J-WAVEニュース室7年間勤務ヘットラインニュース・気象・交通情報 Jam the world , みうらじゅん・安西肇のGOLDEN TIMEなどの多数番組やCMナレーション担当。フジテレビ月9ドラマ 「ラストクリスマス」ラジオ監修作業&ラジオの声 06年春放送「世にも奇妙な物語」2話ナレーション出演 同年イギリスロンドンに留学 渡英中 NHK BS 「こだわりライフヨーロッパ」番組ナレーター 2年間担当 
震災後2年間 岩手花巻在住中 11 年10月スタートでTBSラジオ「柳瀬博一ターミナル」13年 4月 〜20年9月「荻上チキSession 22」20年10月〜現在「荻上チキSession」担当





【出展者略歴】

安田菜津紀 (やすだ なつき)

1987年神奈川県生まれ。NPO法人Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル/D4P)所属 フォトジャーナリスト。
同団体の副代表。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。
現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。
著書に『写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-』(日本写真企画)、他。
上智大学卒。現在、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。




オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0190
アクセス・地図

ブックマークレット