2021年8月19日~8月30日 善本喜一郎写真展 東京タイムスリップ1984⇔2021

2021年8月19日~30日 善本喜一郎写真展 東京タイムスリップ1984⇔2021

▶新型コロナウイルスへの取り組みとご来場時のお願い


善本喜一郎写真展 東京タイムスリップ1984⇔2021
期間:2021年8月19日(木)~8月30日(月)
10:00 〜 18:00 入場無料
※最終日15:00まで 休館日:8月24日(火)、25日(水) 

【写真展案内】
大量に発見されたネガフィルム。それは昭和末期の活気ある東京の風景だった。
懐かしい東京の風景を、現在の同位置・同角度から撮影したものと並べて紹介。
劇的な東京の変化を楽しめる写真集から10組20点を展示。
「東京タイムスリップ1984⇔2021」(河出書房新社)出版記念写真展です。

■出展者プロフィール
善本喜一郎(よしもときいちろう)
1983年平凡パンチ(マガジンハウス)特約フォトグラファーとなる。ブルータス、ポパイ、ターザン、リラックスで活躍。2004年「年鑑日本の広告写真」に北島康介Arena2002広告で入選(以後三連続入選)、宣伝会議にて編集ライター養成講座、フォトディレクション講座担当。公益社団法人日本広告写真家協会(APA)専務理事。


オリンパスプラザ東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿 1-24-1 エステック情報ビル 地下1階
アクセス・地図

ブックマークレット