OM SYSTEM 公式アプリ OM SYSTEM 公式アプリ
ダウンロードはこちらから
MENU
OLYMPUS

2023年1月19日~1月30日 高島 史於 写真展 「舞を踏む」

2023年1月19日~1月30日 高島 史於 写真展 「舞を踏む」

高島 史於 舞台写真展 「舞を踏む」 
Foumio Takashima Photo Exhibition Steps on the Dance
期間: 2023年1月19日(木) ~ 1月30日(月) 10:00 〜 18:00 最終日 15:00 まで
※休館日1月14日(火)・25日(水)・29日(日・ビル休館日)    入場無料

【写真展案内】

「シャッター音のしないカメラで舞台写真撮影が劇的に変わった。」
写真や映像などの記録手段が無かった時代、踊りの舞台を見た舞踊家は、振りや動きを脳に記憶し、体で再現し、新たな自身の踊りに仕立てていった、という。口伝ならぬ体伝なのだ。 能や日本舞踊、盆踊りなども同様なのだった、と思える。

「舞踊は生きた芸術。踊る刹那に消滅し、実物そのものを残すことは出来ない。」
                       ロシアバレエダンサー アンナ・パブロワ

 1968年、20才、日本大学芸術学部写真学科3年の時、笠井叡独舞公演「稚児の草子」を撮影して以来、主に踊りを中心に舞台を撮り続けて55年になる。
シャッター音のしないカメラで本番が撮れるようになり、舞台写真の世界が劇的に変化した。

今回展示の写真は、5年間の舞台から笠井叡、大野慶人、勅使川原三郎、川口隆夫、ブランカ・リ、舞踏舎天鶏、山田せつ子、岩名雅記、深谷正子ら、踊りの舞台86本から選んだ最新作50余点を展示。

【出展者略歴】

高島 史於 / Foumio Takashima
[日本舞台写真家協会会員、日本ベトナム友好協会常任理事]
1948年 東京生まれ。
1968年 日本大学・芸術学部・写真学科3年次に(株)ドゥーハウスを設立し大学を中退。
    渋谷にて「Space Laboratory Hair」(小劇場)を運営し、演劇、ダンス公演、写真展、美術展などを企画プロデュースする。
1970年 吉田拓郎と広島フォーク村、「古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう」 LPレコードジャケットに写真提供。  
1970年「映像作家集団ハイロ」設立に参加。ハイロ・シネマ・フェストを開催
1975年「ナンシー演劇祭」「レンヌ伝統演劇祭」取材
1983年 ドイツ人演出家ヴォルフラム・メーリング氏と写真集
「マスク・ブリューレ」出版 フランス セザール・ランシリオ社刊
1988年 「日本舞台写真家協会」設立に参加
1991年~97年 毎年ジャマイカに通い、ボブ・マーリィ夫人リタ・マーリィをはじめ、
    アイ・スリー他 多くのレゲエ・アーティスト(96名)とフォトセッションを行い、
    CDジャケットやコンサート・ポスター、雑誌に発表
1994年から海外取材に取り組み、この26年間に154回の海外取材を通し、
    フォトエッセイなどを雑誌に発表している。
1998年 写真展「カナダ自然街道を行く」 カナダ大使館ロビー (東京)
2009年 韓国・仁川広域市「訪問の年2009」の観光大使を務める。
    1年を通して観光プロモーションの手伝いをする。
    韓国文化院ギャラリー「美」(東京)と富山県射水市にて写真展「仁川、射水、海でつながる港町」開催 
2012年「3×20の旅・美ェトナム」ベトナム写真展:新宿エプサイト(エプソン)
    サイゴン陥落から35年。3回目の成人を祝い、妻とベトナムを63日間、旅をした記録。
2015年~2019年、六本木ストライプハウス・ギャラリーにて
写真展「DANCE SCENE 1970~80's in Tokyo」 舞台写真展「5人の舞姫」
高島史於写真50周年展「I Shot Jamaica」
舞台写真50周年展「1968~2018・舞台の魔術師たち」
舞踏写真展「舞&禅」開催

写真集:「マスク・ブリューレ」演出家ヴォルフラム・メーリング氏と共著
フランス、セザール・ランシリオ社刊
写真集「エレメント」オブジェ作家、長野延吏子氏と共著
写真集「舞&禅」じゃこめてい出版刊

写真個展、グループ展、多数。


▼OM SYSTEM GALLERY
OM SYSTEM GALLERY(旧 オリンパスギャラリー東京)
▶名称変更のお知らせ
〒160-0023 東京都新宿区西新宿 1-24-1 エステック情報ビル B1F
OM SYSTEM PLAZA(旧 オリンパスプラザ東京)内
火曜・水曜定休、GW・夏季・年末年始の長期休業
アクセス・地図

ブックマークレット