Sweet Photo by Olympus

Sweet Photo by Olympus

アプリでサクサク写真加工♡

アプリなら写真加工がもっと楽しめる♡

ダウンロード

SWEET PHOTO BY OLYMPUS

アプリストアでダウンロード(無料)

現在位置
撮る・持つをかわいくおしゃれに SWEET PHOTO by Olympus > コラボ記事 > 写真のネタ切れ…なら、こんなレンズを使うのはいかが?♡

fisheye lens
写真のネタ切れ…なら、
こんなレンズを使うのはいかが?♡

インスタグラムを中心に活動しているyucoです。
今回は、いつも同じような写真を撮ってしまう…とマンネリを感じている人に朗報の、魚眼レンズを使った新しい写真の撮り方の提案です。この機会に今までにない雰囲気の写真を撮影してみませんか♡

写真のネタ切れ!?そんな時は魚眼レンズ!

普通のレンズでは撮れない、独特の世界を表現できる魚眼レンズ。
たくさん写真を撮ってきたけれど、もっともっと極めたい、楽しみたい!新しい写真にチャレンジしたい!そんな人におすすめのレンズです♡

SNSに投稿する写真がいつも同じになってきた…なんてマンネリで悩むのは、SNSが大好きな人なら誰もが通る道。

そんなときに試してもらいたいレンズが、魚眼レンズ。

魚眼レンズは「フィッシュアイレンズ」と言われ、魚が水中から水面上を見上げたときに、水の屈折で風景が円形に歪んで見えるというのが名前の由来です。

今回は、魚眼レンズを通した面白い視点で、いつもとは違う「カッコいい」写真を撮ってみました♡

魚眼レンズってどんな写真が撮れる?

これは標準レンズで撮った写真。高いビルを見上げるような1枚ですが、普通に撮ると建物全体を入れるのが難しいんです。これを魚眼レンズで撮るとこうなります。

魚眼レンズは、超広角レンズの1種。被写体を歪ませることにより、標準レンズでは収めきれない広い範囲を写し出せます。実際に見上げた目線の先にあるビルの上までしっかりと写せ、臨場感が伝わる写真が撮れました。

旅行中、観光名所の建物が写真に収まりきらない…なんてことがよくあるので、そんなときにとっても役立ちそう!

さらにこんな写真も!
魚眼レンズは、下から撮ればもっと面白い♡
真っ直ぐ伸びているはずのビルが、魚眼レンズを通すと、まるで中央に集まってきているように見えます。
迫力ある1枚ですよね!

定番スカートひらり写真でも、下からなら斬新でしょ!!

レンズを替えるだけで、マンネリが打破できちゃうんです♡

レンズ独特の歪みを利用するのが◎

天井が印象的な場所。魚眼レンズで撮ると、レンズ独特の歪みが出て遠近感が生まれ、奥行きや高さが強調されます。

魚眼レンズは、写真の中心から離れるほど丸く歪みます。
高さのある被写体は魚眼レンズとの相性がばっちりなんです!

ワッと中央に向かって丸く歪んだ写真って、なんかカッコいい!!
スマホや他のレンズでは撮影できない写真ですよね。

てっとり早く個性的な写真にしてくれるおすすめのレンズ♡

魚眼レンズでこんな写真も撮れる♪

いつもは自分を風景に馴染ませて撮る人が多いと思いますが、たまには自分を主役にして、カッコよく撮ってみるのはいかがでしょうか!
何てことない場所にただ座るだけ!たったそれだけでも、キマッた雰囲気にしてくれる優秀さが魅力です。

魚眼レンズで自撮りを楽しむコツは、あえて思いっきりカメラに近づいて撮影すること!超広角なので背景もバッチリ写ります♡

こんな風に、立ち上がって足元から写すと、ド迫力の1枚に。

写真スポットを探さなくても、SNSに投稿したくなる写真になっちゃいます。カメラライフの楽しさ倍増!
(下から撮ると足長に見えるところも◎♡笑)

魚眼レンズは、歪んで写るからこそ、工夫しがいがあるレンズ。

いつもと違う視点で、もっと写真を楽しんでみませんか?♡

紹介した魚眼レンズはこちら♡

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye)

厚さわずか12.8mmと、ボディーキャップの代わりにもなる超薄型の魚眼レンズです。

ワンタッチ切り替えで、パンフォーカス撮影と20cmまでの近接撮影、どちらも楽しめる優れもの♪

~Special thanks to~

ページトップへ戻る