Sweet Photo by Olympus

Sweet Photo by Olympus

アプリでサクサク写真加工♡

アプリなら写真加工がもっと楽しめる♡

ダウンロード

SWEET PHOTO BY OLYMPUS

アプリストアでダウンロード(無料)

現在位置
撮る・持つをかわいくおしゃれに SWEET PHOTO by Olympus > かわいく撮る > ADVICE >

ほんのひと工夫でgoodな写真に★Foodを撮る構図

ADVICE

ほんのひと工夫でgoodな写真に★Foodを撮る構図

これから食べものがどんどんおいしくなる季節♡SNSの定番、フード撮影のコツを学んで、ワンランク上の写真を撮ってみませんか?ほんの小さなテクニックを覚えるだけ。オシャレ写真の撮り方とコツを教えちゃいます。

フード撮影、まずチャレンジしたいのは真上からの構図

フード写真の定番、真上からのショット。センスのいい写真には、しっかりと計算されたテクニックがあります。

アイテムの形を意識して規則正しく並べる

撮影:ERIKO

ランチョンマットに、お皿、そしてタルト。フード写真や置き画のような真上からの写真は、形が似たものを揃えるようにするとバランスが取りやすくなります。花や木の実を等間隔に並べ、あえて端をカットした構図。今すぐ真似できる、ビギナーさんにおすすめのテクニックです。

被写体のバランスはもちろん、ピントが綺麗に合っていることが何より大事。スマホではなくあえてカメラ(一眼)で撮ると、ケーキのふわふわしたクリームや、木の実の質感までしっかり伝わります!

ERIKO's COMMENT
フードの特徴や全体の盛り付けを考えて、配置を工夫してみました。他には、室内の照明がオレンジっぽかったので、全体の色みが白っぽくなるようにカメラの設定で青みに寄せて撮影しました。

体の一部を入れて足まで写して“まさに今、食べている感じ”

撮影:よっぴー

よっぴー's COMMENT
フードが全体的に地味色にならないよう、グリーンの入ったものや飲み物も意識します。フードに寄るのもいいですが、全体が見えるように少し上の方から撮って、“まさに今、食べている感じ”を撮るとオシャレに撮れますよ。服やアクセサリーを写り込ませるのもポイントです。

真上からの構図は、自分の影が入りやすくなるので注意が必要。チルト式のカメラであれば、モニターを動かせるので便利です。無理な体勢をとらなくても自分の影が写りこむことなく撮影できます。

写真に奥行きを出すとシチュエーションが伝わる

人気のアイス写真は背景を意識して玄人っぽい写真に

撮影:aiai

アイスの写真を撮る時に、アイスそのものばかりに気を取られていませんか?“オシャレなアイス写真”は、アイスそのものの派手さが重要なのではなく、画面に収まる全体の雰囲気が大切です。

aiai's COMMENT
お店のオシャレな雰囲気が伝わるよう、背景として入れるために横から撮ります。マグカップのロゴと背景が喧嘩してしまわないよう、シンプルな壁とちょっとしたディスプレイのバランスを意識することも心がけました。

レンズを交換して劇的おしゃれな写真に!

aiai's COMMENT
フードを劇的おしゃれに撮りたいなら、交換レンズに挑戦!手軽に美しい背景ボケが楽しめる単焦点レンズM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8がオススメ。背景が一層よくボケて雰囲気のいい写真に。フードを横から撮る時は手前の被写体にピントがバチッと合うことが重要です。

奥行きを出すだけでグッと美味しそうな写真にチェンジ

撮影:yuco

yuco's COMMENT
真上!ではなく、ほんの少しだけ斜めから角度をつけて撮ることによって、ソーセージやお肉にわずかに影がつき、立体感が出て美味しそうに撮れます。フードを撮る時は写真を見ている人にもシーンを感じてもらえるように心がけています。その為にはフード単体だけではなく、メインの被写体に関連した小物を使うのがポイント。キャンプご飯の写真は食器が落ち着いたカラーなので、敷物に柄を持ってきてテーブルの上が華やかに見えるようにしました。

単焦点レンズを使うのもGOOD!

yuco's COMMENT
キレイな背景ボケを撮るには、やっぱり単焦点レンズ。一番美味しそうに見せたいお肉にピントを合わせました。周辺をぼかすことでフードの中の1番のおすすめを伝えやすくなります。

記事で紹介したレンズ

~Special thanks to~

ページトップへ戻る