Sweet Photo by Olympus

Sweet Photo by Olympus

アプリでサクサク写真加工♡

アプリなら写真加工がもっと楽しめる♡

ダウンロード

SWEET PHOTO BY OLYMPUS

アプリストアでダウンロード(無料)

現在位置
撮る・持つをかわいくおしゃれに SWEET PHOTO by Olympus > かわいく撮る > STAFF BLOG > bokeh② ~望遠レンズは遠いものが撮れるだけじゃない!!編~

STAFF BLOG

bokeh② ~望遠レンズは遠いものが撮れるだけじゃない!!編~

2017.11.06

本日もADVICEbokehから、背景のぼかし方をご紹介!

第2弾は、望遠レンズの魅力★についてお話しします。

なんで望遠レンズ?と思う方もいらっしゃると思いますが、これを使えばキレイにボケるんです!

少し前に行ったHOLLYWOOD旅行の写真から・・・

左:広角側(40mm)*1 右:望遠側(150mm)*1



*1 E-PL6 + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

望遠レンズはその名の通り、遠いところのものをアップに撮れるレンズ!

有名なHOLLYWOODの看板ですが、遠いところからでもこんなに大きく撮れちゃいます。

望遠レンズを持って行って本当に良かったと思った瞬間でした!

余談ですが、ハリウッドの中心にあるショッピングモールを枠にして撮影するとこんな感じで面白く撮れますよ~ぜひ行かれる方はCHECKしてみてくださいね♥



さてさて、望遠レンズはそれだけではなく・・・

冒頭でお話ししたとおり、背景のボケ味という点でも力を発揮します♪

こちらは植物園で撮りました!

左:広角(14mm)*2 右:望遠(150mm)*3



*2 OLYMPUS PEN E-PL8 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ で撮影
*3 OLYMPUS PEN E-PL8 + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R で撮影

広角側と望遠側ではこんなにボケ方が違います。
同じ場所で同じものを撮った写真とは思えないですね!

背景をぼかしたいなら、望遠レンズで少し下がって撮るのがPOINT!

□■どれが望遠レンズ?■□

でも、レンズって種類がいっぱいあって、何が望遠レンズか分かりにくいですよね。

実は上記の画像上(レンズの型番にも)書いてある〇〇mmという『焦点距離』が広角か望遠かの指標となっています。

〇〇mmの数字が小さい方が広角、大きい方が望遠レンズです。

オリンパスのミラーレス一眼だと25mmが標準(人間の見る目と同じくらいの画角)となり、それよりも小さければ小さいほど広角、大きければ大きいほど望遠になります。



上の図で見ると、先ほど使用したM.14-42mm EZは14mmから42mmまで、M.40-150mmRは40mmから150mmまでの範囲が写るズームレンズです。

ズームレンズを左に回すとモニター右上の数値が大きくなっていき、止まったらそのレンズの一番望遠側になっています!

望遠レンズは背景がボケることに加えて、ものの形が正しく表現されるという特徴もあります。
人物撮影にもおすすめですよ!ぜひ使い分けてみてくださいね♥

左:広角(12mm) 右:望遠(150mm)



*本ページに記載した焦点距離〇〇mmはすべてオリンパス機種で撮影した際のものになります。

今回ご紹介した、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 Rは重さ190gと軽くて小さいので、旅行にもラクラク持っていけました!

ではでは!

一覧に戻る

STAFF BLOG

SWEET PHOTO スタッフ

OLYMPUSカメラを使った写真の撮り方のコツや各種イベント・キャンペーンなどの情報を発信♡
SNSアカウントも随時更新中!ぜひフォローお願いします!

SWEET PHOTO 公式 SNS アカウント
instagram
ページトップへ戻る