見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 旅行&旅の写真投稿ページ >

不思議世界図鑑 ごえもんときめきレポート

不思議世界図鑑 ごえもんときめきレポート

エストニア編 Part.2~タルトゥ&パルヌ~

2011年09月09日 11:00 テーマ [ 東ヨーロッパ ]

こんにちは、ごえもんです!
今回は先週に引き続き、エストニアを紹介しますね!

前回訪れた、エストニアの首都タリンからバスに2時間半揺られてたどり着いたのは、エストニア第二の都市タルトゥ。そして、夏の都市と呼ばれる、エストニア屈指のリゾート地パルヌという街。二つの都市からお送りします。

まずご紹介するのは、タリンから南東にあるタルトゥ。学問や文化の中心都市だけあって、趣のある建造物が多く、街の色々なところにアートがちりばめられています。
雨どいもアーティスティック!

この雨どいや、タリンの回でお伝えした屋根の飾りなど、エストニアは鋳鉄の技術が発展しているなあ・・・と思っていたちょうどその時!
トンテンカンテンと鉄を打つ音が聞こえたので、お邪魔してお仕事を見させてもらいました。

職人さんたちは、サウナ状態の作業場で、黙々と鉄を熱しては叩き、その作業を繰り返しながら少しずつ形を作っていくという気の遠くなるような作業をしていました。
すごい忍耐力と、ものづくりに対する情熱が伝わってきました。

作業が一段落したとき、職人さんがとある本を持ってきてくれました。
それはなんと、日本刀に関する本!日本の職人技を尊敬すると言って下さいました。海外で母国を褒められるなんて、とっても誇らしい気分です♪
海を渡った遠い地の職人さんからも尊敬される、自分たちの国の技術を私たちも今一度見直して、大切にしていきたいですね。

さて、首都タリンの記事では、面白い看板があるお店や個性的なドアのおうちなどを紹介しましたが、タルトゥにも面白い建物がありました。

んん!?この家傾いてる??

なんと、この家は地盤沈下で傾いてしまったそうで、今は美術館(タルトゥ美術館)になっているそうです。ピサの斜塔以外にも、傾きが有名な建物があるんですねぇ。

続いては、家が途中でスパッと切れたような建物!これは一体・・・?

なぜこんな裁断されたような壁になっているかというと、その理由は、次の写真を見ていただければ一目瞭然。

左の写真を見ると、家同士がくっついて建っているのが分かりますよね。家と家の間がレンガで区切られています。
右の写真は隣の家が壊されたあとの家。以前、他の家とつながっていたんですね♪

そうそう、不思議な言い伝えがある橋もありましたよ。
タルトゥ大学の近くにある「トーメの丘」には、2つの橋が架かっているのですが、それぞれ天使の橋と悪魔の橋と呼ばれています。名前だけ聞いても、ちょっと何かありそうでしょ?

その、2つある橋のうち、はじめに天使の橋を渡ると願いが叶うと言われています!
私も頭の中に願いごとを思い浮かべながら天使の橋を渡りました♪
橋には幸せそうなカップルがいて、効果がありそうな気が(笑)
ご利益がありそうなので、写真載せておきます☆

悪魔の橋の写真は、撮るのを忘れてしまいました(>_<)
もし、読んでいる方の中に「撮影したよ!」という人がいらっしゃったら、ぜひフォトギャラリやコメント欄に投稿してください!

ここからは、夏の都市・パルヌをご紹介。パルヌは、首都タリンから南西にあり、バルト海に面したエストニア屈指の観光都市です。海がとてもキレイなんですよ!
ビーチは遠浅だというので水鏡の写真が撮れるかと思い、ウキウキしながら行くと前を通り過ぎる全裸の人が!!

なんとそこはヌーディストビーチだったのです!!上だけじゃなくて下も履いてないんですっ!海岸に広がるヌード人口は1000人を軽く超えていました。
唖然としていると、カメラを肩に下げていたからか、裸の人に写真はダメよと真顔で注意されちゃいました(笑)

この写真はヌーディストビーチじゃないところで撮ってます♪

もちろんヌーディストビーチに入る勇気はなく、私には刺激が強すぎたので・・・いざ次の国へ!
楽しい寄り道の次は再び北欧に戻ります。
次回はスウェーデンからお送りします!


 

コメント(14)

日本の日本刀職人技を尊敬すると言って下さっていますので難しいとは思いますが日本刀職人さんあるいは加治屋さんの映像を日本で撮ってみては如何でしょうか? 本とは違って写真を送ってあげると喜ばれるのではないでしょうか。 国際親善しては!

コメント画像

自分が子供の頃は授業にプール(水泳)がなかったので、近くを水着姿の人が通るだけでも抵抗がありますーー;
旅行先はシャワーだけですか?日本人はゆっくり湯に浸かる方が疲れが取れる民族だと思います。身体を大事にしてください。

街に色んな造形があるってことは、それだけ職人さんが居るってコトなんですね。
なので、日本刀の機能美も理解してもらえるんでしょう。
で、その日本の町がシンプルで画一的な風景になるたびに、
職人さんも減ってるのかな・・と、ちと心配に(^^;

不思議発見の旅も順調のようですね
そろそろ日本が恋しくなってきてませんか?
サンセットの写真ドラマチックでとても素敵ですね☆

ごえもんさん、こんにちは!ヌーディストビーチの夕日、綺麗ですね~~エストニアってかなりフリーな国なんですね(笑)。
ところでMEXICOから帰ってお腹こわしました。ごえもんさんもお気をつけて!

とむあんどらむさん

とってもいいアイディアですね!その方は日本刀の職人さんの写真を見ながら「僕はこんなに真っ黒になっちゃうのに、日本の職人さんはなんでこんなにキレイなの?」と真っ黒な顔で笑いながら仰ってました。

RoaDさん

たまたま行ったビーチが女性専用のヌーディストビーチでした!間違えて男性のところに入っていたら、大変でしたね!半分くらいの確率でバスタブがあるので助かってます。ヨーロッパの人にお湯に浸かることの気持ち良さを教えてあげたい気分です!

くまじろうさん
日本の職人さんが減っているのは悲しいことですよね。日本の伝統的な素晴らしいものを残していくのは、一人一人の想いかもしれません。

ちゃるみさん

日本恋しいですー!日本を外から見ると良さがわかるといいますが、本当にその通りで、日本の素晴らしさを発見しています。もちろん世界にも素晴らしい場所・人・見習うべきことは沢山ありますので自分に反映できたらいいなと思ってます☆

虫上さん

夕日はヌーディストビーチのものじゃないですよ!!お隣のビーチです!ヌーディストビーチで撮ったら、コラーッ!ですから(笑)メキシコでお腹壊してしまったんですね!?やっぱりメキシコは気をつけないとですね!!お写真楽しみにしています♪

うらやましすぎて、指をくわえてばかりいられない、明日シドニーへ旅立ちます。でも、いつか中欧へ・・・。

あはは、ごえもんさんがヌーディストビーチで焦っておられる姿が目に浮かびます。そういう私もカナダへ来た頃、知らずにビーチへ入り込み、目のやり場に困った記憶があります。カメラは携帯していなかったので助かりましたが(~_~;)。

ニセろさん

ニセろさんのシドニー話、コミュで楽しませていただいてます!なぜか南半球には今まであまり縁がなかったので、私もいつかオーストラリアへ!文化が全然違う国は色々面白いことありますよね!だから旅はやめられない☆

カナダグースさん

あんなに沢山のヌードを見たのは初めてです(笑)他の惑星に迷い込んでしまった気分でした!カナダにもそういうところがあるんですね!カナダの海もステキなんだろうなー☆

コメント投稿受付は終了いたしました