見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 旅行&旅の写真投稿ページ >

不思議世界図鑑 ごえもんときめきレポート

不思議世界図鑑 ごえもんときめきレポート

ドイツ編 Part.2~ライン川下り&製鉄所跡地見学 など~

2011年10月07日 11:00 テーマ [ 西ヨーロッパ ]

前回に引き続き、ドイツからごえもんがレポートをお届けいたします!
旅の途中、ライン川に魅せられて川下りをすることにしたので、その様子をまずはご紹介♪

ライン川は、18世紀から19世紀に起こった産業革命の要ともいえる川です。内陸水路として色々な資源を運ぶのに活躍していました。ルール工業地帯など、たくさんの有名な工業地帯がライン川沿いに位置しています。

私が見た景色は、工業地帯ではなく豊かな緑の風景でした。
目の前に広がるブドウ畑は、道がジグザグに作られていたり、異なった濃さの緑が重なりあい、パッチワークのようでとても美しかったです。

上の写真に見える列車(2段目の右側の写真、下の方に見える色とりどりのブロックのようで、とってもカワイイんです。小さいので、拡大して見てみてください♪)のように、ドイツでは貨物列車をよく見かけます。
しかし、その中で驚いたのがコレ!下の写真をご覧ください!

自動車がそのまま乗っています・・・大陸の国ならではでしょうか?
スケールの大きさというか、小さなことを気にしない大胆さを感じます。

また、鉄道の駅の美しさも目を見張りました。鉄が魔術師に自由自在に操れられたみたい!

駅にもたくさんの鉄が使われいて、まさに工業大国、鉄の国だということを実感!
興味が涌いたので検索してみると、世界遺産になっている製鉄所の跡地があることが判明しました。これは行くしかないです!

ということで、「フェルクリンゲン製鉄所」へ!なんと中に入ることができるのですが、ヘルメット必須です。
ギシギシ音が鳴る階段は下が見えてちょっぴり怖く、へっぴり腰で見学。
19世紀にこれだけの製鉄所を作り、どんどん製品を造り出していたからこそ、今の駅舎や自動車大国として発展してきたのでしょうね。
では、そちらで撮影した写真をご紹介♪

この中の何枚か(下から2段目中央・右、最下段右)は、旅の相棒・E-P3に搭載されているアートフィルター機能の中で「ジオラマ」を使ったのですが、可愛らしくも不思議なおもちゃの世界のような作風になりますね。

工場跡地を後にし、緊張をほぐすために私はある施設を訪れました。
この豪華絢爛なつくり、一体何の為のものだと思いますか?
写真に写ってる絵がヒントです!

正解は温泉でした!

皆さんはドイツにたくさん温泉があるって知ってますか?
私は訪れるまで知りませんでしたが、温泉はおろかバスタブにも飢えていたので、温泉と聞けば飛びついちゃいます♪街中に湯煙があがり、ちょっと硫黄の香りもします。日本の温泉地を訪れたようなワクワク感!

温泉は裸での男女混浴が一般的だそうで、私は遠慮して水着着用OKの温泉へ行きました。お湯がまったりとしていて、とても気持ち良かったですよ♪

飲泉の文化もあるそうで、街中に飲泉できるスポットがあります。
お味はしょっぱくて、鉄分の味!たくさんは飲めなかったですが、なんか効いた気がするような・・・?(笑)

さて、そして、この街のホテルで、面白い電車があると教えてもらったので行ってみることにしました。

山を登る為のケーブルカー。これなら日本にもありますよね。
どのへんが面白いのかな?と電車に近づいてみると、水の音が聞こえてきました。
下を覗いてみると、勢いよく電車から水を排水しているのが見えます。

どういう仕組みなんですか?とケーブルカーの方に聞いてみると、上にあるケーブルカーに水を入れて、ケーブルカー自体をおもりにして、下のケーブルカーを引っ張り上げるのだそうです。
しかも水は循環式になっているというエコな乗り物で、世界でも珍しいんですって!

ドイツは広い土地に魅力的なものがたくさん!
まだまだ私が行けなかった素敵なところがたくさんあるのでしょうね♪
いつかまた訪れたいと思っていますので、ドイツでオススメの場所があったら教えてください☆

次回はオランダからときレポをお送りしますー!


 

コメント(16)

コメント画像

工場マニアには堪らない写真が多数!ドラマチックトーンだと重工感が格段に増してカッコ好い写真ですね。

暑かった夏も終わり、金木犀が香る過ごしやすい季節になってきました。いつもミスごえもんさんのバイタリティには驚かされてます。フェルクリンゲン製鉄所のジオラマの写真いいですね!
これからも身体に気をつけて楽しい旅をしてください。

ケーブルカーに水を入れて、ケーブルカー自体をおもりにして、下のケーブルカーを引っ張り上げると言うドイツ人のこだわりを感じさせますね。東北地方に復興と観光を兼ねて作ってもいいのではと考えますが・・・ どうやって見つけたのでしょうね?

ドイツにはキール運河というのが有ります。世界三大運河のひとつだとどこかで言っていたけどそれはいいとして、行けたら行ってみて下さい。私は上空から撮りましたが今手元には無いです。

RoaDさん

RoaDさんは工場マニアですか?私はすっごく好きなのですが、読んで下さっている方の中に工場好きな方がいてくれたら嬉しいなぁーと思いながら書きました♪工場本当に楽しかったですよー☆

ちゃるみさん

日本は金木犀の時期ですねー!あの香りが漂ってくると秋が来たって感じがしますよね。製鉄所の写真気に入っていただけて嬉しいです♪

とむあんどらむさん

おもりにするお水も循環方式というのがすごいですよね。エコですしとってもいいと思います!人数が多かったりするとお水を減らして調節するそうです。

ニセろさん

キール運河のオススメありがとうございます!調べてみたら本当に良さそうなところでした!ここを上空から撮ったなんてニセろさんは地球ハンターですねw写真見てみたいなぁー♪

ごえもんさん、こんにちは!ソーセージの国ですね~そして結構文字や看板などお洒落で綺麗ですね!さすがL社の国ですよね。L社のカメラもかなり安いのかな?気になりますね~www次はオランダですか、楽しみにしてますよ~

虫上さん

ソーセージの国にはいろんな種類のソーセージがあって全部試したくなりました♪L社は全然見かけませんでした。なんでだろー。むしろオリンパスを使って下さってる方を沢山お見かけして嬉しくなりましたよ☆

青きドナウならぬ、青きラインもなんだか爽やかですね。
製鉄所の鉄骨ドラマチックは迫力ありますねぇ~
ドイツの町って、落ち着いた色合いでちょっとホッとしますワ。

列車の上の車はお店まで運んでる途中かな~と、工場イイカンジですw

くまじろうさん

今までの街並みがカラフルだったので、より落ち着いて見えますね♪
製鉄所は撮ってて楽しすぎました。あそこになら何時間でも入れますwもう一回行きたいくらいですww

コメント画像

ころぞうさん

車は電車から降ろしたあとトラックで運ぶのでしょうか?それとも一台ずつ運転して??とても不思議です。ころぞうさんも工場萌えですか?wとっても嬉しいです☆

コメント画像

キール運河の上空からの写真です。ヒースローに向かう途中なので高度が高く、きれいには撮れていませんが、東のキール側です。

ニセろさん

キール運河のお写真見せていただいて感激しています!上空から見ると一望できて面白いですね!いつか行きたいなぁー☆

コメント投稿受付は終了いたしました