見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 旅行&旅の写真投稿ページ >

不思議世界図鑑 ごえもんときめきレポート

不思議世界図鑑 ごえもんときめきレポート

2011年 総集編

2011年12月22日 11:00 テーマ [ その他 ]

こんにちは!ごえもんです♪

早いもので、今年のブログの更新は今日で最後となりました!
そこで今回は、今まで旅した中で印象に残っている場所を、まだお届けしていない写真とともにランキングにして発表します!

まず第5位は!


エストニアのタリンです!
訪れるまでどんな国かも知らなかっただけに、エストニアの美しい景色やおいしいものを頂いた時には、こんな国があったなんて!と驚きました。

そして第4位!


フランスのリヨンです。
実は私は方向音痴で、道によく迷います(笑) リヨンでも道に迷ってしまい、10人以上の人に尋ねましたが、返ってくるのはフランス語ばかりで何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。しかし、皆さんの優しさはすごく伝わってきて、いい街だなぁーと感じました。
旧市街の街並みがとても美しく、印象的でした。

第3位は!


デンマークのエーロ島です!
まるでおとぎの国に迷い込んだような島で、とてものんびりしていて素朴な島です。ずーっとこのまま残ってほしい場所です。

続きまして第2位!


モロッコのマラケシュです!
日本とは何もかもが違い、カルチャーショックを受けました。
モロッコを訪れた人は大好きになる人と嫌いになる人がはっきり分かれると聞きましたが、私は大好きになりました。
街の喧騒も人々のちょっとお節介な感じも全てが印象的です。

そして栄えある第1位は!


ギリシャのケファロニア島です!
ここの海の美しさと言ったら、言い表せない程です!
人々の大らかさや優しさは、島特有のもののように思います。
近くにも美しい島が沢山あるそうなので、また訪れたいです。

日本を旅立って5か月半。楽しい事もあれば、大変な事もたくさんありました。
そんな中、このブログやコミュを通じて皆様と旅の出来事を共有できたことは、旅をより充実したものにしてくれました。

また、大変な時も皆様から頂いたコメントに励まされて乗り切ることができました。
皆様のおかげです☆
本当に今年一年ありがとうございました!!
来年もブログやコミュでお会いできることを楽しみにしております☆

新年は1月6日スタートです!
それでは、楽しいクリスマスそして良いお年をお迎えください☆


 

カナダ編 Part.2~ケベック~

2011年12月16日 11:00 テーマ [ 北アメリカ ]

こんにちは!ごえもんです♪

今回は前回に引き続きカナダから、国内で唯一フランス語のみを公用語にしている州、ケベックからお送りします。
この街は建物や文化もどことなくフランスっぽさがある、独特な雰囲気の街です。
気候も私が訪れた時期、日本と同様にカナダもだいぶ寒くなっていました。

日本より一足早く冬が訪れた街中には、アイススケートリンクが出現!
プロ並みにうまい方がたくさん滑っていて、さすが本場だなぁーと感じました。

そして、もう一つカナダの代表的なスポーツにアイスホッケーがありますが、こちらも本場を物語るような看板が!

確認はしませんでしたが、専用の建物があるのでしょうか?

カナダらしいものの次は、カナダらしくないものを。

凧揚げと言えば、日本のお正月の伝統的な遊びの一つですよね。
カナダでも凧揚げをして遊んでいる親子がいました。外国で見るとなんか新鮮!
ケベックは緑が多く、広々としているので、凧揚げ向きの場所がたくさんあります。それで流行っているのかもしれませんね!

街には、日本では見かけない不思議なものが♪
まずは屋根!面白い形のものがたっくさん!

この屋根たち、顔に見えませんか?
意図的なのかはわかりませんが、そう思ったら楽しくなってきて、いつしか顔探しに夢中に。

観光客が足を運ぶような場所を工事する時には、工事現場に掛かっている幕に、工事前の屋根の写真があり、工事してるというガッカリ感を失くしてくれているような気がしました。

民家の屋根も特徴的です!屋根全体がシルバーになっています。
トタン屋根は日本にもありますが、それとはまた違う雰囲気でした。

玄関にあった住所を示す表示にもちょっと面白いものが。

「85 1/2」!?住所で1/2なんて珍しいですよね!
郵便配達の人が間違わないか、ちょっと心配になっちゃいました。

どこの国に行っても電車や塀に落書きがあり、残念な気持ちになることがありますが、ケベックには落書きと呼んでいいのかもわからない程すごいものを見かけました。

橋の上まで描かれているので、依頼されて描かれたものかもしれませんね。

ホテルの部屋に戻ると、電子レンジでできるポップコーンが置いてありました。なので、それを頂く為に電子レンジを操作しようと思ったら、なんとポップコーンマークが!
そのボタンを押すだけで、段々とポップコーンの袋が膨らみ、あっという間にアツアツのポップコーンができちゃいます。

スーパーマーケットには、このような電子レンジでできるポップコーンがたくさん売っていました。電子レンジのワンタッチ操作にまでポップコーンがあるなんて、カナダの方はポップコーン好きなんですねー♪

皆様、先週の記事にもたくさんのコメントをありがとうございました☆
いつもいつも励まされています。記事に書いた国の情報や、日本の様子、楽しい写真など、楽しませていただいています。

私の旅は、まだまだ続きます!
広ーいカナダは回るのも時間がかかります。まだまだ不思議がたくさんありそう!ということで、次回もカナダからお送りします♪


 

カナダ編 Part.1

2011年12月09日 11:00 テーマ [ 北アメリカ ]

こんにちはー、ごえもんです♪
暖かかったヨーロッパに別れを告げ、秋深いカナダへ到着しました。

旅立つ前の計画では、もうちょっと早くにカナダを訪れる予定でしたが、ヨーロッパがあまりにも魅力的すぎてついつい長居してしまいました。

今日も私と一緒に、旅気分&不思議なものを楽しんでいってください☆

あと、今回は記事の最後に、皆さんにお知らせがあります!
ぜひ最後までお付き合いくださいね。

カナダは北アメリカの雄大な自然が広がる国として、日本でもわりと馴染みがあるかと思います。かなり国土が広く、なんと日本の25倍以上!
カナダといったら、森と湖、北の方で見られるオーロラや、スキー・スケートなどのウィンタースポーツ、そしてメイプルシロップで有名な楓でしょうか?

そう!楓といえば、紅葉に間に合うか心配でしたが、遅いながらも素晴らしい紅葉に出会うことができました。
日本ともヨーロッパとも異なる赤・黄・緑の木々を見て、この時季に来られてよかったと心の底から思いました。

紅葉を楽しみながら遊歩道を歩いていると、こんな標示を発見!

わざわざインラインスケートの標示をするなんて、そんなにインラインスケートをする方が多いのでしょうか?
そうそう、自転車の標示もすごいことになっていましたよ。

こんなに書かなくてもわかるよぉーと言いたくなる標示の多さ。

そして街で見かけたもう一つ不思議なものは、このバス停。

カラフルなイスがたくさんバス停の待合室の上に置かれています。
アートでしょうか?落ちないか心配になっちゃうほどの数ですよね。
肝心の待合室にはあまりイスが置かれていなかったです(笑)

地下鉄はというと、車輪がタイヤなので、電車という感じがしませんでした。
継ぎ目がない分、乗り心地が良い気がしましたが、
日本でも同じ形状の電車はあるのでしょうか?

そして乗り入れている路線は上下で乗り換えができる駅が多く、とっても便利!
上下二段になっている様子が見えちゃう地下鉄もなかなか珍しいですよね!

地下鉄を降りて、出口を探していると「NIHON」と書かれている看板を見つけました。

ジャパンではなくニホン。
気になって行ってみると、スーパーや雑貨屋さんが入っているショッピングモールでした。
そこには特に日本的なものがあるわけでもなく、なぜニホンなのか気になって調べてみると、経営されている方のお名前がニホンさんだったのです!
日本とゆかりがある方なのかまではわかりませんでしたが、外国の方でニホンという名前の方がいらっしゃるなんて驚きでした。

この看板何だと思いますか?

さくらんぼのような絵と矢印。この場所は駐車場のような野外です。
一体何を表しているんでしょうね??
考えてみても何かわからなかったので、一緒に考えていただけると嬉しいです!
ぜひ、回答をコメント欄でお願いします♪

あと、ブログを見てくださっている皆様に虹のプレゼント♪

カナダは虹が出やすいのか、虹をよく見ます。虹って幸せな気分になりますよねー☆
色が薄い虹はアートフィルターのポップアートで魔法をかけます。
すると、あらっ不思議!くっきりキレイな虹が微笑んでくれますよ。
是非試してみてください♪

さてさて、冒頭でも触れた、お知らせの発表です!!

いつもブログを見て下さる皆様に感謝の気持ちを込めて、世界各地で見つけてきたお土産をプレゼントしちゃいます!
ブログの連載を開始した7月15日(金)から12月14日(水)までにコメントを下さった方の中から抽選で5名様へのプレゼントとなります。当選発表は、発送を持って代えさせていただきます。

今からでも間に合いますので、たくさんコメントに投稿してくださいねー!

ほんの少しだけ、プレゼントの内容をご紹介。

・・・ん?これじゃ何だか、よくわからないって?
今回のプレゼントはサプライズにしたいので、どんなものになるのかは、届いてからのお楽しみです☆
もちろん、ここで紹介したもの以外にもいろいろ用意していますよ♪

では、次回もカナダからお送りしまーす!
皆様の今日が楽しい日でありますように☆


 

ポルトガル編

2011年12月02日 11:00 テーマ [ 西ヨーロッパ ]

こんにちは!ごえもんです☆
ちょっとアフリカ大陸へ寄り道をしましたが、今回はヨーロッパに戻りポルトガルからお伝えします!

これまでずっと旅をしてきたヨーロッパもいよいよ最後の国となりました。
何事もなく、無事にここまで来られたのは、奇跡なのか、普段の行いが良かったためか、なんとか皆様に見守っていただきながら無事にここまで来ることができました。

ポルトガルといえば、かつて日本と初めて接触を持ったヨーロッパの国で、大航海時代のバスコ・ダ・ガマやマゼランなどがおなじみですね。
みなさんは、ポルトガルにどんなイメージをお持ちですか?
私が実際に行ってみて感じたのは、ポルトガルの人々は黄色が大好きなのかな!?ということでした。

壁も路面電車もバスも黄色のものがたくさん!
黄色と言っても淡い黄色で、見ているだけでハッピーになるような色です。
ポルトガルの方もそんな想いでこの色を使っているのでしょうか?

そういえば、これも黄色ですね!

一時期日本でも流行ったエッグタルト!地元の方にとっては定番のおやつとして、沢山のお店で売られていました。
現地の言葉では、「パステル・デ・ナタ (Pastel de Nata)」もしくは、「パステル・デ・ベレン」と言われていて、ジェロニモス修道院の修道女が考え出したと言われています。
ちょっと焦げちゃってますがとってもおいしくて、まさにハッピーになれました♪

そしてもう一つ食べ物でとってもおいしかったのが、この写真の上側に写ってるもの。見た目はちょっとイマイチで、何だかよくわかりませんよね。
お店の方がとにかく食べてみなさい!と自信満々に言うので、恐る恐る食べてみると、これがまた絶品!!!

このお料理は、パンを潰してそこにコリアンダーを混ぜたものだそうです。
コリアンダーというより、パクチーと言った方が日本には馴染み深いでしょうか?パクチーというとアジア料理のイメージがありますが、コリアンダーはパクチーを乾燥させて作った香辛料で、ポルトガル料理ではコリアンダーをよく使います。そして日本にコリアンダーが伝わったのは、ポルトガルからだそうです。
今までのヨーロッパ料理とは、全く違う不思議な味わいでした。

そしてヨーロッパの締めくくりに相応しい場所に行こうと、思い立ったのがユーラシア大陸の最西端、ロカ岬!
リスボンからそんなに遠くないことがわかり、公営のバスに乗って、行ってみることにしました。

途中で運転手さんが通りにある屋台の人に人差し指をあげて何か合図を送りました。
バスはそのまま走って通り過ぎましたが、しばらくして見覚えのある道だなと思ったら先ほどの屋台があった道。
なんで二周目??と不思議に思っていると、屋台の前で扉が開き、運転手さんに食べものが手渡されました。

なんと先ほどの合図は、ごはんの注文だったのです!
運転手さんは運転を続けながら、ごはんを頬張っていました。
地元の方もたくさん乗車していましたが、誰一人として咎める人はいませんでした。
日本ではあり得ないシチュエーションに驚いてしまいましたが、こういうゆったりとした時間の流れもいいですよね。

さて、バスに揺られてたどりついたロカ岬は「地の果て」という言葉がぴったりくる雰囲気。見渡す限り、大西洋の水平線が広がっています。

かつてここで海の向こう側を想像し、希望を求めて船出した人がいるかと思うと感慨深いものがあります。
私自身もヨーロッパの旅を振り返るのに、とても良い時間を持つことができました。

そして、ユーロともお別れ。
コインを整理していると、面白いことに気づきました!裏側のデザインがものすごく多様なのです。

発行国によってデザインがバラバラなんですね!
沢山の異なるデザインのコインを見て、色んな国を旅してきたことを改めて実感しました。
ヨーロッパは本当に魅力的な場所で、まだまだ見足りないというのが正直なところです。またいつか、ヨーロッパを旅してみたいと思います。

そして後ろ髪を引かれながらアメリカ大陸へひとっ飛び!次回はカナダからお送りします!

そうそう!フォトパス感謝祭もうすぐですね!!寒い冬も感謝祭に行けば、あったかくなれるはず!12月4日(日)はフォトパス感謝祭で楽しい一日をお過ごしくださいね☆