見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 旅行&旅の写真投稿ページ >

不思議世界図鑑 ごえもんときめきレポート

不思議世界図鑑 ごえもんときめきレポート

カナダ編 Part.6~バンクーバー~

2012年01月27日 11:00 テーマ [ 北アメリカ ]

こんにちは!ごえもんです♪
カナダを東から西へと1か月ほどかけて旅をしてきましたが、いよいよ最後の都市バンクーバーに辿りつきました!

バンクーバーといえば、2010年に冬期オリンピックが開催されたことがみなさんも記憶に新しいことと思います。都会でありながら豊かな自然に囲まれていることから、林業や観光業が盛んで、カナダで3番目に大きな都市圏とされています。カナダ最大の港「メトロバンクーバー港」があり、昔から交易の街として栄えてきました。

公園をお散歩していると、なにやら海の方に人だかりができていました。ならば私も、と見に行ってみると、なんとそこにはカワウソがっ!!

食べているお魚は、与えられたものではなく、カワウソが海に潜って捕ってきたものです。
ジャスパーは、国立公園になるくらいなので野生動物は納得ですが、こんな都会なのに野生動物がいるなんて!カナダは国全体が、都会と自然が融合しているんだなぁということを実感した出会いでした。

動物と言えば、街中でこんな巨大スズメを発見!

オリンピックの選手村があった場所らしいのですが、なぜスズメなんでしょう??とても不思議ですね。

そうそう、昔、トルコ・イスタンブールの回で「OTOSAN」と書かれた車をご紹介しましたのを覚えていますか?
なんと、大西洋を越えたカナダのバンクーバーにも家族がいましたよ!

それは、あんさんです!
トルコには「OBASAN」も走ってると教えて下さった方がいましたが、どうしてこうも日本の呼称と共通の言葉が書いてある車が色々な場所にあるのでしょうか?とっても面白いですね!

車でもう一つ面白かったのが、このバスです!

バスが謝ってる!?
実はこれ、回送のバスで「SORRY」の後に「OUT OF SERVICE」と表示されます。「SORRY」だけ書いてあると、なんだかカワイイです♪

また、乗り物といえば、バンクーバーには、日本では珍しいこんな乗り物があります。下の写真がその発着地なのですが、どんな乗り物だと思いますか?

正解はこれ!

水上飛行機です!
船だと結構時間がかかるバンクーバーからビクトリアも、30分くらいで着いちゃうそうです。水鳥が飛ぶように、水面で徐々に加速して飛び立ちます。
飛んでいる様もかわいくて、日本でも流行ればいいのになんて思っちゃいました。

歩いているとこんなものを発見!

家の形をしていますが、はしごもなく、上に登ることはできなそうです。
遊歩道に突如建っているのですが、何のために立っているのか不思議でした。

公園ではこんな優れものを発見しました。

キッズドライヤーと書いてありますね。
そう!これは公園で水遊びをした子供たちのためのドライヤーで、右側にあるボタンを押すと、温かい空気が出てきて乾かしてくれるのです!
なんて親切な公園でしょうか!これがあれば親御さんも安心して子供を遊ばせられますね♪

バンクーバーは世界の住みたい街ランキングの上位にいつも入っているそうです。
それが頷けるような、自然と調和・生活しやすい工夫などが素晴らしい街でした。

6回にわたってお送りしたカナダ編も、今回で最後。なんだか名残惜しい気もします。カナダの人の良さや自然の美しさに触れて、どんどん好きになってしまったみたいです。
また違う時期に再度カナダに訪れることを心に誓って・・・。

次回はメキシコからお送りします!
それでは、また来週☆


 

カナダ編 Part.5~ジャスパー~

2012年01月20日 11:00 テーマ [ 北アメリカ ]

こんにちは!ごえもんです♪
カナダ横断列車に揺られてやってきたのは、ロッキー山脈ふもとの町、ジャスパー!

ジャスパーにはカナディアンロッキー最大の「ジャスパー国立公園」があり、なんと10,878平方キロメートルもある手つかずの大自然が残っています。コロンビア氷原から流れ出したきれいな水をたたえた沢山の氷河や湖、峡谷が点在する雄大な公園で、ユネスコ世界自然遺産にも登録されているんですよ。

私もここで待望の野生動物に会えるかもしれないと、わくわくしながら駅を出ると・・・おや?謎の箱を発見!

なんだろう?と開けてみて判明。
これはゴミ箱でした!
でも、このゴミ箱、ただのゴミ箱ではなく、ある工夫がされているんです。

左側の写真、ゴミ箱の右側面に、丸いシールが貼られているのが見えるでしょうか?(クリックして、拡大してみてください)・・・そう、クマのマーク!
右側の写真と併せてご覧いただければわかるかと思いますが、クマが開けられないように、溝に手を差し込まないと開かないような造りになっているのです。
人間と野生動物が近い場所で暮らすのは難しいことなのかもしれませんが、こういう風に工夫することで共存してきたのですね。

ナンバープレートやヒッチキャリアにも、カナダならではの動物たちが隠れていて面白いです♪ここでは、動物も生活の一部なのですね。

野生動物を探してジャスパーの町をしばらく歩き回りましたが、さすがに町中なので、本物にはなかなか遭遇することができません・・・。
訪れた時期はもう冬に近かったので、山の方に帰ってしまったのかなぁー、と残念に思っていたその時!!

目の前に動物がっ!!
ヒツジの一種でしょうか?
車に気を遣うこともなく悠々とお散歩中♪

車に乗っている方は、クラクションを鳴らすなどして動物を驚かせることもなく、ただただ動物が渡り終えるのを待っていました。
ここでは、それが当たり前なのかもしれませんね。
野生の動物に会えるなんて本当に感激でした!

近くの散策路には、こんな不思議なものがありました。

石が綺麗に積んであります。
この周りには特に何があるというわけではなく、何の為のものかわかりませんでした。ごえもんは、近くにトーテムポールもあったので、先住民の方々がここで神への祈りなどの儀式を行うのでは・・・と想像しました。
皆様は何だと思いますか?

もう一つ不思議なものがありました。

道路標識に「NEW」の文字。
不思議に思って通ってみましたが、道も橋も新しい感じはしませんでした。
一体何のための標識なんでしょう??何が新しいのでしょう??

これはてるてる坊主ですよね!?まさかカナダで見かけるとは!! この家でしか見かけなかったので、たまたまかと思いますが、それでも異国でてるてる坊主を見つけるなんて・・・ちょっと驚きと懐かしさで日本を思い出してしまいました。

もう一つ面白かったのが、これ!

トラックが、家を運んでます!
一軒まるごと運んでしまうなんて大胆ですよね。
これならお引っ越しするのもラクかもしれませんね!

夏にはもっとたくさんの動物に会えるみたいなので、今度はぜひ夏に訪れてみたいと思います♪
次回はいよいよカナダ横断の終着地点、西海岸へ!ジャスパーとは一転して都会の街・バンクーバーからお届けします。

それでは、また来週☆


 

カナダ編 Part.4~列車でカナダ横断!~

2012年01月13日 11:00 テーマ [ 北アメリカ ]

こんにちは!ごえもんです!
今週もカナダからお送りします♪

カナダの国土は日本の25倍以上あるというだけあって、地図上ではすぐ近くに見えても、実際に行ってみると結構時間がかかります。
でも・・・それもカナダを楽しむ醍醐味だ!と思い、列車で東から西へとカナダを横断することにしました。

カナダの路線は、客車よりも貨物列車が多いのではないかというくらい、たくさんの貨物列車が走っています。
列車は通り過ぎるのに何分もかかるほど長く、木材や石油などありとあらゆるものを運んでいます。

こんな大きいものまで運んでしまうなんて凄いですよね!
線路でしょうか?重そうな鉄骨!

中にはコンテナが2階建てになっているものもありました。

このパワーで広い国を支えているんですね。
私が乗ったのは右側に写っている列車です。VIA(カナダ大陸横断鉄道)と言って、トロントから太平洋岸のバンクーバーまで4,466kmもある、ながーいながーい鉄道!今回は、バンクーバーまでではなく、ロッキー山脈の麓の街、ジャスパーまでの旅です。

折角なので、列車の中を少しご紹介します♪
2泊3日も車内で過ごすのは飽きてしまうのではないかと心配しましたが、列車には食堂車や展望車が付いていますし、なんと言っても景色が美しく、飽きるどころかもっと乗っていたいぐらいでした。

お食事をとる時は、乗り合わせた方々と相席です。
乗客はカナダの方がほとんどだったので、たくさんカナダのことを聞くことができました。野生のクマに会ったことがあるか聞いてみたところ、多くの方が「会ったことがある」と仰っていました。運がよければ、列車の中から野生動物を見ることもできるそうです。

そうそう、2泊3日ずっと車内にいるわけではないですよ。長く停車する駅では、外に出て街を歩き回るくらいの時間もありました!
列車の中では気づきませんでしたが、外はかなり寒く、葉っぱも凍るくらいです。

街を散策しているとどこからか変わった鳴き声が!
ここで鳴き声クイズ!この鳴き声は何の動物でしょうか?

正解は・・・

そう!リスでした!かわいらしいですね♪
カナダでは、山ではもちろん、街中でもリスをよく見かけます。
リスがいる代わりにネコはあまり見かけません。
日本の都会では不思議な感じですが、カナダでは普通なんでしょうね。

ちなみに、この動画もE-P3で撮っています。
PENの動画ならこんな遊びもできちゃいますね♪

列車はどんどんロッキー山脈へ向けて進んでいきます。

徐々に空は暮れて行き、森の中に響くのは、列車が走る音と近づいては遠ざかる踏切の音だけ。
まるで銀河鉄道にでも乗ったような不思議な感覚でした。
飛行機でひとっ飛びも悪くはないですが、旅情という言葉がぴったりとくるような鉄道の旅もオススメです。

野生動物に会えることを期待しつつ、ロッキー山脈の麓の街ジャスパーで下車!

果たして野生動物に会うことはできるのでしょうか!?
その結果は次回、ジャスパー編で!

日本も寒くなっているかと思いますので、皆様、風邪などひかないよう温かくしてくださいねー!
それではまた来週☆


 

カナダ編 Part.3~トロント~

2012年01月06日 11:00 テーマ [ 北アメリカ ]

新年あけましておめでとうございます、ごえもんです!
みなさん楽しいお正月を過ごされたでしょうか?
今年も世界各地で見つけた不思議や面白いものをご紹介していきますので、どうぞよろしくお願いいたします☆

去年に引き続きカナダから、新年第一弾のときレポをお送りします♪

今回訪れたのはトロント。前回訪れたケベック州から南下して、カナダの首都オタワを飛び越え、その西南にある五大湖を臨む街です。
カナダ最大の都市というだけあって、中心地はビルが立ち並び、都会的な雰囲気!

しかし、中心地を少し離れると、先ほどの都会的な街並みとは一変した雰囲気になります。
大きな都市には他国からもたくさんの人が集まるらしく、『リトル○○』と呼ばれる各国のコミュニティーエリアが点在しているんです!
たとえば、『リトルコリア』なら韓国料理屋さんや韓国の食材屋さんなどがあり、看板はハングル文字が踊ります。
道を一本隔てただけで違う国に来たかのような不思議な感覚です。

上の一番大きな写真、リトルイタリーの看板の後ろに電柱が見えるかと思いますが、日本と違う感じがしませんか?
トロントの街中には、何これ?という感じのとてもユニークな電柱がたくさんあって面白いんですよ。

トロントは、まさに『ユニーク』という言葉がピッタリ!
そのユニークなものを紹介します。
まずは、タクシー!

とってもカラフルで目立ちますよね!これならすぐに見つけられそうですね。

さらに、自転車もカラフル!全部を同じ色にするのが流行りみたいで、タイヤまで塗ってあります。最後の一枚は自転車の形をした自転車止めですが、これも全部が同じ色で塗ってあってカラフルでかわいいんです♪

街中にもユニークなものが!

一枚目はお絵かき教室をされているのかなと想像がつきますが、二枚目のヘラジカはなんでしょう??

そしてこの下の写真は、一見、何の不思議もないように見えますが、黄色い車をよく見ると「SCHOOL BUS」と書いてあります!

普通、スクールバスは民家に駐車されていないですよね・・・。なぜこんなところに停まっているのか、とても不思議です。

車もすごいことに!

全体に木が植えられて、車を使った盆栽になっています。
これを見つけた場所が、全体的にアーティスティックなものが多い地区だったので、これもアート作品だと思いますが、街中にいきなり置かれているなんて日本ではなかなか見られない光景ですね。

そうそう、最近、街をアートフィルターのジオラマで撮ることにハマっています!
今回の写真の中にもジオラマで撮った写真が何枚か入っていますが、普通に街をジオラマで撮ると、周りをぼかしたような写真になるので、撮りたいものだけはっきり写すことができますよ。ごちゃごちゃした街中にピッタリだと思います。
人が多い場所でも威力を発揮してくれそう!

トロントは不思議な発見が多く、カメラを片手にお散歩するのがとても楽しい街でした。
次回は2泊3日の鉄道の旅をお届けします!
お楽しみにー☆