見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 旅行&旅の写真投稿ページ >

不思議世界図鑑 ごえもんときめきレポート

不思議世界図鑑 ごえもんときめきレポート

メキシコ編 Part.4~オアハカ編その1~

2012年02月24日 11:00 テーマ [ 北アメリカ ]

こんにちは!ごえもんです☆
今回はメキシコシティー近郊の街オアハカからお送りします。

オアハカ、といっても、日本人にはピンとくる街ではありませんよね。
しかし!ひとつ、馴染みがあるものがありますよ。それは、オアハカチーズ!
オアハカチーズは、きし麺状のチーズが毛糸玉のようにまとめられた形で売られています。原料は牛乳で、何と言っても最大の特徴は、縦に繊維状にほぐれる不思議な食感・・・そう、裂けるチーズのモデルになったのが、このオアハカチーズなのです!

さて、これで、オアハカが少しは身近に感じていただけるようになったでしょうか?
では、肝心の街の様子をご紹介。

オアハカには、コロニアル様式と呼ばれるスペイン統治時代の街並みが今も残っており、歴史地区は世界遺産になっています。家々は低層でとってもカラフル!

なんと外壁を家主が自分で塗っている家がありました!

カラフルなのは壁だけではありません。 街やお店に掲げられた旗もカラフル!

この旗をよーく見ると絵になっているのが見えますでしょうか?
これはパピルペカードと呼ばれる薄い紙やビニールでできた切り絵で、お祭りやお祝いなどがある時などに飾られるものだそうです。
この切り絵にはお花や鳥などたくさんの種類の絵柄が描かれていますが、中でも特筆するべきはコレ!

そう!ガイコツです!
メキシコには「死者の日」と呼ばれる、家族や親戚、友人などで祖先の霊を祀る日があります。日本のお盆みたいですよね!

死者の日には街はガイコツモチーフのもので溢れます。
いくつかご紹介します♪

怖いというよりは、愛嬌があってかわいらしいですよね!
厳かにと言うよりは明るく死者を想い、祝う日みたいです。

私が訪れた時にはもう死者の日を過ぎていたので、街中でお祭りをやっていたりはしませんでしたが、お祭りの名残と言えるようなものを街中で発見!

横の女の子や周りの車とサイズを比べて見ると大きさがお分かりいただけると思います。どうやってお祭りで使うのかはわかりませんが、こういった人形がたくさん練り歩くのかと思うと面白そうですね!

面白いと言えば、天使のオブジェの顔です。

ジャジャーン!眉毛!?ひげ!?お化粧!?
こんな天使みたことないですよね!!なぜこういう風になったのでしょう?他の国では考えられない驚きの天使です!

教会にも不思議な像がありましたよ。

何をやっているところを模したものかいまいちわからない像。
持ってるものが網焼き器のように見えるのは私だけでしょうか?

そして十字架も普段目にするものとは違います。

カタカナの「キ」のような十字架ですね。色々な国を周ってきましたが、この十字架は初めて見ました。
どなたか、起源や意味をご存じの方はいらっしゃいますか?ぜひ、コメント欄を使って教えてください♪

オアハカには面白いものがまだまだあります!
また次週もオアハカからお送りしまーす!
それではまた♪


 

メキシコ編 Part.3~道路で見つけた不思議なもの~

2012年02月17日 11:00 テーマ [ 北アメリカ ]

こんにちは!ごえもんです♪
今週もメキシコからお届けします!今回は、ちょっと趣向を変えて、道路で見つけた不思議なものをご紹介します。
メキシコの道路には、不思議がたくさんありました!

まず驚いたのは、高速道路。
日本だと、高速道路は高架線になっていたり、郊外にあったりして、それも高い壁で区切られていて通行する車以外は簡単に立ち入れないようになっていますが、メキシコの高速道路はすぐ近くに民家があり、道を横断する人までいるんです!
まさかの光景にとっても驚きました。

また、道路沿いにある看板や建物がとってもユニーク!
前回ご紹介したテオティワカン遺跡に向かう途中、見つけたのはこんな看板。

電話番号と思われる番号だけ書かれていて、その他の情報は一切ありません。
しかも、こういう広告が1つだけでなく、道路脇にたくさん並んでいるんです。
これを見て電話をかける人がいるのでしょうか??
とっても不思議です!

次に見つけた不思議なものはコレ!

カメの頭みたいなものがついているのですが、周りに何か関係あるような建物や施設は特になく???実態は謎のまま。皆さんは何だと思いますか?
貯水タンクかなと思いましたが、これとは別に「AGUA」と書かれた井戸のようなものを見つけました。

スペイン語で「AGUA」は「水」の意味なので、貯水タンクはこちらっぽいですよね。これが高速道路の脇にいくつもあって、道端はAGUAだらけでした。
それにしても、なぜ、こんなにたくさんのAGUAがあるのでしょう?何か理由があってのことだと思いますが・・・。これも謎です。

カメの建造物が一体何なのか、なぜこんなに沢山のAGUAがあるのか、思いついた方は、ぜひコメント欄で教えてくださいね♪

メキシコにはルイス・バラガンという私の敬愛する建築家がいました。
バラガンは建築の他に住宅開発や都市計画などの活動も行い、彼の作った抽象的・幾何学的な作風の建築物は世界中で愛されています。その中で、独特の鮮やかな色づかいや、溶岩やメキシコ独自の植物を使った庭園など、自国の文化をとても大事にした作品も多く遺しています。

そのルイス・バラガンの作品の中で、道にそびえ立っている不思議な作品があるのでご紹介します!

正面から見ると三角形ですが、横から見ると・・・

ただの壁に見えますね。

見る角度によっては、見えるものと見えないものがあったり、それぞれ全く違う雰囲気が味わえて面白いんですよ♪

また、道路にはたくさん行商の人が歩いています。
主にメキシコシティーで見られるのですが、信号で停車したとき、色々なものを持った行商の人が、怖がる様子もなく車と車の間を歩いているので、びっくりします!

おもちゃのギターや綿あめを持って、車に乗っている人たちに売り歩いている人を見ました。何ともたくましいっ!と思っていたら、もっとたくましい人が!

車を磨いてあげていますが、ドライバーさんに頼まれたわけではなく、勝手に磨いているんですって!
そしてキレイになったでしょ?とチップをもらうそうです。
他にも大道芸人さんが横断歩道でいきなりショーをはじめたりと、信号商売は活況でした。

メキシコシティーは、通りの名前も面白いんですよー。

世界の都市の名前が通りの名前になっていて、パリの隣にマドリッドがあったりするんです。

日本ではありえないことが次々と目に飛び込んできて、メキシコの魅力にはまり中です☆
次回はメキシコシティーから離れ、オアハカからお届けします!


 

メキシコ編 Part.2~テオティワカン遺跡~

2012年02月10日 11:00 テーマ [ 北アメリカ ]

こんにちは!ごえもんです!
メキシコシティーからちょっと郊外へお出かけ♪それではしゅっぱーつ!

メキシコに行ったら絶対行くと心に決めていたのは、テオティワカン遺跡です。
テオティワカンは、世界遺産に登録されている古代都市の遺跡。「世界で3番目に大きいピラミッド」と言われている太陽のピラミッドと、それとほぼ同じ高さの月のピラミッド、そして、2つのピラミッドを繋ぐ死者の大通りなどから成る、紀元前2世紀から6世紀頃まであった都市です。約15万~20万人くらいが暮らしていたそうですよ。

周囲に何もないところから、いきなり巨大ピラミッドが現れるのでびっくり!紀元前にこんな都市が栄えていたなんて、すごいですよね!

このピラミッド、登ることができるんですよ!
ピラミッドはとても傾斜がきつく、手をつかないと登れないほどです。

やっとの思いで頂上に登ると、みんな同じところを触っていました。
何をしているんでしょう?

聞いてみると、ここには銀のカケラが埋め込まれていて、触りながら願いごとを言うと願いが叶うと言われていると教えてくれました。

ですが、願いごとは大きい声で言わなきゃいけないらしいんです。
大きい声は恥ずかしかったので、小さい声になっちゃいました。
願いごと届いたかなぁ。

もっとすごい方たちは、手を太陽の方に掲げてお祈りをしていましたよ。

色んな場所で手を挙げている人がいる姿は他では見ることができない光景です。
さすがパワースポット!

そんなパワースポットで目を疑うようなお洋服を着ている方を発見!

ビンボーって・・・。
実はこれ、メキシコにBIMBOという食品会社があって、そこがメキシコリーグのサッカーチームでスポンサーをしているために、ユニフォームにBIMBOと書かれてるそうです。
思わず笑っちゃいました。

その後、今度は人だかりを発見!
おじさんの周りに人が集まっていたので覗いてみると、おじさんはサボテンを取り出しました。

サボテンに白いものがついてますね。
おじさんがこれを取り、白い紙に塗りつけました。すると・・・

一瞬で白から赤に色が変わりました!!!
この白いものはエンジ虫という虫で、これを乾燥させて潰すと、このような鮮やかな色がでるそうです。この赤い色はコチニール色素という着色料として、日本でも結構使われているそうです。
まさか、虫から抽出した色素があるなんて驚きですね!

そして驚きといえば、もう一つ。
サラダなのですが、この緑のものは何だと思いますか?

正解はサボテンでした!
めかぶのようにヌルヌルとしていて、結構おいしかったです♪

もうひとつ食べ物ネタを。
メキシコはコーラの消費量が世界一!
暑い国なので、炭酸飲料が好きなのも頷けますが、理由はそれだけではなく、アメリカのものと甘味料が違うため、おいしいという噂が・・・。
アメリカのコーラはトウモロコシ由来のシロップが使われているのに対し、メキシコのものはサトウキビから作られた純粋な砂糖が原料なので、後味がすっきりしているそうですよ。

さらに、こちらではコーラは病気にも効くと言われていて、お医者さんが「コーラ飲んでねー」と言う事があるとか??

メキシコは知れば知るほど面白い国!
面白いものが多くて、お伝えしたいことが山ほどです!
来週もメキシコからお届けします♪
それではまた来週☆


 

メキシコ編 Part.1~メキシコシティー~

2012年02月03日 11:00 テーマ [ 北アメリカ ]

こんにちは!ごえもんです!
名残惜しさを感じつつもカナダとお別れし、メキシコに到着しました!

一般的にメキシコで有名なものやイメージといえば・・・サボテンにタコス、テキーラ、コロナビール、大きな帽子のソンブレロ、それを被った楽隊のマリアッチ、観光名所でいえば古代アステカの遺跡などがあげられるでしょうか。

メキシコは治安が不安だったのですが、聞くのと見るのとでは大違いで、人びとがとても温かい国なんです。今回はメキシコシティーからお送りします♪

早速ですが、ここでクイズ!
着いてすぐに不思議な表示を発見!これは一体なんでしょう?

正解は、電車の路線図でした!

スペイン語だと駅名を覚えておくのも大変ですが、これなら行きたい駅の絵だけを覚えていればいいので、簡単です♪
駅名は全てその場所にちなんだ絵になっていて、例えばその駅の周辺に噴水があればそこの駅の絵は噴水だったりします。

路線ごとに色が決められているので、乗り換えもとってもわかりやすいです。初めて乗る人も安心して電車が利用できるような、人に優しい路線図ですね。
東京の地下鉄路線図は、普段使っている人も迷うくらいなので、外国の方はきっと苦労しているんだろうなぁ、と思ってしまいました。

街にも不思議がいっぱい!まずは、露店のおじさん。

何を売っているのかと思ったら、靴ひもです。色んな種類があって、選ぶのも楽しそう♪だけど、こんな道端で売れるのかしら??

次に見つけたのが、こちら。

色々なデザインや形の車のパーツが並んでいます。
この写真で、店頭にぶらさがっているのは車のホイールカバーですね。それぞれ違う形で、こうやって並んでいるととってもおしゃれ☆
好きなパーツを選んで自分の車を手軽にドレスアップできるなんて、楽しそうですね。

標識で面白いものも見つけましたよー!

何の絵なんでしょう?
絵だけではわからなかったので、書かれている文字を翻訳してみました。すると「消防士ゾーン」と書かれていて、駐車禁止の標識であることがわかりました。
書いてあることがわかってから見返しても、不思議な絵ですよね。

スーパーマーケットで、日本語発見!?

中には氷も入ってるし、HIELOって冷えろ!?と思ったら、HIELOはスペイン語で「氷」って意味なんだそうです!
なんか面白い繋がりですよね♪

これは勘違い日本でしたが、本当に日本のものもありました。

それがコレ!

お着物を着た女性の絵と「NISHIKAWA JAPONES」の文字。
気になったので購入してみると、中身はナッツが入ったおせんべいでした。電車の売店などでも売られていて、人気商品みたいです♪
暑い国でなぜおせんべいが人気なのでしょう??理由はわかりませんが、久しぶりの日本の味を頂けて嬉しかったです!

歩いていると、どこからか音楽が♪
楽しそうな雰囲気に導かれて行ってみると、、

ダンスパーティーをしていました☆
ここはなんと普通の公園です!朝見かけて写真を撮ったのですが、夕方帰りにそこを通ると、まだ踊っていました。

そして広場では、もっとすごいお祭り騒ぎ!

特にお祭りというわけではなくて、休日はこれが普通なんだそうです。
メキシコ人は陽気というイメージにピッタリの光景でした。

教会でも不思議なものを見つけました!

人のパーツがかたどられたチャームがたくさん壁に飾られています。
どんな意味があるのか聞いてみると、自分が病などで治したい部分に願いを込めて身に着けていたものを、願いが叶った方が教会に納めるものだそうです。

日本のお礼参りのようなものでしょうか?
同じような風習があるなんて面白いですね!

次回はメキシコシティーから郊外へお出かけして見つけた不思議をご紹介します♪
それではまた来週お会いしましょう☆