見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 旅行&旅の写真投稿ページ >

不思議世界図鑑 ごえもんときめきレポート

不思議世界図鑑 ごえもんときめきレポート

ロサンゼルス編

2012年03月09日 11:00

こんにちは!ごえもんです!
今回はメキシコから移動し、アメリカへ!ロサンゼルスからお送りします♪

ロサンゼルスはアメリカ合衆国の中で、ニューヨークに次いで全米2位の人口を持つ大きな都市。ハリウッドや本場のユニバーサルスタジオがあり、リゾート地としても人気の街なので、行ったことがある方が割とたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

まず発見したのは、縦型信号!

日本でも雪の多い地域は縦型だったりしますよね。
でもこの温かい地でなぜ縦型なんでしょう?
しかも右側の信号なんて5灯もあります。う~ん不思議。

しばらく歩くと銀色に輝く不思議な建物が!
ステンレスでできているのに柔らかい曲線を描くコレはなんだと思いますか?

正解はコンサートホールでした!アーティスティックですよねぇ!
全貌はこんな感じ♪

フランク・ゲーリーという建築家の設計で、この方の建築物は神戸のメリケンパークにもあるんですよ!「フィッシュ・ダンス」という魚のオブジェです。見たことある方もいらっしゃるかもしれないですね!

駅で電車を待っていると、誰かに見られているような妙な気分・・・。恐る恐る振り返ってみると・・・

ひぃぃぃーーっ!沢山の目がっ!!!
シャッターに描かれたものですが、これだけ見られていると、悪いことをしているわけでもないのに、なぜかドキドキしちゃいます。

バスにも不思議がありました。

バスの前に自転車がついてます。
これはバスに乗っている人のもので、自転車を持っていてもバスに乗れるようになってます。疲れてしまったら、バスに乗れるなんて便利ですよね!

だけど、この自転車だとバスには乗れないかな。

じゃじゃーん!ワンちゃん専用自転車!
カゴにワンちゃんを乗せていることはありますが、これはもう別格ですね!

乗り物つながりで見つけたもう一つ面白いものがコレ!

パンツ型ブランコ!
これなら小さい子でも落ちることがなく、安心かも!

ロサンゼルスにはリトル・トーキョーという日本人街があるので、日本食を食べに行ってみました。
日本人の為のものかと思いきや、現地の方も結構来てにぎわっていました。

そして驚いたのは、お箸の使い方がとても上手なこと!

みなさんとても器用に使いこなしています。
久しぶりにお箸を持った私の方が下手だったかも(笑)

ファストフードももちろん沢山あります。
マクドナルドがあったので、近づいてみると・・・

んん??なんか普通のマクドナルドと違うかも??
不思議に思ってもっと近づいてみると・・・

ドナルドじゃないキャラクター!これはマクドナルドの類似店!?
と思ったら、マクドナルドの発祥の地が近いらしく、初期はこのキャラクターとデザインだったらしいです。
まだこのキャラクターを残している店舗があるなんて面白いですね!

次回は最終レポート地、ハワイから日本に温かい風をお送りします♪
それではまた来週☆


 

メキシコ編 Part.5~オアハカ編その2~

2012年03月02日 11:00

こんにちは!ごえもんです♪
気がつけばもう三月!東京はすごい雪が降りましたが、そろそろ、日に日に春の足音が聞こえてくる時季ですね。
今回も不思議いっぱいのメキシコ、オアハカからお届けします!

前回のオアハカ編でカラフルな家のことをお伝えしましたが、車もカラフルなものが多いです。中でも目立つのがコレ!

フォルクスワーゲンの旧ビートルです。日本や他の国ではあまり見かけなくなりましたよね。ですが、ここでは旧ビートルがすごく沢山走っているんです。
不思議に思って聞いてみたところ、ドイツで生産が終了したあともメキシコでは作り続けられていた為、多く見られるそうです。
壁のカラフルさにこの旧ビートルがとても合っていますね♪

そしてナンバープレートもカラフル!
なんでイタリアンカラー!?と思ったら、メキシコの旗も同じ色の配色でしたね!
真ん中の紋章だけがイタリアの国旗との違いかと思いきや、大きさやそれぞれの色に込められた意味なども違うんですよ。
緑は独立・希望、白はカトリックへの信仰心、赤は民族の統一を表しているといわれています。紋章に描かれているワシは「太陽の力」を、ヘビは「地の力」を象徴していて、古代アステカの伝説に由来しているんだそうです。

メキシコではレストランに行くと、パンの代わりにトルティーヤチップスが出てきます。

日本でもスナック菓子としても有名ですよね。熱々のチーズをたっぷりかけてもおいしいですね♪

上の写真のスープに入っている赤いものは唐辛子!メキシコ料理は辛いというイメージを持たれている方も多いかと思いますが、やはり唐辛子を使っているものが多かったです。写真でもわかるように、丸ごと入っているなんてことも!

オアハカはメキシコの中でも料理がおいしいと言われています。中でも有名なのがこの黒っぽいソースのモーレネグロというもの。
このソースの素材は何だと思いますか?

実は、チョコレートなんです!
お料理にチョコレートなんて美味しくなさそうと思われるかもしれませんが、甘くないチョコレートにスパイスなどを混ぜて作られたソースなので、意外とお肉などにも合うんですよ!

そしてメキシコと言えばテキーラ!

しかし、テキーラと言うのは産地や製法など様々な基準があって、基準をクリアしないものはテキーラではなくメスカルと呼ばれています。
それを知らなかった私は、店員さんに促されるままにメスカルを頼むことにっ!!
舐める程度でも喉が熱くなりましたが、幸いライムが甘くて助かりました。
みなさん!メキシコに行かれる際は気を付けてくださいね♪

おなかいっぱいになった後は腹ごなしも兼ねてお散歩☆
広場にはおもちゃや洋服など沢山の露店があります。
お店を見ているとこんなものを発見!

なんと豚の貯金箱です!豚の貯金箱は日本だけのものかと思っていましたが、メキシコにもあるんですね!
日本との違いは派手な色合いでしょうか。豚の貯金箱一つとってもお国柄が出ています。

夜にたくさんの人が集まっていたので、近づいてみると・・・。

道の真ん中で映画会が行われていました。
町中で、屋外での映画上映!この様子からして、わりと日常的に行われている感じがしますが、なんだか自由でいい雰囲気です♪誰でも見ることができて、みんなでわいわい気軽に映画を楽しむのがメキシコ流でしょうか。

中南米には初上陸で、怖いイメージもあったのですが、実際には笑顔の似合うステキな国でした。行ってみないとわからないことってたくさんあるものですね!

次回はメキシコを離れ、アメリカへ!ロサンゼルスからお送りします♪


 

メキシコ編 Part.4~オアハカ編その1~

2012年02月24日 11:00

こんにちは!ごえもんです☆
今回はメキシコシティー近郊の街オアハカからお送りします。

オアハカ、といっても、日本人にはピンとくる街ではありませんよね。
しかし!ひとつ、馴染みがあるものがありますよ。それは、オアハカチーズ!
オアハカチーズは、きし麺状のチーズが毛糸玉のようにまとめられた形で売られています。原料は牛乳で、何と言っても最大の特徴は、縦に繊維状にほぐれる不思議な食感・・・そう、裂けるチーズのモデルになったのが、このオアハカチーズなのです!

さて、これで、オアハカが少しは身近に感じていただけるようになったでしょうか?
では、肝心の街の様子をご紹介。

オアハカには、コロニアル様式と呼ばれるスペイン統治時代の街並みが今も残っており、歴史地区は世界遺産になっています。家々は低層でとってもカラフル!

なんと外壁を家主が自分で塗っている家がありました!

カラフルなのは壁だけではありません。 街やお店に掲げられた旗もカラフル!

この旗をよーく見ると絵になっているのが見えますでしょうか?
これはパピルペカードと呼ばれる薄い紙やビニールでできた切り絵で、お祭りやお祝いなどがある時などに飾られるものだそうです。
この切り絵にはお花や鳥などたくさんの種類の絵柄が描かれていますが、中でも特筆するべきはコレ!

そう!ガイコツです!
メキシコには「死者の日」と呼ばれる、家族や親戚、友人などで祖先の霊を祀る日があります。日本のお盆みたいですよね!

死者の日には街はガイコツモチーフのもので溢れます。
いくつかご紹介します♪

怖いというよりは、愛嬌があってかわいらしいですよね!
厳かにと言うよりは明るく死者を想い、祝う日みたいです。

私が訪れた時にはもう死者の日を過ぎていたので、街中でお祭りをやっていたりはしませんでしたが、お祭りの名残と言えるようなものを街中で発見!

横の女の子や周りの車とサイズを比べて見ると大きさがお分かりいただけると思います。どうやってお祭りで使うのかはわかりませんが、こういった人形がたくさん練り歩くのかと思うと面白そうですね!

面白いと言えば、天使のオブジェの顔です。

ジャジャーン!眉毛!?ひげ!?お化粧!?
こんな天使みたことないですよね!!なぜこういう風になったのでしょう?他の国では考えられない驚きの天使です!

教会にも不思議な像がありましたよ。

何をやっているところを模したものかいまいちわからない像。
持ってるものが網焼き器のように見えるのは私だけでしょうか?

そして十字架も普段目にするものとは違います。

カタカナの「キ」のような十字架ですね。色々な国を周ってきましたが、この十字架は初めて見ました。
どなたか、起源や意味をご存じの方はいらっしゃいますか?ぜひ、コメント欄を使って教えてください♪

オアハカには面白いものがまだまだあります!
また次週もオアハカからお送りしまーす!
それではまた♪


 

メキシコ編 Part.3~道路で見つけた不思議なもの~

2012年02月17日 11:00

こんにちは!ごえもんです♪
今週もメキシコからお届けします!今回は、ちょっと趣向を変えて、道路で見つけた不思議なものをご紹介します。
メキシコの道路には、不思議がたくさんありました!

まず驚いたのは、高速道路。
日本だと、高速道路は高架線になっていたり、郊外にあったりして、それも高い壁で区切られていて通行する車以外は簡単に立ち入れないようになっていますが、メキシコの高速道路はすぐ近くに民家があり、道を横断する人までいるんです!
まさかの光景にとっても驚きました。

また、道路沿いにある看板や建物がとってもユニーク!
前回ご紹介したテオティワカン遺跡に向かう途中、見つけたのはこんな看板。

電話番号と思われる番号だけ書かれていて、その他の情報は一切ありません。
しかも、こういう広告が1つだけでなく、道路脇にたくさん並んでいるんです。
これを見て電話をかける人がいるのでしょうか??
とっても不思議です!

次に見つけた不思議なものはコレ!

カメの頭みたいなものがついているのですが、周りに何か関係あるような建物や施設は特になく???実態は謎のまま。皆さんは何だと思いますか?
貯水タンクかなと思いましたが、これとは別に「AGUA」と書かれた井戸のようなものを見つけました。

スペイン語で「AGUA」は「水」の意味なので、貯水タンクはこちらっぽいですよね。これが高速道路の脇にいくつもあって、道端はAGUAだらけでした。
それにしても、なぜ、こんなにたくさんのAGUAがあるのでしょう?何か理由があってのことだと思いますが・・・。これも謎です。

カメの建造物が一体何なのか、なぜこんなに沢山のAGUAがあるのか、思いついた方は、ぜひコメント欄で教えてくださいね♪

メキシコにはルイス・バラガンという私の敬愛する建築家がいました。
バラガンは建築の他に住宅開発や都市計画などの活動も行い、彼の作った抽象的・幾何学的な作風の建築物は世界中で愛されています。その中で、独特の鮮やかな色づかいや、溶岩やメキシコ独自の植物を使った庭園など、自国の文化をとても大事にした作品も多く遺しています。

そのルイス・バラガンの作品の中で、道にそびえ立っている不思議な作品があるのでご紹介します!

正面から見ると三角形ですが、横から見ると・・・

ただの壁に見えますね。

見る角度によっては、見えるものと見えないものがあったり、それぞれ全く違う雰囲気が味わえて面白いんですよ♪

また、道路にはたくさん行商の人が歩いています。
主にメキシコシティーで見られるのですが、信号で停車したとき、色々なものを持った行商の人が、怖がる様子もなく車と車の間を歩いているので、びっくりします!

おもちゃのギターや綿あめを持って、車に乗っている人たちに売り歩いている人を見ました。何ともたくましいっ!と思っていたら、もっとたくましい人が!

車を磨いてあげていますが、ドライバーさんに頼まれたわけではなく、勝手に磨いているんですって!
そしてキレイになったでしょ?とチップをもらうそうです。
他にも大道芸人さんが横断歩道でいきなりショーをはじめたりと、信号商売は活況でした。

メキシコシティーは、通りの名前も面白いんですよー。

世界の都市の名前が通りの名前になっていて、パリの隣にマドリッドがあったりするんです。

日本ではありえないことが次々と目に飛び込んできて、メキシコの魅力にはまり中です☆
次回はメキシコシティーから離れ、オアハカからお届けします!


 

メキシコ編 Part.2~テオティワカン遺跡~

2012年02月10日 11:00

こんにちは!ごえもんです!
メキシコシティーからちょっと郊外へお出かけ♪それではしゅっぱーつ!

メキシコに行ったら絶対行くと心に決めていたのは、テオティワカン遺跡です。
テオティワカンは、世界遺産に登録されている古代都市の遺跡。「世界で3番目に大きいピラミッド」と言われている太陽のピラミッドと、それとほぼ同じ高さの月のピラミッド、そして、2つのピラミッドを繋ぐ死者の大通りなどから成る、紀元前2世紀から6世紀頃まであった都市です。約15万~20万人くらいが暮らしていたそうですよ。

周囲に何もないところから、いきなり巨大ピラミッドが現れるのでびっくり!紀元前にこんな都市が栄えていたなんて、すごいですよね!

このピラミッド、登ることができるんですよ!
ピラミッドはとても傾斜がきつく、手をつかないと登れないほどです。

やっとの思いで頂上に登ると、みんな同じところを触っていました。
何をしているんでしょう?

聞いてみると、ここには銀のカケラが埋め込まれていて、触りながら願いごとを言うと願いが叶うと言われていると教えてくれました。

ですが、願いごとは大きい声で言わなきゃいけないらしいんです。
大きい声は恥ずかしかったので、小さい声になっちゃいました。
願いごと届いたかなぁ。

もっとすごい方たちは、手を太陽の方に掲げてお祈りをしていましたよ。

色んな場所で手を挙げている人がいる姿は他では見ることができない光景です。
さすがパワースポット!

そんなパワースポットで目を疑うようなお洋服を着ている方を発見!

ビンボーって・・・。
実はこれ、メキシコにBIMBOという食品会社があって、そこがメキシコリーグのサッカーチームでスポンサーをしているために、ユニフォームにBIMBOと書かれてるそうです。
思わず笑っちゃいました。

その後、今度は人だかりを発見!
おじさんの周りに人が集まっていたので覗いてみると、おじさんはサボテンを取り出しました。

サボテンに白いものがついてますね。
おじさんがこれを取り、白い紙に塗りつけました。すると・・・

一瞬で白から赤に色が変わりました!!!
この白いものはエンジ虫という虫で、これを乾燥させて潰すと、このような鮮やかな色がでるそうです。この赤い色はコチニール色素という着色料として、日本でも結構使われているそうです。
まさか、虫から抽出した色素があるなんて驚きですね!

そして驚きといえば、もう一つ。
サラダなのですが、この緑のものは何だと思いますか?

正解はサボテンでした!
めかぶのようにヌルヌルとしていて、結構おいしかったです♪

もうひとつ食べ物ネタを。
メキシコはコーラの消費量が世界一!
暑い国なので、炭酸飲料が好きなのも頷けますが、理由はそれだけではなく、アメリカのものと甘味料が違うため、おいしいという噂が・・・。
アメリカのコーラはトウモロコシ由来のシロップが使われているのに対し、メキシコのものはサトウキビから作られた純粋な砂糖が原料なので、後味がすっきりしているそうですよ。

さらに、こちらではコーラは病気にも効くと言われていて、お医者さんが「コーラ飲んでねー」と言う事があるとか??

メキシコは知れば知るほど面白い国!
面白いものが多くて、お伝えしたいことが山ほどです!
来週もメキシコからお届けします♪
それではまた来週☆


 

メキシコ編 Part.1~メキシコシティー~

2012年02月03日 11:00

こんにちは!ごえもんです!
名残惜しさを感じつつもカナダとお別れし、メキシコに到着しました!

一般的にメキシコで有名なものやイメージといえば・・・サボテンにタコス、テキーラ、コロナビール、大きな帽子のソンブレロ、それを被った楽隊のマリアッチ、観光名所でいえば古代アステカの遺跡などがあげられるでしょうか。

メキシコは治安が不安だったのですが、聞くのと見るのとでは大違いで、人びとがとても温かい国なんです。今回はメキシコシティーからお送りします♪

早速ですが、ここでクイズ!
着いてすぐに不思議な表示を発見!これは一体なんでしょう?

正解は、電車の路線図でした!

スペイン語だと駅名を覚えておくのも大変ですが、これなら行きたい駅の絵だけを覚えていればいいので、簡単です♪
駅名は全てその場所にちなんだ絵になっていて、例えばその駅の周辺に噴水があればそこの駅の絵は噴水だったりします。

路線ごとに色が決められているので、乗り換えもとってもわかりやすいです。初めて乗る人も安心して電車が利用できるような、人に優しい路線図ですね。
東京の地下鉄路線図は、普段使っている人も迷うくらいなので、外国の方はきっと苦労しているんだろうなぁ、と思ってしまいました。

街にも不思議がいっぱい!まずは、露店のおじさん。

何を売っているのかと思ったら、靴ひもです。色んな種類があって、選ぶのも楽しそう♪だけど、こんな道端で売れるのかしら??

次に見つけたのが、こちら。

色々なデザインや形の車のパーツが並んでいます。
この写真で、店頭にぶらさがっているのは車のホイールカバーですね。それぞれ違う形で、こうやって並んでいるととってもおしゃれ☆
好きなパーツを選んで自分の車を手軽にドレスアップできるなんて、楽しそうですね。

標識で面白いものも見つけましたよー!

何の絵なんでしょう?
絵だけではわからなかったので、書かれている文字を翻訳してみました。すると「消防士ゾーン」と書かれていて、駐車禁止の標識であることがわかりました。
書いてあることがわかってから見返しても、不思議な絵ですよね。

スーパーマーケットで、日本語発見!?

中には氷も入ってるし、HIELOって冷えろ!?と思ったら、HIELOはスペイン語で「氷」って意味なんだそうです!
なんか面白い繋がりですよね♪

これは勘違い日本でしたが、本当に日本のものもありました。

それがコレ!

お着物を着た女性の絵と「NISHIKAWA JAPONES」の文字。
気になったので購入してみると、中身はナッツが入ったおせんべいでした。電車の売店などでも売られていて、人気商品みたいです♪
暑い国でなぜおせんべいが人気なのでしょう??理由はわかりませんが、久しぶりの日本の味を頂けて嬉しかったです!

歩いていると、どこからか音楽が♪
楽しそうな雰囲気に導かれて行ってみると、、

ダンスパーティーをしていました☆
ここはなんと普通の公園です!朝見かけて写真を撮ったのですが、夕方帰りにそこを通ると、まだ踊っていました。

そして広場では、もっとすごいお祭り騒ぎ!

特にお祭りというわけではなくて、休日はこれが普通なんだそうです。
メキシコ人は陽気というイメージにピッタリの光景でした。

教会でも不思議なものを見つけました!

人のパーツがかたどられたチャームがたくさん壁に飾られています。
どんな意味があるのか聞いてみると、自分が病などで治したい部分に願いを込めて身に着けていたものを、願いが叶った方が教会に納めるものだそうです。

日本のお礼参りのようなものでしょうか?
同じような風習があるなんて面白いですね!

次回はメキシコシティーから郊外へお出かけして見つけた不思議をご紹介します♪
それではまた来週お会いしましょう☆


 

カナダ編 Part.6~バンクーバー~

2012年01月27日 11:00

こんにちは!ごえもんです♪
カナダを東から西へと1か月ほどかけて旅をしてきましたが、いよいよ最後の都市バンクーバーに辿りつきました!

バンクーバーといえば、2010年に冬期オリンピックが開催されたことがみなさんも記憶に新しいことと思います。都会でありながら豊かな自然に囲まれていることから、林業や観光業が盛んで、カナダで3番目に大きな都市圏とされています。カナダ最大の港「メトロバンクーバー港」があり、昔から交易の街として栄えてきました。

公園をお散歩していると、なにやら海の方に人だかりができていました。ならば私も、と見に行ってみると、なんとそこにはカワウソがっ!!

食べているお魚は、与えられたものではなく、カワウソが海に潜って捕ってきたものです。
ジャスパーは、国立公園になるくらいなので野生動物は納得ですが、こんな都会なのに野生動物がいるなんて!カナダは国全体が、都会と自然が融合しているんだなぁということを実感した出会いでした。

動物と言えば、街中でこんな巨大スズメを発見!

オリンピックの選手村があった場所らしいのですが、なぜスズメなんでしょう??とても不思議ですね。

そうそう、昔、トルコ・イスタンブールの回で「OTOSAN」と書かれた車をご紹介しましたのを覚えていますか?
なんと、大西洋を越えたカナダのバンクーバーにも家族がいましたよ!

それは、あんさんです!
トルコには「OBASAN」も走ってると教えて下さった方がいましたが、どうしてこうも日本の呼称と共通の言葉が書いてある車が色々な場所にあるのでしょうか?とっても面白いですね!

車でもう一つ面白かったのが、このバスです!

バスが謝ってる!?
実はこれ、回送のバスで「SORRY」の後に「OUT OF SERVICE」と表示されます。「SORRY」だけ書いてあると、なんだかカワイイです♪

また、乗り物といえば、バンクーバーには、日本では珍しいこんな乗り物があります。下の写真がその発着地なのですが、どんな乗り物だと思いますか?

正解はこれ!

水上飛行機です!
船だと結構時間がかかるバンクーバーからビクトリアも、30分くらいで着いちゃうそうです。水鳥が飛ぶように、水面で徐々に加速して飛び立ちます。
飛んでいる様もかわいくて、日本でも流行ればいいのになんて思っちゃいました。

歩いているとこんなものを発見!

家の形をしていますが、はしごもなく、上に登ることはできなそうです。
遊歩道に突如建っているのですが、何のために立っているのか不思議でした。

公園ではこんな優れものを発見しました。

キッズドライヤーと書いてありますね。
そう!これは公園で水遊びをした子供たちのためのドライヤーで、右側にあるボタンを押すと、温かい空気が出てきて乾かしてくれるのです!
なんて親切な公園でしょうか!これがあれば親御さんも安心して子供を遊ばせられますね♪

バンクーバーは世界の住みたい街ランキングの上位にいつも入っているそうです。
それが頷けるような、自然と調和・生活しやすい工夫などが素晴らしい街でした。

6回にわたってお送りしたカナダ編も、今回で最後。なんだか名残惜しい気もします。カナダの人の良さや自然の美しさに触れて、どんどん好きになってしまったみたいです。
また違う時期に再度カナダに訪れることを心に誓って・・・。

次回はメキシコからお送りします!
それでは、また来週☆


 

カナダ編 Part.5~ジャスパー~

2012年01月20日 11:00

こんにちは!ごえもんです♪
カナダ横断列車に揺られてやってきたのは、ロッキー山脈ふもとの町、ジャスパー!

ジャスパーにはカナディアンロッキー最大の「ジャスパー国立公園」があり、なんと10,878平方キロメートルもある手つかずの大自然が残っています。コロンビア氷原から流れ出したきれいな水をたたえた沢山の氷河や湖、峡谷が点在する雄大な公園で、ユネスコ世界自然遺産にも登録されているんですよ。

私もここで待望の野生動物に会えるかもしれないと、わくわくしながら駅を出ると・・・おや?謎の箱を発見!

なんだろう?と開けてみて判明。
これはゴミ箱でした!
でも、このゴミ箱、ただのゴミ箱ではなく、ある工夫がされているんです。

左側の写真、ゴミ箱の右側面に、丸いシールが貼られているのが見えるでしょうか?(クリックして、拡大してみてください)・・・そう、クマのマーク!
右側の写真と併せてご覧いただければわかるかと思いますが、クマが開けられないように、溝に手を差し込まないと開かないような造りになっているのです。
人間と野生動物が近い場所で暮らすのは難しいことなのかもしれませんが、こういう風に工夫することで共存してきたのですね。

ナンバープレートやヒッチキャリアにも、カナダならではの動物たちが隠れていて面白いです♪ここでは、動物も生活の一部なのですね。

野生動物を探してジャスパーの町をしばらく歩き回りましたが、さすがに町中なので、本物にはなかなか遭遇することができません・・・。
訪れた時期はもう冬に近かったので、山の方に帰ってしまったのかなぁー、と残念に思っていたその時!!

目の前に動物がっ!!
ヒツジの一種でしょうか?
車に気を遣うこともなく悠々とお散歩中♪

車に乗っている方は、クラクションを鳴らすなどして動物を驚かせることもなく、ただただ動物が渡り終えるのを待っていました。
ここでは、それが当たり前なのかもしれませんね。
野生の動物に会えるなんて本当に感激でした!

近くの散策路には、こんな不思議なものがありました。

石が綺麗に積んであります。
この周りには特に何があるというわけではなく、何の為のものかわかりませんでした。ごえもんは、近くにトーテムポールもあったので、先住民の方々がここで神への祈りなどの儀式を行うのでは・・・と想像しました。
皆様は何だと思いますか?

もう一つ不思議なものがありました。

道路標識に「NEW」の文字。
不思議に思って通ってみましたが、道も橋も新しい感じはしませんでした。
一体何のための標識なんでしょう??何が新しいのでしょう??

これはてるてる坊主ですよね!?まさかカナダで見かけるとは!! この家でしか見かけなかったので、たまたまかと思いますが、それでも異国でてるてる坊主を見つけるなんて・・・ちょっと驚きと懐かしさで日本を思い出してしまいました。

もう一つ面白かったのが、これ!

トラックが、家を運んでます!
一軒まるごと運んでしまうなんて大胆ですよね。
これならお引っ越しするのもラクかもしれませんね!

夏にはもっとたくさんの動物に会えるみたいなので、今度はぜひ夏に訪れてみたいと思います♪
次回はいよいよカナダ横断の終着地点、西海岸へ!ジャスパーとは一転して都会の街・バンクーバーからお届けします。

それでは、また来週☆


 

カナダ編 Part.4~列車でカナダ横断!~

2012年01月13日 11:00

こんにちは!ごえもんです!
今週もカナダからお送りします♪

カナダの国土は日本の25倍以上あるというだけあって、地図上ではすぐ近くに見えても、実際に行ってみると結構時間がかかります。
でも・・・それもカナダを楽しむ醍醐味だ!と思い、列車で東から西へとカナダを横断することにしました。

カナダの路線は、客車よりも貨物列車が多いのではないかというくらい、たくさんの貨物列車が走っています。
列車は通り過ぎるのに何分もかかるほど長く、木材や石油などありとあらゆるものを運んでいます。

こんな大きいものまで運んでしまうなんて凄いですよね!
線路でしょうか?重そうな鉄骨!

中にはコンテナが2階建てになっているものもありました。

このパワーで広い国を支えているんですね。
私が乗ったのは右側に写っている列車です。VIA(カナダ大陸横断鉄道)と言って、トロントから太平洋岸のバンクーバーまで4,466kmもある、ながーいながーい鉄道!今回は、バンクーバーまでではなく、ロッキー山脈の麓の街、ジャスパーまでの旅です。

折角なので、列車の中を少しご紹介します♪
2泊3日も車内で過ごすのは飽きてしまうのではないかと心配しましたが、列車には食堂車や展望車が付いていますし、なんと言っても景色が美しく、飽きるどころかもっと乗っていたいぐらいでした。

お食事をとる時は、乗り合わせた方々と相席です。
乗客はカナダの方がほとんどだったので、たくさんカナダのことを聞くことができました。野生のクマに会ったことがあるか聞いてみたところ、多くの方が「会ったことがある」と仰っていました。運がよければ、列車の中から野生動物を見ることもできるそうです。

そうそう、2泊3日ずっと車内にいるわけではないですよ。長く停車する駅では、外に出て街を歩き回るくらいの時間もありました!
列車の中では気づきませんでしたが、外はかなり寒く、葉っぱも凍るくらいです。

街を散策しているとどこからか変わった鳴き声が!
ここで鳴き声クイズ!この鳴き声は何の動物でしょうか?

正解は・・・

そう!リスでした!かわいらしいですね♪
カナダでは、山ではもちろん、街中でもリスをよく見かけます。
リスがいる代わりにネコはあまり見かけません。
日本の都会では不思議な感じですが、カナダでは普通なんでしょうね。

ちなみに、この動画もE-P3で撮っています。
PENの動画ならこんな遊びもできちゃいますね♪

列車はどんどんロッキー山脈へ向けて進んでいきます。

徐々に空は暮れて行き、森の中に響くのは、列車が走る音と近づいては遠ざかる踏切の音だけ。
まるで銀河鉄道にでも乗ったような不思議な感覚でした。
飛行機でひとっ飛びも悪くはないですが、旅情という言葉がぴったりとくるような鉄道の旅もオススメです。

野生動物に会えることを期待しつつ、ロッキー山脈の麓の街ジャスパーで下車!

果たして野生動物に会うことはできるのでしょうか!?
その結果は次回、ジャスパー編で!

日本も寒くなっているかと思いますので、皆様、風邪などひかないよう温かくしてくださいねー!
それではまた来週☆


 

カナダ編 Part.3~トロント~

2012年01月06日 11:00

新年あけましておめでとうございます、ごえもんです!
みなさん楽しいお正月を過ごされたでしょうか?
今年も世界各地で見つけた不思議や面白いものをご紹介していきますので、どうぞよろしくお願いいたします☆

去年に引き続きカナダから、新年第一弾のときレポをお送りします♪

今回訪れたのはトロント。前回訪れたケベック州から南下して、カナダの首都オタワを飛び越え、その西南にある五大湖を臨む街です。
カナダ最大の都市というだけあって、中心地はビルが立ち並び、都会的な雰囲気!

しかし、中心地を少し離れると、先ほどの都会的な街並みとは一変した雰囲気になります。
大きな都市には他国からもたくさんの人が集まるらしく、『リトル○○』と呼ばれる各国のコミュニティーエリアが点在しているんです!
たとえば、『リトルコリア』なら韓国料理屋さんや韓国の食材屋さんなどがあり、看板はハングル文字が踊ります。
道を一本隔てただけで違う国に来たかのような不思議な感覚です。

上の一番大きな写真、リトルイタリーの看板の後ろに電柱が見えるかと思いますが、日本と違う感じがしませんか?
トロントの街中には、何これ?という感じのとてもユニークな電柱がたくさんあって面白いんですよ。

トロントは、まさに『ユニーク』という言葉がピッタリ!
そのユニークなものを紹介します。
まずは、タクシー!

とってもカラフルで目立ちますよね!これならすぐに見つけられそうですね。

さらに、自転車もカラフル!全部を同じ色にするのが流行りみたいで、タイヤまで塗ってあります。最後の一枚は自転車の形をした自転車止めですが、これも全部が同じ色で塗ってあってカラフルでかわいいんです♪

街中にもユニークなものが!

一枚目はお絵かき教室をされているのかなと想像がつきますが、二枚目のヘラジカはなんでしょう??

そしてこの下の写真は、一見、何の不思議もないように見えますが、黄色い車をよく見ると「SCHOOL BUS」と書いてあります!

普通、スクールバスは民家に駐車されていないですよね・・・。なぜこんなところに停まっているのか、とても不思議です。

車もすごいことに!

全体に木が植えられて、車を使った盆栽になっています。
これを見つけた場所が、全体的にアーティスティックなものが多い地区だったので、これもアート作品だと思いますが、街中にいきなり置かれているなんて日本ではなかなか見られない光景ですね。

そうそう、最近、街をアートフィルターのジオラマで撮ることにハマっています!
今回の写真の中にもジオラマで撮った写真が何枚か入っていますが、普通に街をジオラマで撮ると、周りをぼかしたような写真になるので、撮りたいものだけはっきり写すことができますよ。ごちゃごちゃした街中にピッタリだと思います。
人が多い場所でも威力を発揮してくれそう!

トロントは不思議な発見が多く、カメラを片手にお散歩するのがとても楽しい街でした。
次回は2泊3日の鉄道の旅をお届けします!
お楽しみにー☆


 

カナダ編 Part.2~ケベック~

2011年12月16日 11:00

こんにちは!ごえもんです♪

今回は前回に引き続きカナダから、国内で唯一フランス語のみを公用語にしている州、ケベックからお送りします。
この街は建物や文化もどことなくフランスっぽさがある、独特な雰囲気の街です。
気候も私が訪れた時期、日本と同様にカナダもだいぶ寒くなっていました。

日本より一足早く冬が訪れた街中には、アイススケートリンクが出現!
プロ並みにうまい方がたくさん滑っていて、さすが本場だなぁーと感じました。

そして、もう一つカナダの代表的なスポーツにアイスホッケーがありますが、こちらも本場を物語るような看板が!

確認はしませんでしたが、専用の建物があるのでしょうか?

カナダらしいものの次は、カナダらしくないものを。

凧揚げと言えば、日本のお正月の伝統的な遊びの一つですよね。
カナダでも凧揚げをして遊んでいる親子がいました。外国で見るとなんか新鮮!
ケベックは緑が多く、広々としているので、凧揚げ向きの場所がたくさんあります。それで流行っているのかもしれませんね!

街には、日本では見かけない不思議なものが♪
まずは屋根!面白い形のものがたっくさん!

この屋根たち、顔に見えませんか?
意図的なのかはわかりませんが、そう思ったら楽しくなってきて、いつしか顔探しに夢中に。

観光客が足を運ぶような場所を工事する時には、工事現場に掛かっている幕に、工事前の屋根の写真があり、工事してるというガッカリ感を失くしてくれているような気がしました。

民家の屋根も特徴的です!屋根全体がシルバーになっています。
トタン屋根は日本にもありますが、それとはまた違う雰囲気でした。

玄関にあった住所を示す表示にもちょっと面白いものが。

「85 1/2」!?住所で1/2なんて珍しいですよね!
郵便配達の人が間違わないか、ちょっと心配になっちゃいました。

どこの国に行っても電車や塀に落書きがあり、残念な気持ちになることがありますが、ケベックには落書きと呼んでいいのかもわからない程すごいものを見かけました。

橋の上まで描かれているので、依頼されて描かれたものかもしれませんね。

ホテルの部屋に戻ると、電子レンジでできるポップコーンが置いてありました。なので、それを頂く為に電子レンジを操作しようと思ったら、なんとポップコーンマークが!
そのボタンを押すだけで、段々とポップコーンの袋が膨らみ、あっという間にアツアツのポップコーンができちゃいます。

スーパーマーケットには、このような電子レンジでできるポップコーンがたくさん売っていました。電子レンジのワンタッチ操作にまでポップコーンがあるなんて、カナダの方はポップコーン好きなんですねー♪

皆様、先週の記事にもたくさんのコメントをありがとうございました☆
いつもいつも励まされています。記事に書いた国の情報や、日本の様子、楽しい写真など、楽しませていただいています。

私の旅は、まだまだ続きます!
広ーいカナダは回るのも時間がかかります。まだまだ不思議がたくさんありそう!ということで、次回もカナダからお送りします♪


 

カナダ編 Part.1

2011年12月09日 11:00

こんにちはー、ごえもんです♪
暖かかったヨーロッパに別れを告げ、秋深いカナダへ到着しました。

旅立つ前の計画では、もうちょっと早くにカナダを訪れる予定でしたが、ヨーロッパがあまりにも魅力的すぎてついつい長居してしまいました。

今日も私と一緒に、旅気分&不思議なものを楽しんでいってください☆

あと、今回は記事の最後に、皆さんにお知らせがあります!
ぜひ最後までお付き合いくださいね。

カナダは北アメリカの雄大な自然が広がる国として、日本でもわりと馴染みがあるかと思います。かなり国土が広く、なんと日本の25倍以上!
カナダといったら、森と湖、北の方で見られるオーロラや、スキー・スケートなどのウィンタースポーツ、そしてメイプルシロップで有名な楓でしょうか?

そう!楓といえば、紅葉に間に合うか心配でしたが、遅いながらも素晴らしい紅葉に出会うことができました。
日本ともヨーロッパとも異なる赤・黄・緑の木々を見て、この時季に来られてよかったと心の底から思いました。

紅葉を楽しみながら遊歩道を歩いていると、こんな標示を発見!

わざわざインラインスケートの標示をするなんて、そんなにインラインスケートをする方が多いのでしょうか?
そうそう、自転車の標示もすごいことになっていましたよ。

こんなに書かなくてもわかるよぉーと言いたくなる標示の多さ。

そして街で見かけたもう一つ不思議なものは、このバス停。

カラフルなイスがたくさんバス停の待合室の上に置かれています。
アートでしょうか?落ちないか心配になっちゃうほどの数ですよね。
肝心の待合室にはあまりイスが置かれていなかったです(笑)

地下鉄はというと、車輪がタイヤなので、電車という感じがしませんでした。
継ぎ目がない分、乗り心地が良い気がしましたが、
日本でも同じ形状の電車はあるのでしょうか?

そして乗り入れている路線は上下で乗り換えができる駅が多く、とっても便利!
上下二段になっている様子が見えちゃう地下鉄もなかなか珍しいですよね!

地下鉄を降りて、出口を探していると「NIHON」と書かれている看板を見つけました。

ジャパンではなくニホン。
気になって行ってみると、スーパーや雑貨屋さんが入っているショッピングモールでした。
そこには特に日本的なものがあるわけでもなく、なぜニホンなのか気になって調べてみると、経営されている方のお名前がニホンさんだったのです!
日本とゆかりがある方なのかまではわかりませんでしたが、外国の方でニホンという名前の方がいらっしゃるなんて驚きでした。

この看板何だと思いますか?

さくらんぼのような絵と矢印。この場所は駐車場のような野外です。
一体何を表しているんでしょうね??
考えてみても何かわからなかったので、一緒に考えていただけると嬉しいです!
ぜひ、回答をコメント欄でお願いします♪

あと、ブログを見てくださっている皆様に虹のプレゼント♪

カナダは虹が出やすいのか、虹をよく見ます。虹って幸せな気分になりますよねー☆
色が薄い虹はアートフィルターのポップアートで魔法をかけます。
すると、あらっ不思議!くっきりキレイな虹が微笑んでくれますよ。
是非試してみてください♪

さてさて、冒頭でも触れた、お知らせの発表です!!

いつもブログを見て下さる皆様に感謝の気持ちを込めて、世界各地で見つけてきたお土産をプレゼントしちゃいます!
ブログの連載を開始した7月15日(金)から12月14日(水)までにコメントを下さった方の中から抽選で5名様へのプレゼントとなります。当選発表は、発送を持って代えさせていただきます。

今からでも間に合いますので、たくさんコメントに投稿してくださいねー!

ほんの少しだけ、プレゼントの内容をご紹介。

・・・ん?これじゃ何だか、よくわからないって?
今回のプレゼントはサプライズにしたいので、どんなものになるのかは、届いてからのお楽しみです☆
もちろん、ここで紹介したもの以外にもいろいろ用意していますよ♪

では、次回もカナダからお送りしまーす!
皆様の今日が楽しい日でありますように☆