【オリンパスギャラリー東京】2019年11月15日~11月20日 エドワード・レビンソン 写真展

【オリンパスギャラリー東京】2019年11月15日~11月20日 エドワード・レビンソン 写真展

エドワード・レビンソン 写真展
「Spots of Light −東京−」
期間:2019年11月15日(金)~ 11月20日(水)
   午前11:00 ~ 午後7:00 木曜休館 入場無料
会場:オリンパスギャラリー東京

【写真展案内】
写真家エドワード・レビンソンが、デジタルカメラボディーにピンホールを取り付け、撮影した東京。

【作者コメント】
レビンソンは90年代から東京を撮影しています。4×5 アナログピンホールカメラからコンパクトデジタルカメラまでを使い、種々のドキュメンタリーとアート作品を撮り続けています。今般、日本在住40年と「東京2020」の記念として、新しいシリーズを発表いたします。

【作品について】
 今回の「Spots of Light −東京−」シリーズは、ハイブリッド・アプローチで撮影した。使用したカメラにはレンズがなく、自分の目がレンズの役目となっている。デジタルカメラのボディーにピンホールを取り付け、高感度のISOを使用するフレクシビリティーによって、フィルムで撮るより幅広い被写体の撮影が可能になる。
 私が被写体として関心を持ったのは、私を惹きつけるように輝き、そして闇をもつ場所(Spot)であった。それぞれの写真にはメッセージがある。自然はその面(おもて)に苦悩を表し、人間の留意と尊重を得ようとしている。通信機器の世界に閉じ込められた人々を注視すると寂しげで、悲しみが襲ってくる。日本の精神的伝統や、旧い東京のノスタルジックな断片に遭遇すると、都市開発への熱狂に疑問が起こる。
 これらの光と影が私のコンテンツとなり、作品群を生み出させたのである。この課題がスポットライトに輝くことを望んでいる。

出展作品数:モノクロ−ム 約60点

【作者略歴】
Edward Levinson(エドワード・レビンソン)
1953年米国生まれ。バージニア州立コモンウェルス大学で写真を学ぶ。1979 年来日。写真展開催日本国内、欧米各地で多数。
写真集『タイムスケープス・ジャパン』(日本カメラ社。アワード受賞)、『Spots of Light −東京−』、『Mind Games マインド・ゲーム』、『Silhouette Stories シルエットストーリー』、『Moments in the Light きらめきのなかに』。
日本語著書エッセイ『Balloon on Fire 燃える風船』(フォト・句集)『エドさんのピンホール写真教室』その他多数の書籍と新聞・雑誌に写真と記事を寄稿。
ピンホール・カメラ制作の短編映画『東京ストーリー』(2014年)が6件の国際映画コンペに入選。現在続編の数作品を制作中。千葉県鴨川市の自宅/スタジオに個人ギャラリーを併設。日本写真協会会員、日本ペンクラブ会員。
http://www.edophoto.com/jp


オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0191 FAX 03-5909-0217
アクセス・地図

ブックマークレット