【オリンパスギャラリー大阪】2020年1月31日~2月13日 酒田市土門拳文化賞25周年記念写真展

【オリンパスギャラリー大阪】2020年1月31日~2月13日 酒田市土門拳文化賞25周年記念写真展

酒田市土門拳文化賞25周年記念写真展 ー歴代受賞者による近作展-
期 間:2020年1月31日(金)~ 2月13日(木)
午前10:00 ~午後6:00 最終日 午後3:00 日曜・祝日休館 入場無料
会 場:オリンパスギャラリー大阪

【写真展案内】
酒田出身の写真家土門拳は、戦前、戦後を通じ写真界に多大な功績を残した。酒田市では平成6年に土門拳記念館開館10周年を機に写真文化、写真芸術の振興及び奨励に寄与することを目的に酒田市土門拳文化賞を設立した。以後、回を重ね今年、2019年9月に第25回を迎えます。
酒田市土門拳文化賞25周年を記念し、歴代の受賞者が受賞後の活動の成果を広く発表するため酒田市土門拳文化賞25周年記念写真展-歴代受賞者による近作展-を開催します。

主催 酒田市、公益財団法人土門拳記念館、酒田市土門拳文化賞友の会
主管 酒田市土門拳文化賞友の会 (代表幹事 三栖幸生)

【出展者】
歴代の酒田市土門拳文化賞及び奨励賞受賞者 39人(受賞回順、敬称略)
金井道子 門脇徹 中村邦夫 前田一朗 太田昭生 池田勲 寺崎知水 高木サダ子 長洋弘
平井純 矢萩和幸 立岡秀之 柴田秀一郎 松本鶴子 佐藤昭夫 姫崎由美 氏家国浩 三栖幸生
堀江柾夫 木村靖子 市川恵美 髙橋ぎいち 小林勝利 大角勝 佐藤一旭 鈴木純平 山本眞弓
森島輝雄 中村明弘 坂巻ちず子 鈴木渉 芦田英次 和田マサ子 齋藤和男
海老名和雄 岡田治 石津武史 上原ゆうこ 清水匡

【出展作品】
歴代受賞者が受賞後に制作した近作を一人2点、合計78点を展示します。
カラー 58点  モノクロ 18点  カラーモノクロ混合 2点

代表作品について
岡田治 (第23回受賞) 「お良さん」
和歌山県の過疎の山村で一人暮らしのお良さんと家族のように向かい合い記録し続けた。集落は住宅が3軒のみ。お良さんは自宅に面した約3反の畑で野菜を栽培する。この日は、落花生の種まきの準備をしていた。松葉杖が欠かせないお良さんの農作業はゆったりとしたスローペースだ。鍬を杖にして器用に体を支えながら休憩するお良さんと昔話をした。

酒田市土門拳文化賞友の会について (代表幹事 三栖幸生)
歴代の文化賞及び奨励賞受賞者により相互の交流を深め刺激しあい、写真家として更なる飛躍を図るとともに、酒田市土門拳文化賞の更なる発展と酒田市の写真文化の向上に寄与することを目的とし2012年に設立しました。



オリンパスギャラリー大阪
〒550-0011 大阪市西区阿波座1丁目6番地1号 MID西本町ビル
TEL 06-6535-7911 FAX 06-6535-7274
アクセス・地図

ブックマークレット