2021年6月17日~6月28日 宇井眞紀子写真展 「息の緒」

2021年6月17日~6月28日 宇井眞紀子写真展 「息の緒」

▶新型コロナウイルスへの取り組みとご来場時のお願い


宇井眞紀子写真展 『息の緒』
期間:2021年6月17日(木)~ 6月28日(月)
10:00 〜 18:00 入場無料 ※最終日15時まで  6月22日(火)・23日(水)休館 

【写真展案内】
両親と母方の祖母が暮らした家を解体することになった。祖母は90歳近くまで約10年ほどこの家で暮らし時々ひ孫(私の娘)の面倒を見てくれた。娘を預かる役の中心を担ってくれたのは、母だ。2009年に急死するまでこの家で暮らした。父は母が亡くなる数年前から認知症を患い施設で暮らし、2018年に私や娘や親戚が見舞った直後に息をひきとった。誰も住まなくなった家に引っ越した私は、8年ほどこの家で暮らしたが、私にとってはほとんど思い出のない家だ。でも、両親が選んで暮らした家の最後を見届けたいと思った。取り壊されていく部屋を撮影していると、父や母や祖母の姿が浮かんできた。両親は目の前に広がる栗畑に惹かれてこの家を選んだという。今、私は解体跡に建てた新しい家の窓から、毎日その栗畑を見ている。コロナ禍の閉塞感の中、命を育み季節の移ろいを伝えてくれるその姿に救われている。祖父母がいて両親がいてはじめて私がいるという命のつながり・・・そのつながりは奇跡のよう。解体の様子の間間に両親の遺品を撮影した写真を置いた。家には暮らしの息遣いが宿っている。

出展作品数:約50点

【作者略歴】
1960年千葉県生まれ。
1983年武蔵野美術大学卒業。
1985年日本写真芸術専門学校卒業。学生時代から写真家・樋口健二氏に師事。
卒業と同時に雑誌を中心にフリーランスで活動をはじめる。
1992年から子連れでアイヌ民族の取材をはじめる。
ロンドンのナショナルジオグラフィックストアなど、国内外で数多くの 個展を開催。

主な写真集に、『アイヌ、100人のいま』(冬青社)『アイヌ、風の肖像』(新泉社)『アイヌときどき日本人』(社会評論社)『眠る線路』(ワイズ出版)がある。
第4回さがみはら写真新人奨励賞、第28回東川賞特別作家賞、第1回笹本恒子写真賞を受賞。公益社団法人日本写真家協会会員。日本写真芸術専門学校講師。武蔵野美術大学非常勤講師。


オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0190
アクセス・地図

ブックマークレット