2021年7月15日 ~ 7月26日 小竹直人写真展 OM-Dで捉えた鉄道写真 ~新たなる表現への挑戦~

2021年7月15日 ~ 7月26日 小竹直人写真展 OM-Dで捉えた鉄道写真 ~新たなる表現への挑戦~

▶新型コロナウイルスへの取り組みとご来場時のお願い


【写真展案内】
OLYMPUS OM-Dシリーズの代表的な機能として、デシタルシフト、ライブコンポジット、ライブND、プロキャプチャーモード、深度合成、ハイレゾショット(三脚&手持ち)などがあり、多彩です。それらの機能を積極的に撮影に用いることで、これまでの知見を活かして様々なイメージを持つようになりました。それはさらなる想像力をかきたて、そこに新たな気づきと発見がありました。新たなる表現への挑戦は、写真を撮ることの楽しさを表現の領域を倍増させてくれました。
(出展作品13点)

【作者略歴】
1969年新潟市生まれ。日本写真芸術専門学校卒業後。
フォトジャーナリスト樋口健二氏に師事。
1990年より中国各地の蒸気機関車を取材し、2012年~17にかけて
中朝国境や中露国境の鉄道遺構の撮影に取り組む。
近年は、郷里新潟県及び近県の鉄道撮影に奔走し、
新潟日報朝刊連載「原初鉄路」は170回を超え、
新潟日報WEBにて「撮り鉄のすすめ」を執筆している。
近著に「国境鉄路~満鉄の遺産7本の橋を訪ねて~」(えにし書房)などがある。

https://www.niigata-nippo.co.jp/blog/toritetsu/(毎週火曜掲載)


オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0190
アクセス・地図

ブックマークレット