2021年10月28日~11月8日 海野 和男 写真展「蝶・舞う 2019−2021」

2021年10月28日~11月8日 海野 和男 写真展「蝶・舞う 2019−2021」

▶新型コロナウイルスへの取り組みとご来場時のお願い


海野 和男 写真展「蝶・舞う 2019−2021」
オリンパスギャラリー東京 期間: 2021年10月28日(木)~11月8日(月)
10:00 〜 18:00 最終日15:00まで 11月2日(火)・3日(水)休館 入場無料

事前予約制・定員制の「作品解説」を開催します

【写真展案内】

蝶は飛んでいる姿が美しいと思う。「蝶・舞う」というタイトルでは過去2回写真展を行っているが、今回はその最新作バージョンだ。1970年代から50年間にわたり蝶の飛翔写真を撮り続けてきた。昔はめったに写し止められなかった蝶の舞姿も、今はプロキャプチャーモードを使えば撮影自体は難しくない。嬉しいやら、ちょっぴり寂しいやら複雑な心境になる。しかし歳とれば体の動くうちにできるだけ多くの蝶に会い、その舞姿を写し止めたいのである。
前回の写真展、「世界にチョウを追って」を開催したのは2019年3月のことで、その時の写真は2018年12月までの写真だった。その後、2019年から2020年3月までの1年間で、9回の海外取材を敢行。ソロモン、ペルー、台湾、西パプア、タイに2回、マレーシアへ3回(うち1回はボルネオ)撮影行を行った。最後は2020年3月のマレーシアだった。途中で、コロナが大騒ぎになった。その後、海外取材は全て中止になった。そして昨年と今年は小諸に作ったバタフライガーデンに籠もって、庭だけで撮影し、近場にも、ほとんど出ないという生活をしている。
今回の写真展は,前回以降の海外と、小諸の庭での写真、つまりここ2年半で撮影した写真で構成した。またクリエイティブビジョンでは2020〜2021年に庭で撮影した蝶の写真約200点を春、初夏、夏、秋に分けてスライドショーでお見せします。

撮影機材:
カメラ:OM-D E-M1MarKIII 
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO、M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14/MC-20

出展作品数 :60点予定

【作品解説】(事前予約制・参加無料)

新型コロナウィルス感染拡大防止対策を徹底し、事前予約制・定員制の作品解説を実施します。


※写真展の見学は予約不要です。

(但し、ソーシャルディスタンス確保の観点からお並びいただく場合がございます)

※お申込にはズイコーフレンドクラブ会員登録が必要です。
(ゲスト会員・スタンダード会員・プレミア会員)
 会員でない方はこちらからあらかじめご登録をお願いいたします。

■オリンパスギャラリー東京
10月30日(土)14:00-15:00(定員20名)
海野 和男 写真展「蝶・舞う 2019−2021」作品解説
お申し込みはこちら

■■連続で開催します!こちらも是非ご参加ください!

10月30日(土)15:15-16:00(定員20名)
海野和男プロデュース 「堤 悠貴・宮田 紀英・高橋 怜央 ネイチャーフォト3人展」作品解説
◆司会・進行 海野和男◆
お申し込みはこちら



【出展者略歴】
海野 和男(うんの かずお)
1947年東京生まれ、小学生時代より昆虫と写真に興味を持ち東京農工大学で昆虫行動学を学んだあと、フリーの昆虫写真家として活躍。1999年よりデジタルカメラで撮影し、コメントを付け発表する「小諸日記」をはじめ、現在まで毎日更新を続けている。熱帯で擬態、世界のチョウの撮影をメインとしていたが、昨年からは小諸のバタフライガーデンに籠もり、庭の自然を撮影している。写真集「昆虫の擬態」で1994年日本写真協会賞を受賞。子ども向けの書籍を中心に150冊以上の著作がある。2021年日本動物行動学会日高賞を受賞。現在、日本自然科学写真協会(SSP)会長。


オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0190
アクセス・地図

ブックマークレット