2021年12月16日〜12月27日 寺本 雅彦 写真展 ~命は循環し、魂は巡礼する~ 血となり祈となる

2021年12月16日〜12月27日 寺本 雅彦 写真展 ~命は循環し、魂は巡礼する~ 血となり祈となる

▶新型コロナウイルスへの取り組みとご来場時のお願い


寺本 雅彦 写真展
~命は循環し、魂は巡礼する~ 血となり祈となる
オリンパスギャラリー東京 期間: 2021年12月16日(木)〜12月27日(月)
10:00-18:00(最終日 15時まで)12月21日(火)・22日(水)休館 入場無料

【写真展案内 】

多かれ少なかれ、人は命を奪い、その肉を食べることでしか自分の命を維持することができないし、その次の世代に遺伝子をつないでいくこともできない存在です。
そしてその命をつなぐ権利、生きる意味は当然人間だけのものではなく、森羅万象に生きるすべての命、家畜と名付けられた存在にも当たり前のように与えられたものだと思います。
弱肉強食の掟に効率という概念を持ち込み、そしてやがて殺生の負い目を感じることにも目を伏せるようになった我々。
早く、安く、そして印象良く。
しかし見えていなくても、あるいは意識していなくても、今日も我々は粛々と命を奪い、その肉によって命を繋いでいるのです。

僕が食べられる宿命を持ってこの世に生を受けたのだとしたら、それはとても辛く悲しいと思います。
しかし同時に全ての命は生まれた瞬間から死に向かってもいる。
だとしたら、生きる意味とは何なのか。

バングラデシュの首都ダッカでのイード。
喧騒と混乱が支配する街に訪れる祝福の日。
街の路地という路地で男たちは自らの手で家畜を屠り、そして身の回りの人々、あるいはそうでない人々、経済的な理由により食べることに困っている人にもその肉を振舞っていきます。
子供達は家畜が死ぬ前日まで彼らに餌をやり、その頬を撫で微笑みかけていました。
そしてイードの当日、泣き叫び家畜の命乞いをすることもなく、静かに、だけれどもしっかりと足を立ちにつけて自分の目でその姿を目に焼き付け、そして、その肉を食べる。
テレビやネットで情報として見る事とは根本的に違う、五感を通じて自分が当事者であることを理解する。
それはとても大切なことで、同時に我々が見失いつつあるもの。

僕は飲食店を経営しているので、普通の人よりも多くの食肉をその手で切り分け調理します。しかし忙しい毎日の中、グラムやキロ単位でビニールに包まれている存在に対して、命を頂いていると意識することは正直あまりありませんでした。
だけれども命が果てる瞬間、肉に変わる瞬間をその目で見た今。

彼等の命を消費するものではなく、身体に取り入れる存在に感じたいと僕は思います。肉となり、血となり、そして祈りとなる存在。
共に歩むことで彼等の魂は昇華され、やがて僕の生きる意味にもつながっていくと思いました。

出展作品数:100 点 予定

【出展者略歴】
寺本雅彦
横浜でカフェ pointweathe r を営みな がら写真を撮っています。
慌ただしい日々の暮らしの中で流されてしまいがちな、不条理への疑問や豊かさの本質を、旅の中、あるいは時代の中で風化しつつある伝統や言い伝えから学びを得ることができればと思い写真を撮っています。
https://pointweather.net

主な展示
夜踊る神々、その熱とゆらぎ(アースプラ ザ )等
受賞歴2019 年土門拳文化賞奨励賞 、 2019 年 APA アワード奨励賞等

オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0190
アクセス・地図

ブックマークレット