2021年12月2日〜12月13日 WILD BIRD 2020 アンコール展

2021年12月2日〜12月13日 WILD BIRD 2020 アンコール展

▶新型コロナウイルスへの取り組みとご来場時のお願い


BIRDER×OM SYSTEM写真展 「WILD BIRD 2020」アンコール展
オリンパスギャラリー東京 期間: 2021年12月2日(木) ~ 12月13日(月)
10:00 ~ 18:00 12月7日(火)・8日(水)休館※最終日15:00まで 休館 入場無料

【写真展案内】

2020年11月に開催いたしました写真展「WILD BIRD 2020」のアンコール展となります。
野鳥を愛する4名の写真家(菅原 貴徳 氏/中野 耕志 氏/中村 利和 氏/水中 伸浩 氏)がOM SYSTEMの OM-Dを駆使し、それぞれの視点で撮影した野鳥写真を展示いたします。
  約40点の作品から、野鳥と彼らが生きる世界の美しさや多様性をお楽しみいただくと共に、OM-D システムが誇る機動力をご体感ください。
2018年、2020年に引き続き、月刊誌『BIRDER』(文一総合出版)との連動企画です。
 
【出展者氏名・略歴(50 音順)】

●菅原貴徳(すがわら たかのり)
1990年、東京都生まれ。幼い頃から生き物に興味を持ち、11歳で野鳥観察をはじめる。東京海洋大学、ノルウェー留学で海洋学を、名古屋大学大学院で海鳥の生態を学んだ後、写真家に。様々な景色に調和した鳥たちの暮らしを追って、国内外を旅する。最新刊『図解でわかる野鳥撮影入門』(玄光社)のほか『鳴き声から調べる野鳥図鑑』『生き物の決定的瞬間を撮る』『SNAP!BIRDS!』など。
一般社団法人 日本自然科学写真協会(SSP)会員 。オリンパスカレッジ講師。
http://tsugawarakaiyo.wixsite.com/pechi-fieldphoto

●中野耕志(なかの こうじ)
1972年生まれ。主に野鳥や飛行機の撮影を得意とし、雑誌やカレンダー、広告などで活躍。東京農業大学にて林学を学び、卒業後は環境調査にも携わる。そうして培った自然への深い造詣を撮影活動に反映。現在、『Birdscape~絶景の野鳥』と、『Jetscape~絶景の飛行機』を2大テーマに国内外を飛び回る。
近著に写真集『侍ファントム F-4最終章』(廣済堂出版)、写真集『PUFFIN!』 (河出書房新社)などがある。

●中村利和(なかむら としかず)
神奈川県生まれ。
日本大学芸術学部写真学科を卒業後、アシスタントを経てフリーランスのフォトグラファーとして活動。
高校生の頃に野鳥の観察を始めて以来、「光」にこだわり、鳥たちの暮らす環境、その空気感を大切に撮影を続けている。
著書に『BIRD CALL』(青菁社) 『鳥の骨格標本図鑑』(文一総合出版 共著)がある。 日本自然科学写真協会会員。
https://www.birdcall.info/
 
●水中伸浩(みずなか のぶひろ)
地元のフィールドを中心に野鳥撮影を続けている。
身近な普通種こそ大切にし、同じ鳥をじっくりと時間をかけて観察することにより、オリジナル、かつ美しい1枚に仕上げることを心がけている。
2020年5月に写真集 『Art Of Wildbird』(青菁社)を発表。
発売からわずか10日で増刷になるほどの人気を博す。
2021年11月に写真集『#ゴイサギはいいぞ』を発売。
オリンパスカレッジ講師
https://nobbyy.wixsite.com/photobird

オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0190
アクセス・地図

ブックマークレット